1: ミドルキック@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 21:46:29.12 ID:Jnn7cRTC0
暇なんだよ
no title

転載元
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1473770789/
 
2: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 21:54:54.06 ID:7OEF/QWN0
青のりさんのスレが消えちゃった

3: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 21:55:51.62 ID:XJkOwUho0
ミズガミ様という怖い?話があるが聞く?

4: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 21:56:24.96 ID:7OEF/QWN0
きく

5: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:00:06.93 ID:RXTYc6fI0
俺が夜勤中に実際に体験した話とかは需要あるかな?

6: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:00:27.08 ID:7OEF/QWN0
それもきく

7: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:01:19.43 ID:qxI+OOceO
>>3>>5
チャットじゃあるまいしいちいち聞くなよ鬱陶しい
書きたきゃ書け
誘い受けは要らん

10: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:13:52.93 ID:RXTYc6fI0
>>6 >>7 すまねえ

俺は田舎の福祉施設で働いてるんだけど大体週1のペースで夜勤があるんだ
20時から翌日7時まで1人っきりなんだけど 書類まとめたり夜間日誌書いたりが終わるとまあ暇でさ。スマホいじったりしてたら急に音の鳴るオモチャから童謡が流れてきた
見た目ボロボロだし、電池少なくなると鳴ることがたまにあるから~なんて思ってたけどやっぱり気味悪いから電池抜こうとしたら電池入ってなかった。

44: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 22:19:27.63 ID:43gcRrzXO
>>10
おおお似たような経験したわ

8: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:01:56.03 ID:XJkOwUho0
多分長くなるからまとめて書き込む。少し時間がかかるぞ

9: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:02:52.59 ID:7OEF/QWN0
怒らないで~(o´・ω・`o)

寝れなくなるくらい怖いのは前以て言ってね
翌朝読むから(o´・ω・`o)

11: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:17:50.99 ID:7OEF/QWN0
気味悪いなぁ…
他の人が夜勤の時は他の人も聞いてるのかな

12: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:24:33.08 ID:RXTYc6fI0
空き部屋から話し声がしたって泣いてる職員もいたな
俺は霊感がないから、センサーで流れるトイレが誰も居ないのに流れたりとか職員トイレで踏ん張ってたらノックされたりくらいしかないな
最初は驚いたけど今では「はいってまーす」とか言っちゃう

22: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:10:36.62 ID:05IwHat30
>>12
センサーのトイレは洗浄の為に定期的に水が流れるよ
俺も一人夜勤の時に初めて遭遇した時はビビりまくったわ

23: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:12:59.75 ID:E9T9ukAY0
>>22臭い抑える為に流れるんだっけか
俺もああいう便器が世に出回り始めた時は機能知らなくてすごい怖かったわ・・・

41: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 12:49:26.80 ID:wH5zRBYn0
>>22
定期的には流れないんだよなー
センサー故障してんのかなww

13: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 22:29:09.39 ID:XJkOwUho0
これは俺の知人が体験したことなんだが、知人(以下A)が小学生の頃、親戚の葬式のために他の県まで行った時の話だ。

Aは夏休み中ということもあり、親戚の家に長期滞在(といっても3泊4日程度)する事になっていた。

滞在する予定の親戚の家は過疎化が進んだ町にあって、周囲には森や神社などの自然と古いものが多く残っていたらしい。

当時は携帯ゲームなんて気の利いたものは無いわけで当然遊ぶ手段は外で体を動かすことに限られる。でも知らない土地で好きに遊べるわけもなく困っていたらしい。

それを見かねたのか最初からその予定だったのか、親戚の叔母さんが近所の子供2人(小学生)と自分の孫(中学生)をAに紹介して遊ぶように促したんだと。

それでAは小学生の2人(以下BとC)と中学生(以下D)と遊ぶことになった。生意気なBとCやお兄さんぶるDと遊んでみると何故か気が合ってすぐに仲良くなったそうだ。

親戚の家に泊まって3日目。遊べるのも最後という日に、思い出を残したいとAが言った。それを聞いたDは、良いものがあるとBやC含めて教えたんだ。

B、C、Dが住んでる町は東南から北西にかけて山に囲まれてるんだが、北東にある山の中の古い神社には縁の下を掘ると昔のお金(銅銭とか)が出てくるのでそれを記念にしようとのこと。

前日は弱い雨が降ってて地面が緩いから簡単に掘れるだろうし、珍しい物だから俺も欲しいとそういうことらしい。

乗り気になったABCはすぐに支度をして自転車に乗って神社には向かって移動した。(AはDのお古の自転車を使ったらしい)

神社までの山道は以外と整備されてて通りやすく、側には小川が流れてて綺麗な光景だったそう。自転車で20分くらい走るとボロい鳥居と神社が見える。

小川は神社の中にも繋がってて、池みたいな水の溜まり場と小さい滝があって神聖な感じだったらしい。まあそんな事は気にせずに4人は早速スコップを持って縁の下を掘り始めた。

14: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 23:02:29.38 ID:XJkOwUho0
すると5分も掘るとお金が結構出てくる。1人あたり3枚ほど手に入れたところでAがおかしなことに気がついた。

当然、神社の縁の下には地面に柱が伸びて突き刺さってるんだが、真ん中の柱の周りだけが何故か陥没してたんだと。Dも今までそんな事は無かったと言ったが、雨で地面が緩いからそうなったんじゃないかって話してた。

BとCがそこを掘ってみようと言いだして掘り出すと気にはなっていたAとDも一緒になって掘り始めた。陥没してたところは個人用の防空壕みたいな作りになってて、以外と広い。ただ雨の水分のせいかジトッとしてた。

穴の奥には錆びた金属製の箱があって、中にお宝でも入ってるんじゃないかとDがその箱を上に引き上げた。

縁の下からも出て、改めて箱を観察すると高さ縦横が10×10×20くらいの小さい箱で、4本の足のうち一本は欠けたのか無くなっていたと。

『********』と何か書いてあったが殆ど読めず、興味も無かったので開けようとした。鍵がかかっている様子は無かったけど錆びてしまって開かなかったのでスコップで無理やりこじ開けたらしい。

中には紅白の布が敷いてあって、カタツムリの殻と干からびた蛇の死骸?が入っててそれを覗き込んでた4人はガッカリしたらしい。

でもCが自分の近所の家にそういうよく分からない物を集めてるおじさんがいるから持って帰ってお菓子かなんかと交換してもらおうと言いだした。

AとDは君悪がって反対したが、BはCに賛同し結局押し負けて持ち帰ることになった。Dの自転車のカゴに箱をいれ、銅銭などはBが巾着に入れると4人は神社から出て町に帰った。

4人は家に帰らずそのままCの言ったおじさんの家に箱を持って行った。おじさんは他所の町から来た人で、元は会社のお偉いさんだったらしい。

骨董品やら珍しい物やらを集めて静かに眺めていたいということで引退後に引っ越して来たと聞いた。おじさんは箱を見つけた経緯を聞くと眉を顰めていたがやはり気になるらしく箱を眺め始めた。

開けたり閉めたりひっくり返したりするうちに気に入ったのか、譲ってくれと言ってきた。AとDは最初からその気だし、BとCはお菓子をせしめたりして満足していたので譲って自分たちは帰ることになった。

15: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 23:07:21.08 ID:XJkOwUho0
銅銭は全員に同じ数だけ分配して、各自の家に帰ることになった。AはDと帰る家が同じなのだが、2人の間に会話は無かった。

家に帰るとDはAを自室に連れ込んで話をしようと言いだした。Aも箱のことを不気味に感じていたのでにもなく頷いた。

AもDも怖くなったので風呂や食事も共にして、夜も同じDの部屋で寝ることになった。叔母やAの両親はDと離れるのが辛いのだろうと快諾した。

夜、AもDも言いようのない不安さを感じていたので寝ることが出来なかった。窓から月明かりだけが差す静かな部屋の中で2人はジッと黙っていた。

すると不意に外からズルっ、ズルっと音が聞こえ出す。なにか滑りにくい物を無理やり引きずったような音がしたそうだ。

Aは布団を頭まで被って目を閉じたが、Dは恐る恐る窓に近づいて外を見て、そして固まった。だがすぐに動き出してAを小声で呼ぶ。

Aは恐々しながらDに連れられて窓から外を見たんだと。すると外には大きな殻(甲羅?)を背負った真っ白い大蛇がいた。

全長は尻尾が途中で見えないので分からないが顔だけで自動車くらい大きかったらしく、全身がヌラヌラと滑っていたと。大蛇は窓から覗いているAとDをチラッと見ると何事も無かったかのようにスッと消えたらしい。

2人は安心感より先に背筋が凍ったような不安を感じて倒れ込むように布団に横になりそのまま寝てしまった。

16: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 23:08:37.01 ID:XJkOwUho0
朝起きると2人は着替えだけしてすぐに家を飛び出してBとCの様子を見に行った。すると、顔を真っ青にしたBとCが出てきて思わず抱きついた。

2人はうわ言のように、蛇が、とか水が、とか言っていたが実際に直接何かされた訳ではなく幻(夢?)のようなものを見せられたと言っていた。そして大きなことを背負った真っ白い大蛇も見たらしい。

4人は昨日箱を譲ったおじさんの家にも行った。呼び出しをしても誰も出てこないどころか家全体がぬめっている気がする。扉を引いてみると、鍵はかかってないのか簡単に開いた。

だが、扉があくとヌラヌラした液体(ローションみたいなものらしい)が流れてきて、家の中まで水浸しになっていたらしい。

おじさんは家のどこにもおらず、昨日譲った箱もどこにも無かった。町の人も異常に気がついたのか大捜索が始まったが、結局おじさんも箱も見つからなかった。

17: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 23:09:06.73 ID:XJkOwUho0
これでラスト

4人は町の人に何をしたのか聞かれ、全てを答えた。すると、町長が話を聞いて倒れた。そのまま土下座して謝り始めた。

「ミズガミ様申し訳ございません。申し訳ございません申し訳ございません申し訳ございません………」こんな感じだったらしい。

4人は正気になった町長と親に手を取られ神社に再び向かうことになった。町長と親は鳥居をくぐらず、4人だけで神社の縁の下に言って謝ってこいとのこと。

4人とももう完全に恐怖で震えていたが、町長の必死の形相や親の怒り顔が怖く渋々縁の下に入って謝ることに。

縁の下に入ると、昨日の穴がそのまま残っているだけど、穴の周囲にヌラヌラした液体が大量にあってそこに数えるのも馬鹿馬鹿しいほどのカタツムリがいたらしい。

そして穴の中には昨日町に持ち帰ったはずの箱が変わらない様子でそこに合ったと。背筋が凍り、ゾッとした4人はパニックになったように謝ると転び泥まみれになりながら縁の下から這い出して急いで鳥居をくぐって外に出た。

振り返ると縁の下からは真っ白い大蛇が顔を出して4人を見ていた。大人たちには見えなかったのかAたちは色々と叫んでいたらしい。そこでAは気を失って詳しい展開はここまででよく分からない。

だが後に聞いた話によるとあの蛇は「ミズガミ様」という昔の土地神なんだそうだ。自分の御神体(金属の箱に入っていたもの)に危険が加わると加えた者に制裁を与えてまた引きこもるらしい。

5年に一度神社でヒッソリと供養?を行うだけで町は水害に襲われたことはないと。

比較的温厚な神様で良かったが、これが違う神様だったらどうなっていたかは分からないらしい。

それと箱を譲ったおじさんは神社の中の池で発見され、そのまま意識は戻っていないらしい。

18: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 23:49:09.22 ID:8sj7tj/70
読んでないけど怖ぇ~

19: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/13(火) 23:53:56.39 ID:Jnn7cRTC0
>>18
そこは読めよw

20: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 00:00:28.74 ID:CbDEcgcG0
>>18
読んでねぇのかよww

32: @無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:49:44.33
小4の夏に、親の事業が失敗して夜逃げすることになった。
俺は丁度夏休みの最中だったんだけど、仲の良い友達にもしゃべるなって言われてた。
「今夜逃げるよ」て言われた日、友達数人と当時流行ってたミニ四駆を持ち寄って遊んでた。
そろそろ帰宅しろって親に言われてた時間が近づいたとき、かくれんぼやろうぜって言ってみた。
みんな久しぶりで面白いかもって賛成してくれた。最初は言い 出した俺が鬼になった。

俺はみんなの顔を思い出し、泣きながら100数えた。
一呼吸おいて涙を拭いてから大きな声で「もーいいかい?」 みんなもそれぞれ大きな声で「もーいいよ」と応えた。
俺は涙が止まらなかった。
みんなの名前を一人ずつ大きな声で叫んで最後に心の中で 「さよなら。みんなありがとう」とつぶやいた。

その後、俺は逃げるように自転車に飛び乗って自宅に帰った。
たぶん皆びっくりしたと思う。
翌日俺の家にやってきても俺だけじゃなく一家でいなくなってたんだから。
あれから20年以上たってるが、あのときの友達全員の顔や名前は今でも忘れない。
皆が大事にしてたミニ四駆は、今でも俺の宝物だ。 

21: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:08:29.88 ID:QvoZ9HUq0
ミズガミ様という怖い?話があるが聞く?

24: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:16:08.81 ID:E9T9ukAY0
ネトゲのPT入れなくて暇だったから2年前怖かった出来事投下する

25: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:21:46.37 ID:E9T9ukAY0
接客業♂ 2階建てのアパートで一人暮らししてたんだけど
ちな 3部屋づつの2階建てなので全部で6部屋分の何処にでもあるようなアパートね

自分の部屋は103号室で1階の一番端っこの部屋やった

26: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:29:57.09 ID:E9T9ukAY0
1階は 自分の部屋の隣の102号室に背丈が少し低い童顔巨乳のお姉さん(かなり好みだったので実は狙ってた)
101号室には40代の明るい感じの気さくなおばちゃん

2階の201は礼儀正しくてちょっと私とは距離があったアラサーのお姉さん(顔は普通)
202に私が怖い体験をさせられる事になった ものすごい汚いおっさん
203号室、私の真上の部屋は恐怖体験時は空きだった

28: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:36:45.83 ID:E9T9ukAY0
202号室のおっさんが とにかくまー汚くて愛想も悪いおっさんだった
私が住み始める前からいたみたいなんだけど、挨拶に粗品持っていって挨拶してる最中に粗品ひったくるように奪って
私が「ご迷惑おかけするかもしれませんが・・・」って話してる最中に
「あいあい」と面倒くさそうに話さえぎってドア閉められた時は あー仲良くできそうにないわーってイラっとしてた

29: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:39:43.04 ID:E9T9ukAY0
ゴミ出しの時とか 買い物帰りのおっさんとすれ違う事もあったから挨拶しても
ちょっと低めのどこ見てるのかわからん視線で無視 なんか口はもごもご動いてた気はするが
何しゃべってんのかわからなくて 割と住み始めてすぐのあたりから私も関わりたくなくなったので挨拶すらしなくなった

30: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:42:46.99 ID:E9T9ukAY0
他のおばちゃんとお姉ちゃんズ達とは普通に仲良かった
趣味の釣りとかでアジとか釣りまくっておすそわけに行ったら皆でアジフライぱーりーとかしたり
アパート前でバーベキューとか飲み会とかハーレムだった

好かれたかったのはロリ巨乳お姉さんだけだけれども

31: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:47:54.21 ID:E9T9ukAY0
ハーレム中によく202おっさんの悪口で盛り上がってた
人の悪口って楽しいよね

一番長くアパートに住んでるおばちゃんよりも前から202おっさんは住んでるみたいで
最初から感じ悪い態度だったらしい
私と同じで皆 生理的に気持ち悪いのもあって関わらないようにしてたので202おっさんは事は
誰もよく知らなかった

33: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:52:24.95 ID:E9T9ukAY0
202おっさんは 髪の毛がたまに脂が固まったようなパリパリ髪してたり
よく来ているベージュのシャツの脇腹あたりに黄色い膿みたいなシミがついてたりと
浮浪者みたいなおっさんだったわ

夜中にたまにゴリゴリと何してるかわからない音出してうざいと
ハーレム中に普通顔お姉さんが愚痴ってたりしてた
騒ぎたてる程迷惑でもなかったし、何より話かけたくもないので放置してたとか

34: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:54:03.62 ID:E9T9ukAY0
そんなおっさんが ある日いきなり鍋持って訪ねてきて
カレー作りすぎたから と言って差し入れしてきた

これまでろくに関わってないのに意味不明すぎ気持ち悪すぎで普通にトイレに全部流した

35: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 01:58:00.57 ID:E9T9ukAY0
触りたくなかったけど ちゃんと返さなきゃかなーと洗って202号室の部屋前においといた
部屋におっさんいたかもしれなかったけど 会いたくなかったので置いといた

その3日後くらいにまた訪ねてきたのだけど
ドアの覗き穴から覗いておっさんなのを確認して居留守決めこんで
数十分後にドア開けたら カレー鍋が置いてあった
後でおばちゃん達に聞いたけど 今度はアパート住人全員に配ってたらしい

36: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 02:03:01.89 ID:E9T9ukAY0
私も他の住人も気持ち悪くてトイレに流したんだけど
普通顔お姉さんは怖いものみたさで カレーの具を物色してたらしいんだけど

具のじゃがいもさんの中にエグいものをみつけたらしい

37: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 02:07:11.43 ID:E9T9ukAY0
じゃがいもさんの中に飲み薬とかのカプセルがあって
その中に黒いブツブツしたものとクリーム色の粉が入ってたとか

黒い方のブツブツは 毛を刻んだものって見てすぐわかったらしい
クリーム色の粉は 後々おっさんが白状するんだけど 爪をすり鉢で粉状にしたものだったとか

38: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 02:14:29.01 ID:E9T9ukAY0
話聞いて うげえええええええええってなったわ
私その頃 転勤間近だったので訴えるのとか面倒だし 私事態への被害はないし
証拠はトイレに流しちゃったしで何も関わらずにそのままさっさと転勤しちゃったのだけど

おばちゃんお姉ちゃんズはあたり前だけど怒り心頭で傷害罪?だったかな?
で訴えおこしてた戦ったらしい

39: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 02:18:01.71 ID:E9T9ukAY0
長いわ だよね ごめん 思い返すだけで気持ち悪い
茹であがってもない硬いじゃがいもにカプセルとか絶対バレるだろうに・・・
あのおっさん何がしたかったんやろ・・・

43: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 20:58:46.83 ID:jfFqDZ400
すまん安価間違えた
>>39

40: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 02:29:44.06 ID:AZJ7PFsd0
続きはよ

42: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/14(水) 20:56:44.33 ID:jfFqDZ400
>>40
転勤しちゃったって書いてるから続きはないんじゃね?

精神異常者だったんかねそのおっさん
>>40乙でした
まだ残暑厳しいので期待上げ

47: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/15(木) 17:40:10.76 ID:5fAaBFJm0
あんまり文章上手くないしオチとかないんだけど、最近の俺の一番の恐怖体験なので書き込んでみるわ。

久しぶりに大学の時の友人と飲んでて終電逃して、友人が連れてきてた職場の後輩って奴のとこ泊まることになった。
初対面のやつだったけど、新婚の友人とこには世話になりにくかったし、ボンボンぽいおとなしそうなやつだったのでまあいいかとついていった。

新卒のくせに3LDKの新築のマンション一人暮らしで、玄関先で待たされてる間に玄関脇の4畳半くらいの和室に布団ひいてくれた。
ほぼ家具がなく生活感がない部屋だったけど、ゴミでも溜めてるのかどことなく生臭かった。

きれいにしてるなーとか適当に言ったら、僕の部屋は汚いです、ここも全部押入れに突っ込んでるんです、開けないでくださいね、明日早いんで、お休みなさい、くらいしか話もせずダイニングの向こうの自分の部屋に戻ってった。

48: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/15(木) 17:42:11.84 ID:5fAaBFJm0
静かになってみるとどうにも臭いが気になりだした。布団に臭いが染み付いてる。防虫剤っぽい臭いと奇妙に甘ったるい生臭さだった。
こりゃ押し入れん中にゴミ放り込んでのかなあ、と怖いもの見たさ半分でスマホのライトつけて押し入れ開けてみたら、上の段がカオスだった。

ブルーシートに半分包むみたいに雑に金色に塗ったマネキンだか人形だかが何体も手足バラバラで山盛りになってた。
布団圧縮パックの中に汚いねこかなんかのぬいぐるみと腐りかけた花とかが一緒に入れてあるのもあって、臭いの元はそれだった。
他にも隅の方に袋に入ったままパンとか手をつけてないぽい弁当の干からびたのとかが積んであって、防虫剤や消臭剤が大量にバラ撒いてあった。
よく見たら雑なマンダラみたいなのとダライ・ラマみたいなのが火の前で祈ってる写真とかが壁一面貼ってあって、それ見た瞬間宗教かな、あ、なんかやばい、と思い布団に戻ったくらいで足側の襖がすーっと開いた。

体感だけど多分5分くらい立ってた。そのあとそーっと俺の布団を回り込んで押し入れに近づいて開ける気配がして、また俺の頭側きて立ってんなー、と思ったらスーッスーッて鼻息が聞こえてきて顔に当たってきた。顔覗き込んでたぽい。
うわこれぜったい目開けたらダメなやつだと必死で寝たふりしてたらしばらくしてまた出てった。

出ていくの薄目開けて確認したら包丁持ってやがった。

49: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/15(木) 17:44:45.49 ID:5fAaBFJm0
奥の部屋に戻った気配があったんで即荷物まとめて逃げた。ダイニングで待ち伏せられてたらどうしようかと思ったが大丈夫だった。

タクシー捕まえて家帰って、電話で友人叩き起こしてなんだあいつ、って怒鳴り散らしたら、会社に昨日日雇いの派遣で初めて来てたやつで勝手についてきて断りそびれた、だと。
派遣元に問い合わせるから、てことだったんだが、当然個人情報は教えてもらえず、ただもうそいつの電話は繋がらなくなってたとの事だった。
しばらく気持ち悪かったんだがその後特に何もなかったので忘れてた。


これがもう3年くらい前なんだが、俺この時名刺入れを無くしたんだ。
直近の展示会で中身切らしてて他はメーカーのものが二、三枚入れてあったくらいだし、まあいいかと思ってたんだが、先月、俺の机の滅多に開けない引き出しに入ってた。
いつからかはわからない。
けど、その前に開けた時は無かった。
正直ちょっとビビってる。

50: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/15(木) 20:45:41.94 ID:/G3exwVW0
>>47-49
怖えええええええええ!!((((;゚Д゚)))))))
文章下手じゃないよちゃんと怖さ伝わったよ久々に怖い話読んだ
何も無いかも知れんけど一応気を付けてな
道曲がる時に背後チラ見した時に居たりしたらとか考えて更に怖くなったw

51: 47@無断転載は禁止 2016/09/15(木) 21:25:14.68 ID:5fAaBFJm0
あ、書き忘れてるが名刺入れが入ってたのは会社の机です。その時入れてたもの全部入ってた&俺の身元わかるものナッシングw
ちなみに俺この3年で結婚と離婚と転職して2回引っ越ししてるw マジこええwww

>>50 読んでくれてサンキュー。
多少フェイク入れてるけど、マジビビりしてるんで変なことあったら即通報する気満々w

52: 47@無断転載は禁止 2016/09/15(木) 23:08:27.59 ID:5fAaBFJm0
ここってあんまり人居ないの?
書き込みながら考えたら俺結構ネタあるわー。一番怖かったのは↑のだし、オカルトってか人間の話ばっかだけど。
まとめて書いてくるからあとで貼らしてくれ。

てか色々思い出したら怖くなってきたんで誰か聞くだけでも聞いてくれw 頼むwww

69: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 13:44:36.65 ID:bfasdiKy0
>>52見てるよ待ってるよ

53: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/15(木) 23:29:55.09 ID:FDvoCuLrO
聞いてるよー

54: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 02:03:39.10 ID:Q6xvTuUX0
怖すぎて絶句してただけだぞ
まだあるならぜひ聞きたい

55: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 05:24:28.75 ID:Kon9LM0q0
ついさっき、1時間前くらい前の話
ヘッドフォンをつけてニコ動を見てたんだけど、見終わったあともなんとなくヘッドフォンをつけたままにしていたんだ
そんで、無音のまま今度はネットで漫画を読んでいた時、突然
「ねえ」
って女の人の声が聞こえてきて、背筋が凍った
もちろん音が出るようなページは開いてない
霊とか信じてないし、こんな体験はじめてで、わけがわからない
とりあえず、ヘッドフォンは外した
誰かに話を聞いてほしくて、「怖い話」で検索したらこのスレが一番上にあったから
書き込んでみた
↑の人達みたいな超絶体験じゃなく、つまんない話だったらすまん
でもほんと怖かったんだ

56: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 11:48:44.53 ID:Tbc7DcIx0
誘導されて来ました。

先ず大前提として、むかーしある村落の「お坊さん幽霊」シリーズ実話を書いてたけど、執拗に絡んでくるヤツがいたのでストップ。
神奈川の心霊スポットスレから来ました。
お坊さんシリーズは祖父祖母からの口伝民俗学及び、源義経なんかも絡んでて我ながらなかなか体験できない実話だったんだが、土地を晒してしまったので、「世田谷幽霊ハウス」について書きますわ。

58: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 11:55:16.93 ID:wWD70Bca0
>>56
楽しみにしてます

60: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 12:00:09.22 ID:Tbc7DcIx0
>>58
誘導ありがとうございます。

作り話でも何でもないのでチャチャが入ったら辞めますけど…人が亡くなってる実話なので。

57: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 11:54:42.75 ID:Tbc7DcIx0
世田谷幽霊ハウス。4人住んで生き残りは俺だけ、のお話。

あれはね、15年くらい前の話かな。
俺は経営者なんだけど、ある方にお世話になっててさ。ビジネス会では有名な方だった。

Sさん「俺さん、私の実家にすみせんか?」

俺「なんですか?突然?」

Sさん「今ウチの実家に誰も住んでなくて、数年後に更地、マンション経営をする予定なんですが、その間に人が住んでいないと評価額が下がるんです。」

当時の俺は若く無知だったが、恐らく空き家にする位なら「恩のあるやつに住まわせて少しでも金にしよう」と言う魂胆だったと思う。

59: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 11:59:01.67 ID:Tbc7DcIx0
鑑定士の相場家賃は16万円のデカイ一軒家。
庭付き、二階建て、世田谷一家殺人事件の目と鼻の先。
余談だが、容疑者に俺も入ってて何度か事情聴取を受けたw
ノンキャリ刑事曰く、相当な人数の容疑者が当時いたみたい。

話を戻します。

その相場家賃16万を6万円でいいから、という条件。
独立まもなく、収益が安定していなかった俺は当時の彼女とその一軒家で同棲する事に。

61: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 12:04:34.76 ID:Tbc7DcIx0
先ず間取り、一階は三部屋+キッチン。
トイレ2つ。
風呂は旧いタイプの、なんていうかガスとか後付けみたいな仕様。

2階は四部屋。
小さい二部屋は、旧い桐箪笥や荷物で埋まっていた。
残りの広い二部屋のウチ、ひと部屋はカーペットがめくれ、壁紙もボロボロ。

唯一活用出来そうなひと部屋は御札だらけだった。
消去法で「御札だらけの部屋」を寝室とし、ベッドなんかをセッティング。

62: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 12:09:39.61 ID:Tbc7DcIx0
因みに俺が初めて心霊体験をしたのは10代。
例の「お坊さん」。

しかし、リアリストなので基本的に心霊体験は「脳の誤作動」だと思ってる。
霊魂や地縛霊といわれるものも、ある種の物理学なんかでそのうち解明されると思ってる。

で、引越し初日。
お約束のキーンからの金縛り。
「引越しの疲れと、不慣れな環境だからだろ」と思ったが、俺の中の「金縛りジャッジ」だと、科学的に解明されているタイプじゃない方の金縛りだ、と薄々勘づいていた。

それから2週間毎日金縛り。アレには参った。

63: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 12:13:29.91 ID:Tbc7DcIx0
そして色々と異変が起き始めた。

先ず、同棲していた彼女が
「リビングに白いものが通った」
「廊下に白いものが通った」

などなど報告してくるようになった。
俺はお世話になっている人の手前、金縛りの件も彼女に隠していた。

そしてある日、彼女と喧嘩をして彼女は1階で就寝。
俺は二階の御札部屋で就寝したんだよね。

すると一階の彼女から泣きながら携帯がかかってきた。

64: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 12:15:05.45 ID:Tbc7DcIx0
ごめん、ちと仕事に戻りますわ。

67: 47@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 13:20:02.57 ID:Zi7oSLEa0
お、誰か来てるんだね。そしたらそっちが終わったらまた貼りにくるよ。読みにも来るから頑張れー。

68: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 13:29:03.40 ID:Cv7irfhb0
とっとと貼れよクズ

70: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 13:48:19.72 ID:wWD70Bca0
>>68
自分で好きにスレ立てろゴミ

76: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:25:09.12 ID:Cv7irfhb0
>>70
死ねクズ

91: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 17:04:22.27 ID:wWD70Bca0
>>76>>89 ノ チンケ ナ コトダマ オクリカエシタ
http://i.imgur.com/80arswx.jpg

89: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:57:28.58 ID:mEhRMKNv0
>>70
カス

93: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 19:04:21.21 ID:lVQjbBTa0
>>89
死ね

71: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:15:11.10 ID:Tbc7DcIx0
ちと、話が走りすぎかな?

「御札部屋」の雰囲気を少し書きますわ。
先ず御札は所謂一般的なモノが沢山。
神社で貰えるやつね。
お焚き上げして居ないようで、古びた物もたくさんあった。
額縁に入ったものもあった。

そして謎の「梵字」御札も多数。
これは比較的小さめでランダムに貼ってあった。

電気は紐を引っ張るタイプの昭和仕様。
テレビも小さいブラウン管。
湿気が多いのが気になったけど彼女は
「加湿器要らないね!」なんて言ってた。

72: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:18:40.53 ID:Tbc7DcIx0
話を戻して「1階で就寝」していた彼女からの電話。

泣きじゃくって、ひきつけを起こしたように
「今すぐ降りてきて、おじいさん」と言う。

おじいさん?

何を言ってるんだ?と思ったが「仲直りの切欠作り」だろう、と仕方なく一階に降りた。

俺は愕然としたよね。
彼女が「完全に取り乱して」歯をガチガチならし、身体もガクガクさせて布団にくるまって泣き叫んでいた。

ちと!おいおい!と声を掛けるも過呼吸状態で声が聞き取れない。

気が狂ったのか?と不安になったが、飲み物や、摩ったりして宥めたんだよね。

73: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:21:34.31 ID:Tbc7DcIx0
彼女「仰向けで寝ていたら、青い着物を着た手がしわくちゃなお爺さんが正座して顔を覗いていた」

と、継ぎ接ぎだらけの言葉で説明してきたんだよね。

想像するに、枕元で青い着物を着たお爺さんが正座して、ぐーーーーっと頭を垂れて彼女の顔3センチ辺りまで迫っていたんだと思う。

想像するとゾッとするよね。

それ以来は「御札部屋」で必ず就寝する生活だったのだが、また事件が起きたんだよ。

74: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:22:56.36 ID:Tbc7DcIx0
二階の「御札部屋」で就寝していた時、
ものすんごい足音で誰かが階段を駆け上がって来た。
ダンダンダンダンダン!!
凄い音だった。

彼女とふたりでガバッと跳ね起きた。

俺は咄嗟に「強盗だ!」と確信して、鉄アレイを持って迎撃体制。

しかし、その後はシーン…としてるわけさ。

ん?と思い、鉄アレイ片手に恐る恐る襖を開けて周囲を見回した。

…誰もいない。

なんだ何だ?と思い、階段を覗いたんだよね。

そしたらさ、階段の下から3番目位に青い着物を着たお爺さんが座ってたんだ。

なんつーか、半透明ってか「薄っぺらい」感じ。
真っ暗なのに、クッキリ見える。

俺はその類を見る時は必ず「薄っぺらい」。
天城峠でみた親子も薄っぺらかった。

75: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:24:20.08 ID:Tbc7DcIx0
俺は後ずさりする様に「御札部屋」に戻り、襖を閉めた。

彼女「なになに?何だったの?」

俺「ああ…カラスかなんかじゃない?」

我ながら無理があった。

彼女「カラスが階段登ってくるわけないじゃん!」

「あの日」の事がフラッシュバックしたのか、泣き出して震えだした。

これは流石に参ったな…と思っていた翌日、
Sさんから電話があったんだよね。

Sさん「俺さん、住み心地如何ですか?何にもありませんか?」

俺は一連の出来事を話すか否か迷った。
世話になってる人の好意(少なくとも無知な当時はそう思っていた)にケチをつけるのも、なんだかなぁ、と。

77: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:27:03.16 ID:Tbc7DcIx0
が、決意をして一連の話を恐る恐るSさんにお話した。

Sさん「…俺さん、すみません、それは私の父です。」

俺「…はい?」

話を要約するとこうだ。

俺達が入居する前、Sさんのお父様が癌で自宅大往生。
亡くなった部屋が「御札部屋」。
49日を終えて俺に声を掛けた、との事。

先に言えよ…と思ったが、Sさんは続けた。

「明日母と父の墓参りに行きます。こういう事情で俺さんがお住まいになりている事情を父の墓前で話して参ります」と。

78: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 14:29:00.88 ID:Tbc7DcIx0
Sさんがお墓参りに行った後、その類の現象はピタッと止まった。

そして事業も起動に乗り、俺は都内一等地のタワマンに引越し。

その後、Sさん、そしてSさんに莫大な借金を背負ってしまったOさんが亡くなる。
2チャンで嫌悪されている日本の某大企業で逮捕者も出て、ソコソコ衝撃の事件。
今でもネット検索すれば出てくるよ。

Oさんは借金まみれになったので、その世田谷ハウスに住むことになってさ…

長くなるからSさん、Oさんの死に至るまでの経緯は第2章でいいかな?

79: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:38:42.22 ID:Tbc7DcIx0
この話は「心霊」だけじゃなくて、「人間の欲」「権力」等の怖さも含んでいる話。

さて、借金まみれのOさんが幽霊ハウスに住むことになった。
Oさんは借金が原因で離婚。ご高齢。
生命保険受取人をSさんに移すだの「噂」は聴いたが真偽のほどは定かではない。

引っ越して1ヶ月後位かな?
幽霊ハウスに置きっぱなしにしておいた、サーフボード数本や、ウエットを取りに行こうとOさんに電話したんよ。

そしたらOさんがね、

「俺くん、正直に話して欲しいんだけどこの家でなんかなかった?」

と、か細い声で聞いてくるわけ。

俺は借金や離婚、高齢とOさんがいたたまれなくなって本当の事を全て話したんだよね。

81: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:41:31.86 ID:Tbc7DcIx0
全てを話すとOさんは

「…やっぱり…」とため息混じりに答えた。

Oさんは俺と同じく「御札部屋」を寝室としていた。
ベッドは俺が置いていってあげた。冷蔵庫とか、洗濯機も。

Oさん曰く「アレは階段じゃない!屋根の上を人が走り回ってる!見たんだよ!」

と、興奮気味だった。

俺と彼女は明らかに「階段を駆け登る音」を聞いたし、俺はこの目で青い着物のおじいさんを見た。

Oさんも最初は「階段」だと思って、襖を開けても誰もいない…
で、「御札部屋」から外をぐーっと覗いたら「屋根の上をお爺さんが四つん這い」で動き回っていたのを見たんだ!殺される!と。

俺は階段よりこええ!とビビった。

80: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:40:00.21 ID:Tbc7DcIx0
結局Oさんは借金の負い目もあって、Sさんには何も言えなかったみたい。

で、とりあえずサーフボードとか取りに行きますから!と、日時を決めた。

約束の日、車で世田谷ハウスに向かい到着。
表札は俺の名前が外れてSさんに戻っていた。
ピンポンを鳴らす、出ない。
電話もならす、出ない。

Oさんは人が良くて約束を破るような人じゃない。

一つだけ裏口玄関から侵入する方法を俺は知っていた。
お風呂のガスがすぐ止まるので、その度にリセット?しに良く裏口からガスボンベ調整、説明しにくいんだが、手を回すと裏口玄関を開けることが出来る。

元々の母屋に増築を繰り返した家だったから、所々作りがおかしかった。

83: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:48:09.71 ID:Tbc7DcIx0
俺は早速裏口から侵入し、サーフボードを置いてある1階の部屋に向かった。

Oさーん!と言いながら。

その時初めて遺体を見ることになる。

コタツのチューブみたいなもので首吊り自殺しているOさん。

咄嗟にOさん!と駆け寄るも、確実に死後数日は経過してたね。

体液みたいなものがカーペットに染みを作り、Oさんの顔はパンパンだった。
目はどこを見てるか分からない、ってか眼球が…

すぐ110番通報して、世田谷一家殺人事件で事情聴取された刑事含め制服警官もやってきた。

俺は不法侵入なんかも問われたが、Sさん交え、後の証言でお咎めなし。

遺書はなく「借金苦による自殺」と断定された。

俺はOさんの「殺される!」と言うご高齢とは思えない狼狽っぷりを思い出し身震いしたわ。

84: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:49:39.61 ID:Tbc7DcIx0
そしてSさん。

この人は生粋のお金好きだった。
普段はニコニコしているが、目は笑っていない。

1度だけ心底笑っているのを見たが、パソコンで事業計画書を作成し、「アガリ」の試算をしている時だけだった。

そんなSさんを部下や事実上の子会社達は嫌っていたが、Sさんの資金調達手腕に頼っていた為、当然Sさんには逆らわず、プライベートの交流も皆無。

唯一若かった俺だけは特に先入観も無かったので良く食事に行ってビジネスのイロハを教わった。

その代わり「遊び」を知らないSさんに俺は「遊び」を教えた。

表からは入れない夜の六本木、歌舞伎。
車、時計、などなど。

85: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:50:39.71 ID:Tbc7DcIx0
当時のSさんは数十億回していたが、更に上のフェーズを目指して厄介な相手と組んだんだ。

誰もが知る2チャンで嫌悪されている上場企業。

某メガバンクの紐付き融資から、全国の地銀に至るまで金を集め、更に組織を拡大した。

今振り返ればまさにこの世の春だったと思う。

しかし、突然の「事故」が起きた。
まだ裁判中なので詳しくは語れないが、簡単に言うとSさんは嵌められたんだ。

「ある契約書」はその企業の人間が勝手に持ち出した印鑑であり、対会社としての効力は無い、と主張され一気に資金繰りがショートした。
半端な額じゃない。

86: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:52:56.95 ID:Tbc7DcIx0
メガバンクも地銀も大慌て。

特にメガバンクは酷かった。
すべての契約に立会い、一蓮托生だったのに容赦なくSさんを追い込んだ。

印鑑を持ち出した嫌われ上場企業の人間は特別背任で逮捕。

往年のSさんの勢いは半年も持たなかった。

極道で言うところの組織トップのコップさえ事務員が洗いもせず、すべての責任追及がSさんに重くのしかかった。

Sさんは自宅に引きこもり、痩せこけ、誰の電話にも出なくなった。

外出先と言えば父の墓参り。
あの「青い着物のお爺さん」だ。

俺は偶然見てしまったが、墓前でSさんは意味不明な事を虚ろな眼でブツブツ呟いていた。

「人が壊れた…」

俺は声も出なかった。

87: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:53:53.90 ID:Tbc7DcIx0
そして本格的にSさんと連絡が取れずに組織が慌てふためいていた。

顧問なんかは、日本中が知っている某ミュージシャンや企業の顧問を初め、弁護団も「ある事件で」超有名弁護団だった。

それでも連絡が取れない。

白羽の矢が俺に立った。

理由は簡単、「俺さんが1番Sさんと親しかったですよね?お電話お願いできませんか?」

と。

実は俺は度々Sさんに連絡をしていた。

「食事行きましょう」
「気分転換に遊びに行きましょう」

Sさんは、お気持ちだけで結構です、と俺とも距離を置いた。

が、周囲のプレッシャーもあり、俺はSさんに電話を掛けた。

留守番電話になったのでメッセージを残しておいたんだよね。

88: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 16:55:46.21 ID:Tbc7DcIx0
そして翌日、Sさんは自宅で死亡していた。
原因は精神安定剤とアルコール併用による事故?自殺?

最後の電話は俺の留守番電話。

また、警察に事情聴取された。

芸能人なんかも多数居住する有名なタワマンだったから捜査は秘密裏に行われたので、通行人なんかは誰も気付いてなかったね。

次にSさんとお会いしたのは葬儀場。

発見時の浮腫も無く、綺麗な死に化粧で

「たいしたもんだな…」と場違いな事をぼんやり考えていた。

列席者の中に「そのビジネス」を持ちかけた人物がおり、罵声を浴びて撤退させていた。

俺は思ったよね。

アレだけSさんをぞんざいに扱っておいて、亡くなった瞬間、倫理ヅラかよ、って。

90: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 17:01:15.68 ID:Tbc7DcIx0
その後はホントにゴタゴタが今でも続いてる。

そんでもって、何故封印してたこの話を俺が書いたか?

実は先月、この「世田谷ハウス」の因縁と思われる格好でもう一人人間が亡くなったんだ。

まだ心の整理が出来て居ないが、需要があったら頑張ってみる。


長文失礼。

92: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 18:59:26.87 ID:bfasdiKy0
>>90
まさか同棲してた彼女?

お父さんも連れてかれてしまったのかな
元々忌地なんかな?
見てますので、また時間があったらお願いします

95: 例の俺です ◆RxgvZlY1Zc @無断転載は禁止 2016/09/16(金) 19:29:21.28 ID:Tbc7DcIx0
>>92
長々と読んでくれてありがとうございます。

地名が地名ですからね…
「忌地」でしょうね…

97: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 22:08:58.41 ID:ZJaB6yp80
>>90 続き待ってる

121: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 08:40:40.22 ID:8p+yuFRn0
>>90
乙でした
続き楽しみに待ってます

94: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 19:20:10.71 ID:5qZc6YgK0
「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。
 
「ばか」っていうと
「ばか」っていう。
 
「しね」っていうと
「しね」っていう。

   
こだまでしょうか

96: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 20:41:24.20 ID:pDiTA4kG0
祖師ヶ谷?

98: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/16(金) 23:18:55.04 ID:Qx6tsYa40
俺も待ってるよ。

99: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:23:40.22 ID:gtSgLuYe0
一段落したのかな?ちょっと長いんだけどまたもう1つ貼らせてくれ。

これ元嫁さんが心を病んじゃった話で結局妄想の話といわれればそうなんだけど。けどオカルトとかってこういうこともあるだろうなって思うから。
ていうか誰かに聞いてほしかった。

俺の嫁になってくれた人はハズキリオナにちょっと似てて可愛かった。優しくて繊細で、けど芯は強い人だった。俺のことこんなに好いてくれる人なんか居ないなー、って思うと今でもちょっと泣く。

プロポーズは彼女からで、もう俺もそのつもりだったからすぐ家探して、式と新婚旅行まとめてハワイで済ました。
旅行から帰ったのは夜中で、俺はコンビニに買い物に出て戻ると、マンションのベランダに嫁さんがいた。
手を振ったらすぐ部屋に入ってしまった。帰ったら、あの人と何話してたの、今下で一緒にいた人、って。誰もいなかったよ、って暗いし4階からだし見間違えだろうと思ってた。

彼女は在宅で仕事することになった。俺も家に嫁さんがいてくれるの嬉しかった。
半年くらい経って、初めて昼間嫁さんが会社に電話かけてきた。携帯にも何回も着信あったんだが、俺出先で打ち合わせしてて、掛け直せたの夕方だったんだ。

そしたら嫁の親友のk子さんが出て、家に不審者が入ってきた、って連絡があったからk子さんちで預かってるって。
興奮してたから落ち着かせて、今寝てる、今日はそのまま泊めるから、って。
通報は、って聞いたら、多分被害とかないと思うけど、っていうんだけど俺は慌てて家に帰って、家の中全部確認してからまたk子さんに連絡した。

129: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 14:12:05.54 ID:D5s2xKEn0
>>99
の話しは他人事じゃなく読んだ
俺の場合は婚約者が同じ様な状態になり結納まで済ませたのに、相手の両親から婚約解消の旨を告げられた
原因は311だったけどね

>>125
そのまま行ったらヤバかったかもね

俺はチョットした話しか無いからな
今年だと面白かったのがお盆に実家に帰省した時、隣の家から下半身だけの人が出て来て走り抜けていったとか
京急の某駅でひたすら飛び込んでる人がいたとか
ストーリーにならんものばかり

ここはユルくて良いね
皆様の書き込み楽しみにしてます

130: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 17:05:01.51 ID:gtSgLuYe0
>>129 あー、そうかあ、辛いこと思い出さすようなこと話しちゃったな、すまん、申し訳ない。ああいうことってどうしたら良いんだろうな、本当に。
俺幽霊系は全く経験ないから見た人の話興味あるよ。京急に飛び込む人のとか詳しく聞いてみたいな。

他の人のも読ませてもらってます。興味深い話が多くて、なんていうか勉強になります。
また少し書いてきたんで貼りますね。

131: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 17:06:05.06 ID:gtSgLuYe0
これもそれほど怖い話って訳でもないんだ。
>>47 の話のあとしばらく気持ち悪い、というか変な事が確かに多くて、その時期に嫁の件で色々面倒見てくれた人と出会ったんだ。

その時は、知らないおばさんに医者に行けって長時間絡まれた次の日、実家の親から知らない人に息子を医者に見せろっていわれて、て電話来るとか、初の取引先に社用で遅れる連絡したらさっき午後改めて来るって挨拶しにきたでしょ、とか言われたりとか。
家の前に大量にゴミ積まれたり、仲良しだった近所の犬に襲われかかったり。ケンカふっかけられたり仕事のトラブルとかも異様に多かった気がする。
けどもともと家も職場も治安いいとこでも無かったし、大口の仕事の山場でバタバタしてたから気にしてるひまなんか無かった。

その仕事が納まって、取引先挨拶した帰り飲み屋に寄った。どこも混んでたから、とりあえずすいてたとこに入ったんだ。リーマン風の人が2つしかないテーブルの片方に座ってるだけで、俺ももう片方に座って飲んでたんだ。

中ジョッキ開けたあたりで、店のオヤジさんが居眠りこいてて、TVのニュースの声だけ変に響いて、後ろに人がいること思い出して急に気まずくなってきた。
後ろのおっさんもそうだったらしく、寝ちゃってますねー、と声かけてきた。
ちょっとホッとして、そうっすねー、と言いながら振り返った。

100: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:25:21.16 ID:gtSgLuYe0
下げ忘れたすまん。

嫁さんはまだ寝てて、k子さんが状況教えてくれた。
俺んちはオートロック4LDKの東南の角部屋で、南側の部屋で嫁さん仕事してた。リビングにつながる引き戸はいつも開けっ放しにしてるんだけど、気がついたらテーブルの向こうに人が立ってた、って。

入ってきちゃった、って泣きながら電話あったの、ってk子さんは言ってた。嫁さんは見た瞬間ベランダ出て、東側の部屋に回り込んでそっから玄関抜けて逃げたらしい。
部屋着にビーサンで携帯だけ握りしめてた、って。とにかく逃げながら俺に電話しまくって繋がらないから結局k子さんに連絡したらしい。すぐタクシーで来い、って言ってくれたk子さんには今でも感謝しかない。

実はね、前から話聞いてた、って。ちょっと前から不審者がいるって相談してたらしい。そんなの俺に言えばいいのに、って思わず言ったら、あなたに会わせちゃダメだから知らせたくないって言ってた、って。元カレとかなのかと一瞬カッとした。
けどk子さんは、こんなこと言われるの嫌かもしれないけど、一緒に心療内科行ってあげて、って。

相談してた内容がかなりおかしかった。
赤い髪の人が玄関の前に立ってる、というのが最初だったらしい。インターホンのカメラの死角に立ってる、って。
その後も、買い物に行った時につけてきてた、とか。急に俺の自転車買い換えてたことがあったんだがそれも、赤い髪の人が細工をしたから、が理由だったらしい。
他にも外の電柱の陰に一日中立ってる、とかビールが買って持って帰ってくる間にすり替えられてた、みたいな。

102: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:27:14.79 ID:gtSgLuYe0
びっくりした。けど、k子さんは身内に心の病の人がいたからわかって、いつ俺に言おう、って考えてたらしい。
情けないけど全然気がつかなかった。会社遠くなったから毎日遅かったし、休出も多い時期だったけど、一緒に暮らしてたのに。
嫁さんいっつもにこにこしてて、仕事の環境変わって大変なのに、引越しの片付けもほとんどやってくれて、ありがたいなーとしか思ってなかった。そういう疲れとかが原因なのかと思って、申し訳なくて涙出た。

次の日迎えに行って、k子さんと二人で嫁さん説得した。病院はk子さんが評判いいとこ調べてくれた。
休みとれるだけとって、病院には2人で何回か行って、検査とかして、色々薬が出て、治るとかって病気じゃないけど、薬を上手に使えば普通に生活できます、気長に付き合いましょう、みたいな話になった。
その間は普通に元気で、体力つけなきゃってジム通ったり、家具見に行ったり、薬の副作用もそれほどじゃなくて。

会社からどうしても休み明けで即出張行ってくれって連絡来て。4日も家開けられるかな、と不安になってたら、前日北海道のお義母さんが来てくれた。
出がけに、大丈夫ー?って聞いたら、大丈夫!おかあさんもいるし、ってにこにこしてて。
出張先から毎日電話して、土産とか色々送って、やっと帰ったら、今さっき奥さん救急車で、って管理人さんに呼び止められた。

103: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:28:54.19 ID:gtSgLuYe0
嫁さんの部屋がぐちゃぐちゃになってて、お義母さんに電話して即病院向かった。
怪我はパソコンのディスプレイ叩き割った時の傷で、何針も縫ったけど大したことはなかった。
買い物行く前は普通に仕事してたのに、帰ってきたらぎゃあーって聞いたことない声で叫んで暴れてたって。お義母さんが血が出てるの見て救急に連絡して、救急隊員の人が取り押さえて連れてったらしい。

この子1人にできないです、赤い髪の人って、心当たり無いんですか、って聞かれた。俺の浮気疑われたらしい。理由も無いのにこんなになる訳ないって言われて、実家に連れて帰るって。何にも言えなかった。

ベッドで寝てる嫁さんの顔見たら、顔真っ青で目の下クマで黒くなってた。
俺に気づいて目開けて、涙いっぱいためて、あたしあなた守りたいの、って。こんなになっても俺の事考えてくれてるのかって息が止まりそうだった。
俺は大丈夫だから、ちょっと実家帰ってのんびりして来なよ、って言ったら、すごく悲しそうな顔で、でも笑いながら、そうだねー、離れたほうがうまくいくのかな、って。
お義父さんは嫁さん実家帰る時来て、落ち着いたら迎えに来てやってくれ、とだけ言ってくれた。

実家に連れて帰ってもらったのは良かったと思う。俺一人じゃ多分無理だった。
毎日メールで連絡して、電話はお義母さんが嫌がるからできるときだけで向こうからくれた。けど2週間で最初の自殺未遂があって。命に別条ないからこなくて良いって断られて、嫁嫁さんからも、来ないで、って言われて行けなかった。
またメールの返信来なくなったんで慌てて連絡したら、外で暴れて措置入院になってたり。
最初の頃はよく写メくれてたんだけど、そのうちなくなって、送ってよって言ったら、太っちゃったから痩せたらね、って。メールの回数も少しづつ減った。

104: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:31:00.25 ID:gtSgLuYe0
嫁さんと暮らすために転職することにした。週1くらい出勤して、あとは在宅でも仕事させてくれるところが見つかったから、取りあえずそのそばに2人で住めそうなところ探した。
落ち着くまではあんまり動揺させないほうが良い、って人からアドバイス受けたのもあって、引っ越しの件は嫁にも向こうのご両親にも詳しくは話さなかった。

事情が事情なんで円満退社できて、次の職場で働き始めるまで少し間があったから、転居先片付けたりしてた。いつ嫁に言おうかな、仕事安定してからのが良いよな、話すだけなら良いかな、とか毎日考えてた中、新しい職場に挨拶行ったらそのまま前倒しで歓迎会してくれた。

家に帰ってきたら嫁がいた。
暗くて最初嫁だってわからなかった。鍵開けてドア開けたら真っ暗な中すぐ前に人が立ってて、体当たりしてきた。とっさに避けたらそのまま倒れこんでドアにぶつかってガリッて音がして、慌てて離れて電気つけたんだ。

それでも声聞くまで嫁だってわからなかった。背中くらいまであった髪が短くなってて白髪交じりになってて、太ったどころかガリガリに痩せてた。
顔もしぼんでて、もともと大きい目だけ余計大きく見えた。チラッと見えた手首にザクザクに傷がついてて、首にも包帯が巻かれてて、手にでかいカッター握りしめてた。
嫁さんだってわかった瞬間、ああ、来たんだ、って思った。

怖いってより悲しかった。なんでこんななっちゃたんだろうって。
嫁はでっかい目からポロポロ涙流しながら、ごめんー、あたしと一緒に、苦しいことがたくさんあるから、とか言いながらカッター構えてた。
死んでも良いかなー、と思ったよ。なんかすごく焦ってるんだけど、半分ぐらい冷めたとこもあって嫁さんが言うなら俺死んでも良いや、今この辛さから逃げれるなら、って。
けど俺殺したらこの人も死ぬ気なんだ、って考えたら、それは嫌だったんだ。俺死んでもこの人は生きててまた元気になって欲しかった。

105: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:33:03.38 ID:gtSgLuYe0
手首掴んで引っ張り寄せて、棒みたいになっちゃった腕からは信じられない力で暴れるのを後ろからどうにか押さえ込んで、足で家電の短縮押して知り合いに連絡した。
前に相談してたから、お願いします、だけで察してくれて、どのくらい経ったかわからないけど、人が来て。
ちっさい体抱きこんでるあいだただ彼女は泣いて謝ってた。ごめん、あたしじゃだめだった、って。俺は何にも言えなくて、ただ泣いてた。

北海道のご両親は彼女の姿見えなくなってすぐ連絡くれてたのに気がつかなかったんだ。
お義父さんがとりあえずこっちに向かって、最終の飛行機でこっちに着いて、俺の引っ越し先の住所は知らなかったから連絡待ってくれてた。
病院でお義父さんと落ち合ったら、頭を下げられて、娘と別れてくれ、って言われた。こういう事が今後無い様、施設に入れる。とも言ってた。
俺にできることは、って聞いたら、もう一度、娘と別れてやってくれ、忘れさせたい、と。考えさせてください、しばらく様子を見て、とか曖昧に返事したけど、俺も彼女の身を考えたら、もうできることはあまり無いの気がついてた。

彼女が帰って何日かでもうお母さんが代筆したらしい離婚届が送られてきて。
ぐずぐずほっといたら、2ヶ月くらいして嫁本人が書いたらしい、震えてがたがたの字の離婚届が来た。
お義母さんからの、俺の方が別れたがってると言って説得した、ごめんなさい。理解ってください、って手紙と嫁の写真、嫁からの手紙が添えてあった。
施設の庭で、無表情に車椅子座ってて。けど周りには花が咲いてて、彼女少しふっくらしてた。手紙にはただ、ごめんね、元気で、赤い紙の人に気をつけて、って。

106: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:36:20.38 ID:8JPLfjoL0
見てます、大変でしたね。

108: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:40:38.35 ID:gtSgLuYe0
>>106 ありがとう。

俺も吹っ切れてるとは言いにくくて、誰かに聞いてほしいと思ってたんだ。けど、意外とリアルの知り合いには話しにくいんだよ。少し事実と変えてることはあるけど、話せて良かったです。

107: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:37:44.22 ID:gtSgLuYe0
その写真見てまた泣いて、けどなんかが少し諦めついたから残り書いて提出した。
残ってた嫁の荷物は送れるものは送った。お義母さんから電話があって、ありがとうございます、すみませんでした、お元気で、って。

その後もお義父さんとは、マンションの処分の件やらで何度か連絡は取ったけど、彼女のことは話さなかった。最後に連絡した時、だいぶ元気になったんだ、ありがとう、って。良かったです、としか言えなかった。

彼女のことは夢見てたみたいな気持ちだ。写真もいっぱいあって全部データ取ってあるけど、見直せない。まだたまに泣く。

けど最近考えてて、やっぱり腑に落ちないことがいくつかあるんだ。
俺の住所をどうやって知ったかと、どうやって家に入ったか。鍵は俺がうっかりかけ忘れたかもしれないが、住所は、その前にお菓子とか送った時うっかり書いたのかとも思ったが、自分でもまだ覚えてなかったのになと。
郵便転送の手続きもまだだったし、職場に知らせたのはその日で、それ以外は通報してくれた知人にしか教えてなかったはずなんだ。

あとは嫁の手紙の赤い紙の人、って書き間違いかと思ってたんだ。けど、最近もしかしたらそうじゃないのかもしれないと思ってる。それはまた別に話したいと思う。

109: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:44:42.53 ID:gtSgLuYe0
長い割にそれほど怖い話って訳でもなくてすまん。また少しメモためたら貼りにくるよ。読んでくれてありがとう。

110: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 00:48:18.58 ID:8JPLfjoL0
何か、悲しさが伝わって来て切ないよ。
何とも言えなくてゴメン。

111: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 01:21:58.13 ID:FILJig/d0
紙の人ってそれはそれで怖いな
不幸運んでくる赤い紙とか持ってくるんだろうか

霊的なあれだったのか単純にお嫁さんの心の問題なのかはわからないが
どちらにしろ結果は変わらないからな……
お疲れさまとしか言えない

114: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 02:06:07.39 ID:gtSgLuYe0
>>111 うーん、実は俺、嫁さんの赤い紙の人って、47で書いた押し入れのあいつのなんじゃないかって思い始めてるんだ。俺もどうかしてきたのかもしれないけどw

どう説明していいかわからないから、今後少しづつ関連してそうな話ししていこうと思う。少しづつまとめながらなんで時間かかると思うが。

読んで、なんでもいいから思ったこと言ってくれれば嬉しい。そんなのただの思い込みだ、でもいいよ。
お願いします。

112: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 01:31:02.15 ID:8fnVuE19O
全俺が泣いた

113: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 01:53:34.36 ID:soWSMgYp0
ふと赤い紙を画像検索してみたら妙に怖かった

115: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 02:22:09.05 ID:8fnVuE19O
全俺が震えた

116: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 02:32:30.84 ID:FILJig/d0
>>114
ああ>>47の人だったのか
なんとなく赤い髪の人=女だと思ってたんだけど
>>114が問題なく泊まれるんだから後輩モドキは男なんだよな?
赤い髪の人=赤い紙の人だとは限らないのか

117: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 02:51:11.45 ID:gtSgLuYe0
>>117 俺も完全に元嫁に見えてるのは赤い髪の女だと思い込んでた。嫁さんは普通の時は赤い髪の人の話はほぼしなかったし、様子がおかしい時は全く話が通じなかったんだ。

けど、赤い紙、って思ったら色んなことの繋がりが見えてきた気がしてきちゃってなあ。
その時点で俺がヤバイって気もするんだけど。

132: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 17:08:04.93 ID:gtSgLuYe0
改めて見たら渋めの感じのいいおっさんで、良かったら日本酒余ってるんで、とか言うんでそっちの卓に移った。
一人なのにお猪口が2つあったから、お連れさん帰られたんですか、とか聞いたら、友人の命日の献杯で、僕は日本酒は得意じゃなくて、もしご迷惑じゃなければ、って話だった。
ちょっと驚いたけど断るほどでも無かったし、じゃあ頂きます、ご友人どんな方で、なんてしばらく世間話しながら飲んでた。

小一時間くらい喋ってたらおっさんが、体の具合悪くないですか、と聞いてきた。
最近よく言われんですけど俺顔色とか悪いすかw、て答えたら、僕医者じゃないんだけど人を治療することがあって、て。
へー整体とかですかーやってみたかったんすよー、とかヘラヘラ答えたら、近いんだけどね、ホラ、気とかってあるでしょ、どっちかっていうとそういう方、とか言い出した。
やべえスピリチュアル?俺あんま信じてないんだよなーとか思ってたら、気づいてないみたいだけど、あんまりいい状態じゃないよー、と。
まあ変なことも多かったし、俺も気弱になってて。

えーやだなあ、どうすれば、って聞いたんだ。したらおっさんが真顔になって、普段は依頼以外はやらないんだ、けど今日で、一緒に飲んでくれたから、とか言いなら身を乗り出して、俺の胸ポケットから紙を引っ張り出した。
キョンシーのお札みたいな感じでもっと薄っぺらい紙でクシャクシャで、なんでそこに入ってたかさっぱりわからなかった。
きょとんとしてると、他のポケットも探して、というので上着の内ポケやズボンのケツポケ探すと出るわ出るわで10枚くらいあった。

133: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 17:09:23.71 ID:gtSgLuYe0
俺は途中から楽しくなってきちゃって、手品っすか、スゲー、いつ仕込んだんすか、面白いっす、とかって騒いでた。
おっさんは、うん、手品っていうか、おまじないみたいなことでね、少し元気出た?、とかいいながら、俯いてその紙を細かく破って灰皿に捨てて、ボソッと、間に合わないかあ、とか言い出した。
そうか終電かな、って。いい時間ですもんね、行きますか、なんてカウンターの中のオヤジさん起こして会計して出たんだ。

ここよく来るんですか、楽しかったんでまた飲みましょうよ、と言ったら、そうだね、なにかあったら必ず連絡ください、って名刺をくれたんだ。結構大きな会社の割と偉い人だった。裏に個人の携帯と自宅の番号書いたから、って。

おっさんは駅で別れ際、真剣な顔で正面から俺の両肩を掴んで、これから君も、君の周りの人も大変だと思う、どうか頑張ってください、困ったら僕を頼ってください、助けられるかわからないけど、って言ってくれた。
仕事のこと話してたし、業種は違うけど実績ある人に励まされるのちょっと嬉しかった。
ありがとうございます、その時はよろしくお願いします!とか答えたら、またさっきみたいな紙がまた出てきたら、細かく破って捨てなさい、良いものじゃないから、って。
え、やっぱスピリチュアルなのか、って思ってるうちにおっさんは手を軽く挙げて行ってしまった。
おっさんと別れてすぐ、駅のホームで当時の彼女から電話かかってきてプロポーズされた。
すげえまじで運気上がった!ってその時は思ったよ。

この人が、元嫁のことの時色々お世話になったM川さんだった。俺スピリチュアルって正直懐疑的なんだけど、この人のおまじないのことは結構信じてる。
最近また連絡してみようかなって思ってる。

134: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 17:14:48.50 ID:gtSgLuYe0
それでざっくり言うと、この時俺のポケットから出てきてた変な札と、47のあいつの押し入れに貼ってあった曼荼羅ってどっちも同じような赤だったんだよな。他にも心当たることなくも無いんだ。

けど、別にすごく珍しい色でもない気がするし、お前の思い込みだって言われたらそれもそうかも知れないw

120: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 08:32:00.51 ID:3tR87Yki0
自分が実際に体験した話。
まぁあんまり怖くは無いんだけどどうかな?

122: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 08:42:27.03 ID:8p+yuFRn0
>>120
はよ

123: 120@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 09:08:23.06 ID:3tR87Yki0
では、書き込もうかな。
最初に言っとくけど実害とかそういうのは無い心底びびっただけの話。
分けて出すよ。
年か前に友達と年末に北陸に旅行行ったときのこと.
その年は雪が少なかった。二泊三日の予定で行ったんだよ。
1日目は駅から少し離れた湯治宿も兼ねてる宿に泊まった。
安かったけど蟹も結構たくさん用意されてて友達は喜んでた。
自分はあまり蟹は好きじゃなかった。宿は結構良いところだった。
で、次の日にある場所に観光に行ったんだ。駅から最寄の駅まで電車。
で、そこから歩いて有名な海の断崖絶壁のある場所に行ったんだけど、結構遠かったな。
ちゃんと調べておけばよかったと後で思ったよ。そこでの出来事。

124: 120@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 09:16:46.23 ID:3tR87Yki0
歩道とかがない車道の県道を歩いていったんだ。
その時は地図とかも持たずに場所だけ確認していったわけ。昼2時過ぎだったかな?
途中、港の防波堤で荒れる海の近くまで行って大きな波に襲われかけて
本当びびったけどとても面白かった。友達とそこは自殺の名所だからなにか見れるんじゃないかとか話してた。
そんなこんなでその崖の近くまで着いた。歩く道は車道で左右は林っていうか雑木林て感じ。
二人で話し込みながら歩いてると、俺だけ気づいたんだけど近道みたいなのが横に見えた。
まぁ普通に歩いてたら気づくんだけど、その時は友達はこっちを見ながら話してたから気づかなかったみたい
歩行者が車道から逸れて林を抜けて近道できる感じ。でも俺も正直話に夢中で見落としてたの。あと少しで
気づかずに通り過ぎていくところだった。で何で気づいたかっていうとね。動く人影に気づいたんだ。
その人はすぐに曲がって見えなくなったから俺しか見ていない。(今人が通ったよな?)そう思って
友達にこっちから行けるんじゃないか?て言ってその道に行ったわけよ。

125: 120@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 09:28:48.41 ID:3tR87Yki0
少し林を抜ける道を通りながら、友達によく気づいたなって言われて今人が通ったからって言ったんだ。
で、林を抜けたら予想通り海。視界に広がる海。横を見れば有名な断崖絶壁。に繋がる遊歩道。

視界をさえぎるものは無かった。・・・・。あたりには誰もいない。見えなかった。
強烈な違和感。あれ、今通ったひとは?いない?見渡してもいないの。
ほんの10~20M先にいた人が。見失うような距離じゃない。
見渡せるような場所にでたので見えなくなるわけが無い。嫌な汗がでた。
黙る自分。視線の合う友達。「「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」」
事態を察した自分たちは逃げたよ。そりゃもう声上げながら走って逃げた。
というか自分より先に走って逃げ出した友達。「ちょっ、待って待って!先行くなや!」
追いかけたよ。二人してその場から200Mくらい全速力で逃げた。
「え?お前誰か見たんやろ!?誰もおらんやんけ!」びびる友達。
「いやいやいや、絶対だれか居ったって!」あせる自分。二人で騒いでた。

126: 120@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 09:29:52.90 ID:3tR87Yki0
自分が見た人はなんだったのか?どこに行ったのか?最後まで分からなかった。
と言ってもそれ以降は何も無かったよ。本当に何も。それだけの体験。霊障も何も。
気のせいじゃない?て言われたらそれまでかもしれないけど多分本当に見た。
だってその人帽子かぶってたし。野球帽みたいなキャップ帽。
なんていうのかな。人影っていうか妙に質感みたいなのあった。確かに歩いてたよおっちゃんが。

127: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 09:41:14.81 ID:xO6Z0hCb0
ごめんそれ俺だわ

135: 47@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 17:16:22.78 ID:gtSgLuYe0
しばらく色々忙しいんで間空くけど、またなんか貼りにきます。ありがとう。

147: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/18(日) 16:24:41.64 ID:bIsMREQ20
>>135
続き気になる。待ってます!

148: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/18(日) 22:01:29.83 ID:pxHh4+4p0
>>135
有り難う
また時間あるときに宜しくです

136: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 17:44:51.36 ID:8fnVuE19O
うわーそこで赤紙…
一本に繋がったな、うーむ

137: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 18:11:06.94 ID:xO6Z0hCb0
47の男は一体何者なんだ

138: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 18:34:35.53 ID:ctdOa7/20
関係なかったらごめん。
こんなおまじないがあったから一応紹介しとく
以下コピペ↓

契約の呪法(通称「赤い紙」)

 半年以上付き合った人限定らしい復縁の術です。

●契約の呪法
我が恋を過去に
戻せし願い叶え
たら[ ]を奉り
奉らん
[ ]
↑の文章を赤い紙に縦書きに。[ ]は空白。

最初の空白に生贄(今晩の食事より私の寿命○年などの方が効果大、生贄が大きい程叶う。
苦手な上司等でもOKらしい)最後の空白に自分の生年月日と氏名をいずれも赤いボールペンで。

完成したら文庫本のちょうど真ん中のページにカードを挟み
そのページの四方をご飯つぶでくっつけ袋状にする。
文庫本はタンスなど固定した上に置く.。
成就したら本ごと捨てて。

★効果 生贄によって驚きの復活を果たす。
★注意 悪魔との契約ダカラ復活が叶った後に罪悪感が襲ってきます。
悪魔との勝負が待っています。

139: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/17(土) 18:47:09.60 ID:42FFRPX40
さて、軽めの話を投下
火曜、水曜だけ手伝ってる飲み屋があるんだが、明け方4時から6時の間に必ずドアが少し開く
お客さんからすると後ろになるから、気付くのはカウンターにはいってる俺だけ
最初は何度か確認しに行ったが、毎回誰もいない
おばけでもなんでもいいから、店に来たならお金くらい使っていけと思う

140: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/18(日) 12:10:04.19 ID:FPoiOKQx0
ちょいビビったから投下。

俺のひいじいちゃんが死んで、葬式を終えて火葬場に行ったんだ。夕方くらいだったんだけど他にも火葬場には結構な人がいて、うわ、縁起悪いな~って思ってたんだ。
で、その火葬場の裏に林道があるんだかそこを終わるまでブラブラと親父と散歩してた。
んで前から犬を連れたおっさんが歩いてきたんだ。こんな時間にこんなところで散歩なんて変な奴だなって親父と話しつつ挨拶してなんとなく振り返ったら誰もいない。ビビって走って火葬場に戻ったら他にいたはずの人もいなくて、ビビった。久々に心底怖かった

143: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/18(日) 13:40:47.86 ID:s5dIcUvH0
高層階で風が強くて網戸があいちゃうから、
ガラス戸閉めたら開いた。
今日風強いんだーと思って閉めて、鍵もかけたのにまた開いたw
うちんなか誰もいないw

用事あって自分もうち出ちゃったしあと知らないwww

144: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/18(日) 13:58:39.51 ID:wFl2SN4/0
朝起きたらゴキブリが沢山壁に…

本当にあの時は死を覚悟した

145: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/18(日) 14:04:14.98 ID:dXK6b7e+0
>>144オマエどんだけ汚い部屋に住んでんだよw

146: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/18(日) 14:55:36.49 ID:wFl2SN4/0
>>145
昨日確認したら屋根裏にゴキブリのスポナーがあった
松明おいて制覇したけど

149: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/20(火) 02:12:17.75 ID:fBzeZaqE0
八王子駅に牛女がまた出たって話


ごめん
これ書いちゃだめなやつだわ

151: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/20(火) 15:35:08.76 ID:Hgbyvmmz0
>>149
なんだよ!それw
詳しく教えてクレヨン

152: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/20(火) 18:39:28.87 ID:BYRE6r2P0
>>149
件か?
八王子権現と牛は関係が深い

なんか意味深だな

156: 本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止 2016/09/21(水) 11:22:06.18 ID:FrnTDD3E0
>>149
ミル姐さん
 no title

関連スレ
【おんJ 民が歴代怖い話を分かりやすく解説】 彡(^)(^)「お、コトリバコやんけ! 持ち帰ったろ!」
【世にも奇妙な物語を再現】彡(゚)(゚)「懲役30日!?そんなんでええんか!」