1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:14:00.47 ID:3rruYWaX0
「じゃあ、洗いっこするか」

「よ、よろしくお願いするのじゃ!」

俺と妙に嬉しそうなラーラは湯船から上がると、洗い場でお互いに向き合って座り、タオルでお互いの体を洗い出すのであった。

それにしても、幼いのによく育ってるな。シーほどではないが、数年後にはそれを追い抜くのではないかという程の実り具合である。

ちなみに、石鹸はまだない。「まだ」、というのは近々作成予定だからである。

「あっ・・・」

と、洗っているとラーラが少し大きな声を上げた。

彼女のお腹あたりを擦ったのだが、どうやら少し敏感な場所だったらしい。
マサツグ様

ワナビ(なろう界)のなんJ民の新しいおもちゃ



転載元
http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1476861240/

 
2: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:14:31.64 ID:kl0Yb4t90
ゾッ帝より酷いやん

3: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:15:09.71 ID:NacIgfUm0
マサツグ様ロリコンかよ

4: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:15:12.27 ID:Xx+LIcno0
ミヤモト民の嫉妬見苦しいぞ

5: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:15:17.92 ID:Pjah85DNa
ノクターンでやって、どうぞ

9: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:16:12.12 ID:fdIkM7j0a
こういう官能小背もありやろ

12: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:16:16.96 ID:Pjah85DNa
とうとうエロを導入か
コメントもなにも貰えない絵描きじゃないんだから

15: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:17:07.33 ID:7plrlLMOa
>>12
結構前から更新してないで

19: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:18:39.58 ID:Pjah85DNa
>>15
書いているのをミヤモトに見つかったんだっけ?

13: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:16:50.40 ID:3rruYWaX0
何せ二人とも、存在するのが奇跡と言って良いくらいの美少女だからなあ。

エリンは、ハイエルフで唯一生き残ったお姫様だ。
ほっそりとしていて、どこか幻想的な雰囲気を持っている。
そんな彼女が背中まで伸びた美しい金髪と白磁のような真っ白な肌を、今はお湯にしっとりと濡らし、肌をやや薄桃色に色づかせているのだ。
神の造形と思われる完璧な容姿と、まだ完成する前の未成熟な身体が相まって、そのことが逆にとても12歳とは思えない美しさと色気、そして背徳感を醸し出している。

一方のシーは対照的な美少女だ。
身長も160cmくらいで俺より少し低いくらいだが、ともかくスタイル抜群、容姿端麗を絵にかいたような存在である。
優しい水の色をしたロングヘアーと同系色の瞳が柔らかく、優しそうで、常におっとりとした雰囲気をしている。エリンとは逆に実ったそれは抱きついた俺の身体で柔らかくたわむ。
文字通り女神様といったところだ。

23: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:19:10.32 ID:6+UoNOwj0
>>13
シーは10万年生きてる精霊王なのになんで孤児院に入ってるんですかね?

47: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:22:30.62 ID:on0e0OFJ0
>>13
だからなぁ←この口調キモすぎるやろ

傲慢さが滲み出てる

163: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:35:56.26 ID:ZtFqjBYid
>>13
身長チビすぎて草
あっ(察し)

320: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:52:00.43 ID:YlxMVysnd
>>13
水のような色の髪ってなんや

467: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:02:42.76 ID:+qsqfRpYa
>>13
チビツグで草

479: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:03:35.61 ID:FPdN8fKJ0
>>13
マサツグさまwwwちっさwww

731: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:27:49.33 ID:L1aB78RYa
>>13
165くらいか

892: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:01.82 ID:Fdw0BxKt0
>>13
マサツグ様160cm前半とかやっぱ陰キャやな

18: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:18:03.13 ID:3rruYWaX0
そう言って顔を赤らめ、大事な部分を手で隠しながら、魔王ラーラが現れたのである。

ラーラはエリンと同じ年齢の幼い美少女でありながら、魔族ゆえか成長が早いようで、エリンにはない果実を既にたわわに実らせているようだ。
少しつり上がった大きな瞳も、今は照れているのか伏し目がちであり、それが妙に可愛らしい。
悪魔らしい黒い尻尾も困ったように揺れている。
美しい銀髪をしとどに濡らし、それをお湯のせいか照れのせいかでピンク色に染まった白磁の肌へと張り付かせた様子はやけに扇情的でもあった。

20: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:18:40.09 ID:+GwbII0nK
そもそも石鹸て作るもんやないやろ
まぁ大陸のでかい川か塩湖がないとアカンけど

26: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:03.31 ID:OlMckMqSd
>>20
ワイらが使ってる石鹸は天然のものやったんか………

57: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:38.67 ID:+GwbII0nK
>>26
そら作った方が安定供給出来るからの 大陸やと昔は川岸や湖岸から切り出して入手しとったんやで

95: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:28:18.82 ID:vMvchxr60
>>57
息をするように嘘を付くのはNG

39: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:21:38.05 ID:mXr8P9Vn0
>>20
昔は動物の死骸を灰にして洗ってたんやで

21: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:18:43.53 ID:Fsq78vQA0
身長160cmで俺より少し低いくらいってマサツグさん低身長やんけ……

25: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:19:41.23 ID:JKJo2g010
>>21
それな

やっぱり現実世界のマサツグ君はインキャやろうな

576: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:13:33.33 ID:mV5pn7Sg0
>>21
マサツグ君高校生?中学生?

22: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:18:51.87 ID:7O2Ppyuq0
マサツグ様は鏡を見たことがあるのだろうか

24: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:19:18.97 ID:7plrlLMOa
『聖戦士・幻魔獣 LV53 妖鳥・ルナ』
豊満なバストで完璧なプロポーションをしている。

『聖戦士・鍛冶職人 LV43アイリーン・チェンバーズ』
ルナ顔負けの豊満なバストとしなやかな体つきをしている。

『大魔術師 LV50 クーデルカ・シンフィールド』
ルナ顔負けの豊満なバストの持ち主。

『大魔術師・幻魔獣 LV60 死神・シャーロット』
体の年齢は約20歳。豊満なバストの持ち主でサシャに懐いている。

27: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:11.06 ID:Z4TXgM8/a
>>24
ケモナーかよ

36: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:21:24.83 ID:t+HoIytJd
>>24
ボジョレーのあれみたい
1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年「2009年と同等の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

70: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:25:22.02 ID:0PIbWMAX0
>>24
熱い豊満なバストへのこだわり

78: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:26:12.17 ID:k3r6wgiY0
>>24
豊満なバストしか個性がないんやな

85: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:27:10.62 ID:7BYrfw8kd
>>24
ニンジャスレイヤーかな

252: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:45:30.78 ID:VCWiNbZ0d
>>24
ニンスレか何か?

28: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:19.10 ID:RS78yHwt0
ミヤモト民嫉妬見苦しいぞ

29: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:21.82 ID:Mecm5PR00
またマサツグ嫉妬民がスレ立てとるんか

30: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:27.06 ID:3rruYWaX0
特に俺が彼女の果実の部分や、少しデリケートな部分を軽く洗った時には、唇を強く噛み締めて、漏れそうな声を必死でこらえているようであった。

「嫌なら」

「嫌ではない!」

・・・とのことであった。

うーむ、よく分からん。

とにかく、そうして、俺が彼女の体を洗い終わる頃には、彼女はどこか逆上
のぼ
せたような様子で、荒い息をつくのであった。だが、どこか非常に満足そうな表情だ。

きっと、体が綺麗になって嬉しいのだろう。

ふぅ、一段落だな。

と、俺が一息ついていると、いつの間にかリュシアやエリン、そしてシーが期待する眼差しで俺の方を見ているのに気がついた。

やれやれ、お前たちもだったな。

俺が手招きすると、少女たちは嬉しそうな様子でこちらにやって来るのであった。

お風呂タイムはまだしばらく続きそうである。

40: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:21:43.98 ID:K/3fcZHta
>>30
鈍感キャラかよマサツグ様…

63: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:24:21.75 ID:I9fLIXSNM
>>40
一人称のエロ視点で鈍感なのは草

44: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:22:19.52 ID:yDkMEWtNa
>>30
主人公のやましいことなんか全然考えてませんよっていうスタンスがキモE

60: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:47.89 ID:5GwPP++20
>>30
果実の部分っていう表現がきもい

67: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:24:54.73 ID:4z8VfkWTr
>>30
キモすぎて草

69: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:25:19.60 ID:on0e0OFJ0
>>30
こういうのってハーレムものの主人公が鈍感だからこういうキャラにしたのか
それともキモオタのスタンスとしてハーレムではやましいことは考えてなくすっとぼけた上で相手が興奮しているシチュエーションがすきなのか
どっちなん?

610: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:16:18.80 ID:on0e0OFJ0
>>69に誰か答えてクレメンス

619: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:16:57.29 ID:8q3MYPtM0
>>610
後者やとおもうで

643: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:19:01.00 ID:K9cEq2Db0
>>610
紳士な自分が好かれる妄想なんやから後者やろ
作者自身は勃起しながら書いてそうやけど

652: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:19:44.75 ID:DyKhPYGHa
>>610
一方的に愛されたい&ハーレムにしたいからやないか?

こっちが愛さなくても無条件に愛してくれる存在がいっぱいおって、最終的には「そんなつもりなかったけどそこまで言うなら責任取って全員愛すルート」に行くつもりやったんやろ

691: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:23:52.11 ID:wZpSniqfM
>>610
To LOVEるとか他のハーレムもんみても
後者ちゃうか

636: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:18:17.02 ID:nAFOHafY0
>>69
やれやれで済ますのが楽だからな

91: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:27:51.75 ID:k3r6wgiY0
特に俺が彼女の果実の部分や、少しデリケートな部分を軽く洗った時には、唇を強く噛み締めて、漏れそうな声を必死でこらえているようであった。 

「嫌なら」 

「嫌ではない!」 

・・・とのことであった。 

うーむ、よく分からん。 

とにかく、そうして、俺が彼女の体を洗い終わる頃には、彼女はどこか逆上 
のぼ 
せたような様子で、荒い息をつくのであった。だが、どこか非常に満足そうな表情だ。 

きっと、体が綺麗になって嬉しいのだろう。 

ふぅ、一段落だな。 

と、俺が一息ついていると、いつの間にかリュシアやエリン、そしてシーが期待する眼差しで俺の方を見ているのに気がついた。 

やれやれ、お前たちもだったな。 

俺が手招きすると、少女たちは嬉しそうな様子でこちらにやって来るのであった。 

お風呂タイムはまだしばらく続きそうである。
>>
>>30 
そらこんなのクラスメイトの前で開示されたら更新止まるわ

339: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:06.68 ID:wCpMFJ5l0
>>30
キモすぎて草

461: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:02:04.34 ID:kFvemXyi0
>>30
なにをどうしたってこんなんキモいけど
一人称視点で語ってて「エロ目線は一切ない、そういう発想にすら至らない」というシーンなら
「果実の部分」なんていうエロ向け表現したらアカンわ

もっと淡々と人体としての表現せんと

804: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:01.24 ID:/fWHGwdt0
>>30
果実の部分って表現が鳥肌立つほど気持ち悪い

31: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:37.87 ID:fBWVEBq/0
実妹との洗いっこシーンからシリアスにスムーズに繋げる西尾維新ってやっぱすごいわ

32: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:42.65 ID:59dQPVjK0
syamuさんっぽい
でも人を害しようというところは全然似てない

33: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:51.20 ID:gw5DeTLMd
マサツグ様の闇深過ぎやろ
世が世なら魔王やぞ

54: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:27.14 ID:3levx0vD0
>>33
現に魔王級の台詞吐いてるんだよなあ

34: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:20:52.33 ID:iB17ggt3d
syamuの方がマシとかこの作者人間じゃなさそう

35: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:21:08.62 ID:w1g6MXWH0
さっさと作れやマサツグなら石鹸くらい一瞬やろ

37: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:21:31.68 ID:Pjah85DNa
マサツグは色々嫌いだけど言ったことを即覆してブーメランするところは憎めなくて好き

41: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:21:50.56 ID:7plrlLMOa
守る(改)とかいうクッソ適当なスキル名すこ

43: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:22:17.62 ID:K+/NoJx+0
マサツグくんの現実のほうが非日常感ありそう
こんなやつめったにいないで

45: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:22:19.95 ID:cvctg46Ba
これゾッ帝のがマシやろ

52: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:14.21 ID:mXr8P9Vn0
>>45
正直ゾッ帝面白かったわ

48: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:22:57.23 ID:zDRPzjoE0
ライトノベルもこんなもんやろ

49: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:22:57.64 ID:DyKhPYGHa
一般的ななんJ民よりマサツグ様の方が圧倒的に陰キャ度高いやろな
煽りカス、チンフェチア貧困炎上民くらい現実の満足度ヤバいやろ

50: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:03.35 ID:th9A6p5X0
初霜、弄るぞ

65: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:24:33.84 ID:rYKRaaN/0
>>50
こっちのほうが文才あるわ
イジメ描写のリアル感はマサツグ様やけど

55: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:29.50 ID:on0e0OFJ0
ミヤモトがスレ建てているという風潮

56: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:35.83 ID:4q4LDehwa
文章はそれなりに書けるから健常者だと思ってたけど
恥という概念があまりにもなさすぎてガイジなんかと疑う

58: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:23:39.44 ID:xWiGqgacr
だから虐められるんだよまさつぐ

68: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:25:16.30 ID:7plrlLMOa
第1条 双方は互いへの武力を用いた攻撃や威圧、その他行為の一切を禁止する。
第2条 これを破った時は、相手からの損害賠償請求に誠実に応えなければならない。
第3条 この条約の期間は5年とし、双方からの申し出がなければ自動的に更新する。本条約を破棄する場合は、遅くとも半年前には申し出ること。
第4条 この条約文書は2部作成し、それぞれに血判を押したうえで、双方が一部ずつ保管することとする。
第5条 本条約の効力は双方が血判を押印した段階で開始される。
第6条 本条約の解釈に疑義が生じた場合は、双方が協議して確認するものとする。


ふむ、なるほどなぁ・・・。
「うーん、これじゃあ結ぶことはできないなぁ」

「!? ど、どうしてでしょうか!?何かマサツグ様に不利な条文がありましたでしょうか!?」

「いや、そうじゃない。そうじゃないんだけど・・・分からないかなあ? そこが分からない限りは、条約を結ぶのは難しいぞ?」

「な、何卒その問題の箇所を教えていただけないでしょうか!? なんとかマサツグ様と条約を締結したいのです。国を挙げて努力致しますので!」

「じゃあ、ヒントだ。第2条と第3条の間に条文が一つ足りないぞ? これでわかるだろう?」

「え!?す、すみません。わかりません・・・」

「それが分かるまでは条約の締結は保留だ。これは俺と条約を結ぶために、お前たち魔王国が自分たち自身で気づく必要がある試練のようなものだ。わかったらまた来るといい」

94: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:28:15.41 ID:mXr8P9Vn0
>>68
わからん

165: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:03.99 ID:R8h7PDyR0
>>68
見当もつかん

456: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:01:37.69 ID:Sy0Gmo/md
>>68
これなんだったん?

651: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:19:42.78 ID:6YmQUkxTa
>>68
ふむ。

71: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:25:39.67 ID:3rruYWaX0
石鹸作り↓



そのために、俺は油と重曹を購入し、綺麗な水をシーに魔法で出してもらったのだ。

石鹸作りは割と簡単で、極論すればそうした自然にある天然の素材を混ぜて温めれば完成する。

小学生の頃の自由研究様様だな。

・・・しかし、俺は今、予想だにしなかった恐るべき敵に出くわしていたのだった。

「ご、ご主人様、そ、そのフワフワで幸せな匂いがする平べったい存在は一体何なんですか!?」

「マ、マサツグ様、もう、もう出来上がりですか!? お、お皿の用意はできてますよ!!!」

「はちみつも用意できてるよ~。早く早く~」

「そ、そなたたちヨダレ垂らしすぎじゃ! はしたないぞ!!!」

「「「ラーラちゃんもでしょ!!」」」

そう、今や石鹸は、美味しそうな「ホットケーキ」へと生まれ変わろうとしていたのである。

89: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:27:31.34 ID:4z8VfkWTr
>>71
WWWWwwwwwwwww?????wwwwwwwww

101: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:29:05.50 ID:ck5MDVgy0
>>71
現代かな

118: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:31:06.43 ID:w1g6MXWH0
>>71
これはちょっと面白かった

121: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:31:10.76 ID:bg7rU5l+a
>>71
重曹はあるんやな

217: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:40:39.31 ID:A44WxhC90
>>71
動物の脂と灰で石鹸作れるんやけどな
紀元前には既に石鹸あったんやし

228: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:41:37.01 ID:AzU/KqM00
>>71
必ずヒロインこの順番で喋るな

302: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:50:37.95 ID:U0cCIOpLd
>>71
やっぱこいつ文才あるわ

73: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:25:45.04 ID:NF3uEB2i0
イジメシーンは鬼気迫るものがあるけど風呂エロシーンはあっさりしてるな

80: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:26:35.59 ID:7cy8tW5xa
>>73
そら経験があるほうがリアルに決まっとるよ

86: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:27:11.98 ID:BnwyV2hc0
>>80
マサツグ童貞疑惑か

115: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:30:43.81 ID:7cy8tW5xa
>>86
疑惑というか確定だろほぼ
童貞で現実世界で女との関わり合いがないから自分より年下のしかも孤児設定の自分以外に頼るものがない状況=マサツグ様に嫌われたら終わりみたいなキモい女を生み出してしまったんや

88: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:27:31.31 ID:DyKhPYGHa
>>73
ゼロから生み出すのは大変なんやろなあ

76: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:26:02.99 ID:WL71D7kXr
マサツグ、弄るぞ

77: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:26:07.98 ID:DyKhPYGHa
乳首舐りスライムを絶滅させたマサツグ様素敵

79: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:26:30.15 ID:OGkra8cPr
なぜなんJ民はガイジに吸い寄せられるのか

87: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:27:21.54 ID:IpVjlLGqa
>>79
下を見て安心したいからしゃーない

863: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:38:25.17 ID:HrPkBvJm0
>>79
この表現草生えまくる

81: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:26:40.22 ID:LFZrKIP6r
まさつぐは異世界行った設定らしいが性欲は元の世界に置いていったの?

82: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:26:44.92 ID:fbWiWtXna
「うーむ」とか「ふむ」はやめればええのに

116: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:30:52.90 ID:6d1ebSA20
>>82
ふむ、やはり童貞には理解できんか。

984: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:47:56.02 ID:KEsflVicp
>>116
童貞?なんだそれは…?

158: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:35:36.36 ID:YKuaV4YKd
>>82
うーむ、童貞には早すぎたか…

93: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:28:10.11 ID:gAY4PIIa0
「…もう、潮時のようですね」
ぽつりと、そう漏らしたのはエルフの女王エリンだった。エルフ特有の綺麗な瞳には憂色だけが浮かんでいる。
「マサツグ様、これ以上あなたにお仕えすることはできかねます」
「エリン、なにを言ってるんだ…?」
彼女の唐突な申し出に俺は呆気に取られてしまった。するとエリンのとなりに控えていた魔王、ラーラも口を開く。
「わしもじゃ。最近のマサツグ殿の振る舞いは目に余る」
「振る舞い、だと?」
一体こいつらはなにを言ってるんだ。俺の振る舞い? なにか悪いことをしたか? いや、していないはずだ。なのに、どうして。
混乱する俺に構わず、彼女たちは話し続ける。今度は精霊の神、シーだ。
「いくら元いた世界でいじめられていたとしても~、それだけの理由で彼らを殺してしまうのはやりすぎよ~」
嗜めるような声を聞いた瞬間、俺の中で何かが弾けた。
「お前に、何がわかる!」
突然叫んだ俺にシーたちは身を竦める。それを見てわずかに心が痛んだが、しかしもう止まらなかった。
「あのクズどもにいじめられていた俺の気持ちがお前にわかるのか! 毎日毎日毎日毎日毎日からかわれて殴られて馬鹿にされて…ここでようやく力を得たんだ。復讐に使って何が悪い!」
息荒く喋り終えて、ふと気づく。エリンやラーラ、シーが俺を見る冷めた視線。それは、元いた世界で俺がミヤモトたちから向けられていた視線と同じものだった。
その時、視界の隅にある少女の姿が目にはいる。
「り、リュシア…」
救いを求めるように、俺は彼女へ手を伸ばす。しかし、
「…すみません、ご主人様」
リュシアは俺の手から逃れるように一歩下がった。まるで、汚物をみるかのような目で俺を見ながら。ぴしり、と俺の中で何かが砕けた音がした。
「なん、で…! なんでだ! お前ら全員俺が救ってやったじゃねえか! 俺がいなけりゃなにもできなかったくせに、それなのに!この俺を捨てるのか! この無能ども!」
「ご主人様は…変わってしまいました」
悲しげに呟くリュシア。しかし、意味がわからない。俺が変わった? そんなけない。俺は昔から変わらない。そのはずだ。そのはずなのに。
「そこまでだ」
半ば無意識でリュシアへ歩み寄ろうとした俺の前に、突如一人の男が躍り出る。それは、そいつは、俺が何よりも思い出したくない存在だった。
「…ミヤモト?」
「久しぶりだな、マサツグ…」
俺を見下ろし、ミヤモトは悲しそうに笑った。

120: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:31:08.54 ID:OQbJFW/n0
>>93
やったぜ。

140: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:50.86 ID:koqnwmu0M
>>93
これ原作読んでへんと書けへんやろ
読んでるって時点ですげーわ

173: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:46.02 ID:g+RGlb+qr
>>93
こっちのほうが面白そう

177: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:37:01.27 ID:6byrDg/lM
>>93
本当にこの展開だったら書籍化までいったかもね

262: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:46:19.20 ID:ImNV0f1Yd
>>93
マサツグ様発狂したのち覚醒しそう

300: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:50:28.83 ID:yVdkVErHp
>>93
読者はストレスに弱いことをお忘れなく

316: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:51:26.92 ID:NbgEnFFJd
>>300
少しでも主人公が不利になる展開がある場合は注意書入れないとダメだってマジなん?

319: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:51:56.12 ID:3Sf5ckjm0
>>316
んなこたぁない読まれなくなるだけ

423: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:59:27.42 ID:kNykgecI0
>>93
この展開なら読みたい

432: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:59:55.93 ID:JEv8PXtO0
>>93
面白そう

535: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:09:15.44 ID:XH/nRWtu0
>>93
こっから魔王マサツグとして君臨する方が面白いやろ

96: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:28:22.51 ID:7plrlLMOa
「奴隷商! この少年を買おう。いくらまで値段を下げる?」

「旦那様! ありがとうございます!! それでは240ゴールドではいかがでしょうか?」

 この奴隷商はまた値段を吹っかけているのだろうか?
 250ゴールドから10ゴールドしか下がっていない。

「100ゴールドで買おう。良いな?」

「100ゴールド!! またまた、旦那様。いくら何でもその値段で売る事は出来ません、他にも奴隷を買って頂けるなら、その奴隷の値段を100ゴールドにしましょう」

「よし、それで良いぞ」

 俺は更にゲルストナーに奴隷を選んで貰った。
 ゲルストナーが選んだ奴隷の中には犬耳の獣人も居た。
 しばらく奴隷を選定していると、最終的には7人の奴隷が残った。

「7人で幾らになる?」

「2100ゴールドです」

 7人で2100ゴールドか……。

「よし、2000ゴールドで決まりだな」

「旦那様は交渉がお得意ですね。わかりました! 2000ゴールドでお譲りします。それでは奴隷契約書にサインをお願いします」

100: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:29:03.13 ID:K/3fcZHta
>>96
交渉が得意とかクソ皮肉られてて草
算数もできんのか

105: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:29:22.09 ID:Pjah85DNa
>>96
これは馬鹿キャラだからこうなったのか
マジで算数出来なかった結果なのか
この部分だけじゃ判断に困るな

110: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:29:58.35 ID:4z8VfkWTr
>>96
ガバガバ交渉すき

130: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:32:54.17 ID:ekIyEjIc0
>>96
交渉()も酷いが最後の奴隷契約書がより酷い
何で自分から奴隷になんねん

133: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:32:59.12 ID:D6n9tfPO0
>>96
ぼったくられてて草

143: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:58.84 ID:A44WxhC90
>>96
ショートショートみたい

342: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:15.30 ID:ZnIDDCTT0
>>96
時そばみたいなもんか?

698: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:25:09.55 ID:XkDkg5WPa
>>96
これ奴隷商が主人公なんか?

98: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:28:24.41 ID:6KQmll1hd
ロリコン魔王マサツグを異世界転移してクラスでいじめる話って小説できそう

108: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:29:52.10 ID:OkV5SXZ7d
>>98
(ノンフィクション)

230: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:41:47.25 ID:Z3o5mfIF0
>>98
みたい

103: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:29:19.61 ID:oGIHwamX0
マサツグはこの小説消さないのか
なんjで晒されるとか恥ずかしすぎて死ぬレベルやろ

104: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:29:20.13 ID:MEu/gpJk0
マサツグ様が低身長ってのは新たな発見やな…

マサツグ様自身の描写も知りたいわ

111: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:30:15.28 ID:HEdg3A8n0
オメガ文学は全コピーの晒しスレが立ちまくったのにマサツグ様はないな

113: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:30:37.18 ID:e5iBoU+zp
この辺のネット投稿のクソ小説を読もうと思う奴が分からん
普通の小説でさえ読むのしんどいのに誰のチェックも入ってない駄文読んで掘り出してくる奴凄いわ

127: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:32:41.10 ID:rYKRaaN/0
>>113
ランキング上位の作品なだけやろ?
なんj民は読むより晒したろの精神だとは思うけど

117: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:30:52.96 ID:gAY4PIIa0
夜桜先生は小説がクッソつまらん事以外はとくに弱点がないから

119: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:31:06.91 ID:dpbbIo/ba
なろうは著作権があるからここに載せてる人らは捕まるんで
よろしくな

123: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:31:51.70 ID:7cy8tW5xa
>>119
マサツグ更新とまってるぞ

167: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:14.71 ID:dpbbIo/ba
>>123
そういう問題じゃないだろ
捕まってから後悔するのは君らだぞ

192: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:38:47.98 ID:JKJo2g010
>>167
マサツグ君更新はよ!

198: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:39:30.78 ID:dpbbIo/ba
>>192
はあ…
マサツグ君に嫉妬するのは勝手だが
後悔するのは自分たちなのに…

211: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:40:12.01 ID:bjLyPDU10
>>198
このやれやれ感が最高にマサツグ

215: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:40:35.75 ID:JKJo2g010
>>198
ガチマサツグ様で草

237: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:43:06.88 ID:Cl1ZSeDcd
>>198
宮本くんにイジメられない?大丈夫?

241: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:43:58.74 ID:RtH6My1+0
>>198
おいマサツグとっととパン買ってこいよ

122: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:31:20.33 ID:1h+feijyK
心が傷む

124: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:31:53.58 ID:3rruYWaX0
「その通りです。私が死んだらエルフ王家の血が絶えるところでした。
生き残れたので子供を産んで増やさないといけません。
それは別に人種はエルフじゃなくても良いのです。でも、できればマサツグ様のように、力があって、守ってくれて、優しそうな人が良いかなぁ、なんて・・・」

そう言って俺の方をチラチラと目配せしてくるが・・・、

「それは大変だな。だが、気持ちは嬉しいが、今は俺に助けられたから動転してるんだろう。それにまだエリンは幼い。
また大人になるにしたがって冷静になり、気も変わるだろう」

「動転なんかしてません! それに、もう子供だってつくれます!! 本気なんです!」

「いや、吊り橋効果ってやつだろう。それにまだ君は幼い。大人になればわかるさ」

「それって・・・大人になったら結婚して頂けるということですね?約束ですよ!」

「え? いや、別にそういうことじゃ・・・」

「結婚は10000年を超える霊樹の前で精霊婚で、子供は一族復興のためにいっぱいつくって・・・うふふ」

そんなエリンに向かって、隣でおとなしくしていたリュシアが声をかけた。

「あの、エリンさん、ご主人様のお嫁さんには大人になったら私がなる約束をしてるんです。エリンさんはダメです!」

「そ、そんな。私だってマサツグ様と結婚したい! それに私だって大人になったらOKって言ってもらったもん」

「だめったら駄目です! 私が先に、大人になったらお嫁さんにしてあげる、って言ってもらったんですから!」

「やだやだ、私も結婚してもらうんだから!」

やれやれと俺は頭を抱えるのであった。

129: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:32:45.50 ID:kY08b5ST0
>>124
ヒエ~

134: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:14.39 ID:LC8NZnuA0
>>124
最後の一文は読者の感想なんだよなぁ...

137: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:38.38 ID:1RiSlYSE6
>>124
マサツグキモ過ぎやろ

142: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:54.34 ID:5GwPP++20
>>124
なろうって結局全員と結婚するよな

150: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:34:37.07 ID:rYKRaaN/0
>>124
キモすぎてこっちが恥ずかしい
推敲しないで上げるのやめろや

169: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:17.56 ID:LCAMM385a
>>124
現実世界では誰からも結婚求められることなく一生終えるんやろなあ

749: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:28:49.06 ID:kYufGnY30
>>124
お前さっき俺らのことチラチラみてただろ

131: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:32:57.60 ID:U1cvENc1r
引用の範囲を超えてるぞ
貼った奴ら通報したからな

204: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:39:59.80 ID:JKJo2g010
>>131
マサツグ様で草

803: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:33:57.28 ID:z4K3DCEe0
>>131
親告罪やからマサツグ様に訴えてもらわないと

132: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:32:57.93 ID:Zv6ic7xId
「まあ、仲良くなれそうで良かった。ああそうだ、せっかくなんだからお祝いしよう。みんな、ソーダっていう飲み物は知ってるか?」

俺がそう言うと、少女たちは一様に首をひねる。

ふむ、どうやら、知らないらしい。

この世界には、まだ炭酸飲料が普及していないようだな。

「とても美味しい飲み物ジュースで、簡単に出来るんだ。ちょうどいいから作ってみよう」

俺がそう言うと、クラリッサ以外の少女全員が、

「お、美味しいジュース!? じゅるり・・・っ」

「リュシアちゃん、ヨダレが! でも、気持ちはわかるよ! マサツグ様お手製のジュースだもんね!! きっと、ほっぺが落ちるくらい美味しいよ!!!」

「えへへー、マサツグさんの作るものは、どれも美味しいもんね~。とーっても楽しみ~」

「一流シェフも真っ青の腕前じゃからなぁ。ああ、早くそのソーダとやらを飲ませて欲しいのじゃ!!」

などと言って、はしゃぐのであった。

「おいおい、落ち着け。俺の腕なんて大したことないんだから」

俺はそう言って首を横に振る。

146: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:34:10.73 ID:QmQa/jtCM
>>132
簡単に炭酸ってつくれるもんなのか?

147: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:34:27.57 ID:Zv6ic7xId
>>146
重曹はあるらしいからな

172: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:42.38 ID:z8pRPRw0a
>>146
二酸化炭素を水に溶かすんやろ
息吐いてさ

190: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:38:38.69 ID:4z8VfkWTr
>>132
とても美味しい飲み物ジュースで

ここシャムポイント

135: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:32.21 ID:YIWb/8mi0
ネットでこんなキモい文章書く奴は虐められて当然やろ

136: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:36.43 ID:gAY4PIIa0
マサツグ様はたしか不揃いな4桁×4桁の暗算を一瞬で解いてたゾ

138: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:33:41.62 ID:6byrDg/lM
なろうの作品を読んでる読者は
週刊漫画雑誌の主人公とかには全く共感しないのかね?

145: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:34:07.21 ID:bjLyPDU10
果実がたわわに実るばっかりやん

154: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:35:10.29 ID:Zv6ic7xId
だが、反対に少女たちから、

「うーん、ご主人様には、もう少しご自身の腕前を自覚してもらいたいのですが・・・」

「マサツグ様より美味しい料理を作るシェフなんて、少なくともエルフの国にはいませんでしたよ?」

「そうよ~。私も何万年と生きてるけど、もう二度とマサツグさんほどの人は現れないと思うわ~」

「魔王国復興の暁には、是非マサツグ殿から我が国のシェフたちに料理を教えてやって欲しいのじゃ!!」

などと反論を受けてしまうのだった。

やれやれ。俺としては、ただ少女たちが喜んでくれれば、それで満足なのである。

だから、俺の腕前がプロ級かどうかなど、どうでも良いことであり、興味もない。

そんな訳で俺は、

「さ、それよりも、さっさとサイダー作りを始めるぞ?」

と、あっさりと話題を切り替えようとしたのであった。

160: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:35:44.24 ID:WfikcqK6d
>>154
現実でも料理出来るんかねマサツグ様は

174: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:49.13 ID:NllwO7aYH
>>160
現実では書かれてる事の逆だと思えばええで

181: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:37:14.48 ID:rYKRaaN/0
>>154
こいつやれやれ好きだな

187: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:38:25.80 ID:mbncsNiDa
>>154
自分であっさりとか言うべきじゃないよね
コイツ見てるとシャムが力持った様に見えるんだよなあ

166: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:06.42 ID:Zv6ic7xId
・・・が、そんなやりとりを見ていたクラリッサから、

「そんなにマサツグは料理が上手なの?」

という質問の声が上がったのである。

俺は咄嗟とっさに否定しようとする・・・が、それよりも早くリュシアたちが口を開き、

「そうなんですよ、クラリッサちゃん! ご主人様のお料理をもしも食べたら、その余りの美味おいしさに、もう二度と普通の食事には戻れなるよ!!」

「・・・これが大げさじゃないのが怖いんだよね。宮廷料理でも満足出来ない舌になっちゃうんだから」

「一緒にいるだけで幸せなのに~、世界で一番美味しい料理も食べさせてもらえるなんて~、本当に精霊神冥利に尽きるわ~。10万年以上生きてて良かったって思う~」

「マサツグ殿は本当に多才じゃが、その中でも特にコックの才能はピカイチじゃからなぁ」

などと言って肯定してしまうのであった。

「そうなんだ」

と、クラリッサが俺の方を尊敬の眼差しで見つめる。

はぁ、と俺は溜息を吐つく。

168: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:15.88 ID:OpHzyEZbr
マサツグの恋愛描写が全部楽なあっちから好かれるしかないのは何故

170: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:36:23.82 ID:DyKhPYGHa
マサツグ様より美味しい料理作るやつが現れたらどうなるのっと

189: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:38:33.33 ID:z8pRPRw0a
>>170
マサツグ様に消される

209: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:40:07.47 ID:7O2Ppyuq0
>>170
恐らく能力で料理を極めたのだろう…
能力に踊らされるとは愚かなやつだなと俺は頭を抱えた

243: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:44:17.23 ID:DyKhPYGHa
>>209
能力を使わずに作っていた俺としては、アレが全力だと思われることは少々不本意だった

からの能力活用して相手ションベン敗走

「この子たちが美味しいと言ってくれるなら他の誰にも認められない料理で構わない」で〆までありそう

179: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:37:10.08 ID:RS78yHwt0
マサツグ様はいじめシーン以外はテンプレ一ミリも外れなくてつまらんのがなぁ
畑に砂糖まくみたいな発想の飛躍がもっと欲しいわ

199: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:39:38.60 ID:4DJyEFA60
一言一句をバイブルに載せるべきマサツグ様の有難いお言葉

「イシジマたちの様な凡庸な人間たちの目は、一様に曇っているものだ。愚かで哀れな者たちだが、それでも人間だ。
俺の役目はこうした低位にいる者たちを少しでも学ばせ、マシな人間にすることにあるんだ。
だから、俺はこいつらが分不相応な態度を取っても、怒るのではなく、指導する機会だと思っている。
お前たちが怒る気持ちも分かるが、すまないが俺の意を汲み、許してやって欲しい」

239: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:43:40.34 ID:R8h7PDyR0
>>199
すさまじいな

644: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:19:02.64 ID:QxbcCuDU0
>>199
最終目標が国への指導だったからなあ
さすが神より上位のマサツグ様やわ

206: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:40:05.66 ID:gAY4PIIa0
http://ncode.Syosetu.com/n6339do/1/
 作中にセブンセンスという能力が出てきますが、これは作者が実際に持っている能力を、その名称で表現しているだけなので、そう受け止めてください。世の中の人は、そんなの全然違うよって言うかもしれません。
あくまで「センス」であるので、そういう「感覚」なのです。第6感とはちょっと異なるものだと思うので、そう定義いたしました。私の言うセブンセンスは某マンガのように超絶な戦闘能力を発揮する事は絶対にありえません。
まあ私個人の定義なので気にしないでください。 

>作者が実際に持っている能力
>作者が実際に持っている能力
>作者が実際に持っている能力

あっ・・・(察し)
no title

264: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:46:26.74 ID:NVX1TLrka
>>206
セブンセンスやなくてセブンスセンスやろ

349: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:40.22 ID:A44WxhC90
>>206
これ読む限りは「第七感=人間の本能に根ざすもの」って意味らしいけど
それを五感っていうんや
つまりただ五感をフル稼働させて危険を察知してるだけや

220: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:40:45.97 ID:DJAGTVbDp
陰キャの願望込めて書いてるってところを馬鹿にするのはどうなん
創作なんて基本そういうもんやしスピルバーグなんてもっと全開やん
こいつはやり方が下手なだけ

236: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:42:59.17 ID:AB+c99mpM
>>220
下手やから叩かれるのって当然やん
叩かれたくなかったら上手くなればいい

これ言うとお前は書けるんかよとか言ってくる頭マサツグおるけどな

244: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:44:26.37 ID:rYKRaaN/0
>>220
普通は理性が働いて自己投影の比重が重くなりすぎないように全体のストーリーバランスとるけど
マサツグ様は欲望が120%だから

268: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:46:47.92 ID:4DJyEFA60
>>220
そりゃ多少なりとも願望は入るが
こんな麻薬患者みてーな都合のいい妄想垂れ流さねーよ普通

221: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:41:01.54 ID:oO/MuAGJ0
なろう系が酷すぎてゾッ帝再評価の流れやな

248: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:44:46.91 ID:gAY4PIIa0
異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件

作者:初枝れんげ

カースト底辺高校生の直見真嗣(なおみ・まさつぐ)は異世界からのクラス召還に巻き込まれてしまう。
だが、呼び出した王様から早々に「こいつはへぼスキルしかないから不要」と切り捨てられ、誰もやりたがらない孤児院の運営を押し付けられてしまう。
だが、そんな彼の持っていたスキルはもちろんチートだった上に、なぜか続々と孤児院には不遇だけど可愛い女の子たちが集まってくるのであった。
彼は自分を頼ってくるいたいけな少女たちを「守る」ために、今日も周囲の権力者や権威、かつてのクラスメイトたちを蹂躙しつつ、孤児院の運営にいそしむのであった。

249: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:45:13.88 ID:g08VyeKz0
この孤児院、男の子居るの?

254: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:45:39.89 ID:XKUnHo480
>>249
なぜか来ないのでセーフ

255: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:45:42.87 ID:Jl6PWv9ya
>>249
おらんで

258: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:45:47.89 ID:LrbhHMRx0
>>249
マサツグ様が女以外殺した説

812: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:32.04 ID:jnwcmwCZ0
>>249
男なら正嗣に敵意を向けてしまうやろうから死んでまうんちゃうか?

816: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:59.49 ID:eVTMbTuL0
>>249
そら虐殺よ
女取られるからな

251: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:45:28.44 ID:dpbbIo/ba
まあ、ワイに安価をつけるのは勝手だが後々悲しい目を見るのは君達だぞ
因みに俺はマサツグとは無関係
著作権侵害で通報しておいた、君達のは引用では効かないしな…

260: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:46:00.08 ID:QPuuJATua
>>251
早くネタ出せやマサツグ

275: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:47:43.45 ID:JKJo2g010
>>251
マサツグ様パン買って来い

276: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:47:48.77 ID:TcYGoyFQM
>>251
著作権侵害は犯罪であり、被害者である著作権者が告訴することで侵害者を処罰することができます(親告罪)

295: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:50:06.40 ID:ayaS4TXsd
>>276
堅い表現だとマサツグ様のオツムでは理解出来ないぞ

330: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:52:38.89 ID:dpbbIo/ba
>>276
ふむ
つまり俺がここで晒されている作者の内の一人なら著作権侵害で訴えられると

340: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:07.32 ID:grfDa0NBa
>>330
正体表したね。

354: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:58.18 ID:JKJo2g010
>>330
「ふむ」で草
学校来いよマサツグ

406: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:58:12.04 ID:Cl1ZSeDcd
>>330
マサツグうますぎやろ

422: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:59:26.38 ID:nwz4J3xrp
>>330
なろうに帰属してるはずだならなろう運営通さんと無理やで

257: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:45:44.46 ID:gAY4PIIa0
なお、この時のエリンは恐慌状態で、たとえ誰であっても近づく者に対して無意識に攻撃を仕掛けるような危険な状態なのだが、なぜか俺のことだけは味方だと思ってくれているらしく、こうして抱き付いて来るのである。

「マサツグ様、マサツグ様、マサツグ様、マサツグ様ぁ・・・」

俺だけが心の支えなのだろう。名前を連呼して精神を必死に保とうとしている。

265: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:46:28.51 ID:c43TOBgQd
他力本願の権化カイトと何でも出来ちゃうマサツグ様。どっちがいいのやら

267: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:46:46.84 ID:LC8NZnuA0
これでもマサツグ様の文章はシャムに比べてまだ読めるという現実
ガイジと健常者の違いやな

269: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:47:04.03 ID:owVdExqna
マサツグ様は処女厨だろうな
俺が気持ちよくさせてやるよタイプのゴミ

305: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:50:48.23 ID:3rruYWaX0
>>269


「一体どうしたんだい?」

そう聞いてみる。どうやら、先日まである大商人の奴隷だったが、その主人が暴力を振るうのが趣味だったとのことだ。

それで、よく殴るける、果てはむち打ちの刑にあったらしい。幼かったので性的な部分はなかったみたいだが、劣悪な環境で虐待にあっていたようだ。

で、弱って病気になってこんな顔になったら捨てられたらしい。彼女はここで死を待っていたのだ。

271: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:47:12.16 ID:Zv6ic7xId
俺はフライ返しを使って生地を器用に裏返す。慣れたものだ。

ジュッという音を立てて、うっすらとした狐色の生地が姿を現す・・・と同時に甘い匂いが広がった。

よし、狙い通りの焼き色だな。

すると、それを見ていた少女たちから、

「ご、ご主人様の作るホットケーキ、すごく美味しそうです!!」

「こ、これにハチミツをかけて食べるなんて、きっと美味おいし過ぎて死んじゃいます!!!!」

「はやく食べよ~、はやく~はやく~。封印されてた1000年よりもこの待ってる一瞬の方が長いよ~」

「マサツグ殿は軍師の才能の他にも一流のシェフの才能もあるのか。実に多才なのじゃな!」

という声が上がるのだった。

ふーむ、これくらいの料理でオーバーだなあ。

まぁ確かに地球にいた頃もお店で買ってくるより、俺が作ったものの方が美味いことが度々たびたびあったけど、あれは多分お店の人の調子が悪かっただけだろうからなあ。

今回にしても、きっと単に彼女たちのお腹が特別減ってるだけだろう。

俺はそんな風に思うのだった。

281: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:48:47.82 ID:4z8VfkWTr
>>271
>まぁ確かに地球にいた頃もお店で買ってくるより、俺が作ったものの方が美味いことが度々たびたびあったけど、あれは多分お店の人の調子が悪かっただけだろうからなあ。

ここすき

294: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:49:51.42 ID:+rCJm/aYM
>>281
取って付けたような謎の謙虚アピール

301: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:50:36.51 ID:hOfGDFSEa
>>271
不動の賞賛打順

272: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:47:14.61 ID:oGIHwamX0
ふむ、この世界ではまだ普及していないのか。
まあ無理もない。
↑これ汎用性高いな

509: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:06:07.05 ID:AXv9miEU0
>>272
煽りに使える

273: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:47:27.50 ID:3rruYWaX0
マサツグ様のブックマークの一部↓

クラスでバカにされてるオタクなぼくが、気づいたら不良たちから崇拝されててガクブル

作者:諏訪錦

280: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:48:37.31 ID:gAY4PIIa0
そんな訳で俺は、彼らを一介の人間として取り扱うことに決め、事情を説明させることにしたのである。

「ハエのように喚いているばかりでは分からんぞ? 人の言葉を使って落ち着いて説明してみろ」

そう命令したのである。

俺の言葉にイシジマは一瞬ひどく顔を歪めるが、ぎりぎりと歯ぎしりした後に、ちい! と強烈に舌打ちしてから口を開いた。

「ふ、ふん、なら説明してやろう! そもそも俺がお前にさしむけたのは騎士たちはな、大貴族の嫡男なんだ!! だから、お前ごときが歯向かって良い相手ではな・・・」

「おい貴様!! 無礼だろうが!!!! 頭を下げんか!!!!!」

「んぎいっ!?」

イシジマが説明を始めた途端、いきなりシルビィが奴の頭を地面に押し付けたのである。

土下座どころか、全身を大地に伏せた状態にさせられたイシジマの口からは、豚のような無様な悲鳴が上がった。

283: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:48:51.44 ID:mktuq8Rga
なのであった。
やれやれ。
ふむ、無理もない。

288: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:49:18.75 ID:gAY4PIIa0
「いぎぎぎぎぎ・・・な、何をするっ!?!?」

「お、お前、いきなりイシジマを・・・どういうつもりだ!!」

「そ、そうよそうよ、急に暴力を振るうなんて!?」

「ゆ、許されることじゃありませんよ!!」

他のメンバーからも、動揺しつつではあるが、必死に非難の声を上げる。

だが、

「救世主様が説明をお求めになられているのです。まず、かしずき、それから物を述べなさい。目に余る無礼だったので処罰を与えました」

とシルビィが言えば、

「ご主人様は優しすぎます。この世界の統治者なのですから、礼のなっていない方にはもっと厳しい態度をとられた方が良いと思います」

「マサツグ様に口を開く機会を与えられただけでも有難いことなのに、同じ目線で話そうとするなんて、ありえませんよ」

「マサツグさんはね~、本人さえ望めば神様になれる人なんだよ~? 神様にはね~、頭を垂れることから始めないとダメだよ~?」

などと口々に注意するのであった。

「お前たち、言い過ぎだぞ?」

俺がそう言うと、リュシアたちはピタリと黙って俺の言葉に耳を傾ける。

「イシジマたちの様な凡庸な人間たちの目は、一様に曇っているものだ。愚かで哀れな者たちだが、それでも人間だ。
俺の役目はこうした低位にいる者たちを少しでも学ばせ、マシな人間にすることにあるんだ。だから、俺はこいつらが分不相応な態度を取っても、怒るのではなく、指導する機会だと思っている。お前たちが怒る気持ちも分かるが、すまないが俺の意を汲み、許してやって欲しい」

290: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:49:29.68 ID:3tMJ6Mgd0
リアバレでもしたんかこいつ

299: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:50:22.91 ID:L/I5UY32p
>>290
作品内で蹂躙したクラスメイトにバレたんやぞ

315: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:51:24.73 ID:JKJo2g010
>>299
マ?

317: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:51:43.43 ID:+Kg4L+2H0
>>299
え、それリアルの話で…?

350: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:41.54 ID:Z3o5mfIF0
>>299
不登校不可避

361: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:54:25.64 ID:d/mOTHw7a
>>299
それソースあるん?

372: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:55:08.68 ID:3levx0vD0
>>361
あるわけないだろ

312: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:51:19.22 ID:g08VyeKz0
なんかマサツグ様との関係が「クラスメイト」以外無くても、
「俺以外の男と付き合ってた」とか「ミヤモトと席が隣だった」とか、そんな理由で殺されそう

347: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:30.22 ID:4DJyEFA60
>>312
関係無いクラスメイトに対するマサツグ様の評価はこちら

それはあの軍を率いているはずの、イシジマ、サカイ。そして、ヨシハラ、フカノという、かつてのクラスメイトたちの姿であった。

イシジマが眼鏡をかけた秀才風なのに対し、サカイは体格のでかい威圧感のある男である。どちらも一見優しげな風貌をしているが、時折見せる視線は人を心底小馬鹿にしたものである。

ヨシハラは一見、屈託のない笑顔が武器の元気系少女であり、フカノも正まさにおとなしい感じの深窓の令嬢といった具合だが、
それはあくまで教師や周りに見せるための表の顔で、裏の顔はどちらも親が金持ちの、ヒエラルキーが下の者を見下す性根の腐った奴らだ。

985: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:48:04.95 ID:QxbcCuDU0
>>347
クラスメイト誰一人としてマサツグ側の心配とかしないで敵意剥き出しなの草

324: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:52:07.51 ID:gAY4PIIa0
ちなトリタ君の説明シーン

ミヤモトの腰ぎんちゃくで、弱い奴にはしつこく嫌がらせしてくる、かなり嫌な奴だ。俺もかなり相当しつこくやられたなあ。
暴力を振るわれたり、お金を持ってこさせられたり、ぱしらされたり、人前で笑い者にされたり。何度か死にたい気持ちにさせられた。

348: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:37.07 ID:c8Nu2A2d0
>>324
マサツグ様のやってることそっくりやな
マサツグ様はトリタ君の生きざまをリスペクトしてるんか?

351: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:45.50 ID:oGIHwamX0
>>324
マサツグ大変やったんやなぁ

333: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:52:52.07 ID:Zv6ic7xId
「よし、出来上がりだな! みんな食べて良いぞ!」
俺は完成したホットケーキを少女たちのお皿に乗せて行く。
少女たちが華やいだ声を上げて、ハチミツやバターを慌ただしく塗る。そして、待ちきれないとばかりに一斉にフワフワの生地へとかぶりつくのであった。

「んんんんんんんんん!??!?!?」

「こ、これは、すごいです!?!?!?」

「は~幸せすぎて、昇天しちゃいそう~」

「魔王国で一番のコックに作らせたより美味いのじゃ!」

少女たちの口から絶賛の声が漏れる。

「お世辞がうまいな。だが、さすがに大げさじゃないか? これくらいの料理誰だって作れるだろう?」

だが、俺の言葉に少女たちは目を丸くして、首を横に振ると、

「そんな訳ありません! はぐはぐ! こんなに美味しい料理に出会ったことありません!!」

「私がエルフの王女だった時も、もぐもぐ! これほどの料理を食べたことはありませんでした!」

「私も神話の時代から存在しているけど~、はむはむ、こんなにホッペが落ちそうなのは初めてよ~?」

「魔王国が復興した暁には、むぐむぐ、是非とも国中にマサツグ殿のレシピを広めさせて欲しいのじゃ!」

などと言うのであった。

どうやら食べるのが止まらないらしい。

やれやれ、本当にお世辞がうまいな。まぁ、それでもこんな美少女たちにそう言ってもらえると、嘘でも嬉しいもんだ。

335: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:52:58.99 ID:LC8NZnuA0
マサツグ様の相手って馬鹿にされて発狂してるパターンしかないやん
どんだけ感情の沸点低いねん

344: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:22.47 ID:6WJvk5lh0
「たいしたことじゃないさ」
「たいしたものじゃないよ」
「大げさだな。大したことじゃないよ。さあ、具体化するにはどうしたらいいか考えよう」
「たいしたことないよ。さあ準備しよう。他のアイデアは後回しだ」
「たいしたことじゃないさ。いくら強いからって威張れるようなことじゃないからね。そんなことより孤児院の運営のほうがよっぽど難しいよ。さあ、そんなことよりも、井戸に水を汲みに行くんだろう?一緒に行こう」 

マサツグ様は神的に謙虚

353: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:53:55.73 ID:gAY4PIIa0
イシジマ君紹介シーン

イシジマ・・・。ああ、あの秀才グループか。自分たちの頭が良いことを鼻にかけていた嫌な奴らだ。
イシジマとサカイが男、ヨシハラ、フカノが女だ。普段は優しい振りを表面上はしていて、他の生徒に勉強を教えたりもするので、
教師の受けもよい。また、いわゆる不良グループからも見逃されているという独自のヒエラルキーを築いている。だが、俺は知っている。
彼らは裏では自分たちより頭の悪い奴らをさんざん馬鹿にし、悪い噂を流すような陰湿な奴らなのである。

376: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:55:31.22 ID:JdzVmsbz0
>>353
もはやただのいちゃもんである

379: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:55:49.07 ID:+RkDESek0
>>353
通常外部からは知り得ないし被害妄想やろなあ

385: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:55:59.82 ID:7O2Ppyuq0
>>353
イシジマくんとかいうハイスペック野郎

415: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:58:52.62 ID:c8Nu2A2d0
>>353
これまたマサツグ様そっくりやんけ

451: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:01:14.92 ID:enJXF5Su0
>>353
マサツグ「なんでワイの悪いうわさがクラスで流れてるんや・・・」
マサツグ「こんなこと思いつくのは秀才のイシジマしかいない!イシジマが悪いんや!」

360: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:54:25.55 ID:U0cCIOpLd
でも、実際これだけ読ませる才能があるってことは文豪ってことやろ?

386: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:56:20.41 ID:g4iwtz1J0
>>360
多分このスレで実際に読破した奴なんてほんの数%やで

368: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:54:55.10 ID:6WJvk5lh0
やれやれ、こうやって色々と気を使わないといけないから、なまじ実力を持つというのは大変なのだ。

やっぱり普通が一番だなあ。

まったく、普通だった頃が懐かしいぜ。

俺は自分の力を恨めしく思うのであった。

「やっぱりご主人様は誰に対しても寛容でいらっしゃるんですね」

「マサツグ様らしくて本当に素晴らしいことです」

「シーもすごいと思う~」

「別に当然のことだろう。大したことじゃないさ。さあ、何はともあれ客人なんだ。食べ終わって話を聞くとしよう」

そんな俺の言葉に少女たちは尊敬するかのような目を向ける。

はぁ、やれやれ。

370: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:54:58.46 ID:Zv6ic7xId
さすが謙虚なマサツグは格がちがった


俺が改めてそういった事を言うと、少女たちはなぜか溜息をついて、

「どうすればご主人様はご自身の凄さを理解して下さるのでしょうか?」

「謙虚すぎるというのも考えものですよね・・・」

「多分まだ全然本気じゃないからなんでしょうね~。は~、本当に凄いわ~」

「自然と何でも出来てしまうから、逆に意識できないのじゃろう。うーむ、とてつもないのじゃ」

といった言葉を漏らすのであった。

うーん、一体どういう意味だ?

何はともあれ、俺も食べてみる。

もぐもぐ・・・お、自分で作っておいて何だが、確かにこれはかなり美味いな!!

391: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:56:45.49 ID:W+Ic0cFrr
>>370
謙虚(大嘘)

413: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:58:39.05 ID:6d1ebSA20
>>391
それほどでもない。

382: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:55:57.16 ID:6WJvk5lh0
俺は何も言えず、彼女の頭を撫でてやろうと手を伸ばした。

だが、その瞬間、俺の差し出した手から凄まじい光が迸ったのである。

そして、光が収まった途端、少女が驚きの声を上げたのだ。

「そ、そんな・・・。リザレクションでも無理だった病気や顔の傷、それにムチの跡も・・・全部治ってます・・・」

えっ、どういうことだ・・・? 確かに今の光は俺の手から放出されたようだが。

だがおかしいぞ。俺のスキルは「守る」と「ステータス鑑定」だけのはずだ・・・。いや、確かに(改)とはあったな・・・。

あっ、ステータスを頭に浮かべて、ダブルクリックの要領で意識を集中すると詳細な説明画面が出てきたぞ? なになに?

・・・『周囲の身近な対象をあらゆる意味で守護するスキル。1億年に一人いるかいないかのスキル。選ばれた本当の才能を持つ者にしか発現しない』と書いてあるな・・・。

えっと、つまりどういうことだ? 現世ではつまらない学生に過ぎなかったが、これが本当の俺の実力だってことなのか?

485: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:04:10.11 ID:WmbS4zjn0
>>382 一億年たってこの文明ってどうなの

389: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:56:36.03 ID:JEv8PXtO0
【悲報】なんJ民、なろうスレの見すぎで感覚麻痺

877 名前:風吹けば名無し@無断転載禁止 :2016/10/16(日) 23:41:06.27 ID:lWBPaDhMp
初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりに提督のモノが私の中を動くたびに膣内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。
「うぅっ…あぁ…提督…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…提督も私で気持ちよくなってるんですね…っうん!」
「…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」

905 名前:風吹けば名無し@無断転載禁止 :2016/10/16(日) 23:43:18.14 ID:2rfgKm9C0
>> 877
これ北方(謙三)?

919 名前:風吹けば名無し@無断転載禁止 :2016/10/16(日) 23:44:45.29 ID:gWquOXit0
>> 877
これ司馬遼太郎?

404: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:58:10.03 ID:YDgxMde4p
>>389
これは北の文豪

424: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:59:30.45 ID:UcWRJ9Ha0
>>389
いじるぞ

390: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:56:38.50 ID:6WJvk5lh0
「おい、騒がしいぞ、一体何があったんだ・・・って、テメェは、マサツグ!?」

「な、なんだと!? く、くそ!! どうしてナオミの奴がここに!?」

そう言って建物の角から慌てた様子で現れたのは、様子を見に来たクラスメイトのミヤモト、そしてイシジマであった。

また、後ろからはぞろぞろと他のクラスメイトたちも全員やって来る。

合計で30名いた。

ミヤモトはいじめっ子の主犯格であり、イシジマは表の顔は秀才、裏では人を陰湿な方法で蹴落として来た屑野郎である。

そんな二人が俺の姿を見るなり、敵愾心てきがいしんもあらわに睨み付けて来たのだった。

更に、他のクラスメイトたちも、俺をまるで親の仇のように見つめてくる。

だが、俺としては別にミヤモトも、イシジマも、それこそ他の者たちにも、特段思い入れはない。

格下の相手では張り合う必要もないし、会話をするだけ時間の無駄だろう。

俺はそう判断して、なぜかこちらを睨み付けて来る彼らを完全に無視すると、まっすぐに城内部へと通じる扉へと向かおうとしたのであった。 



思い入れのないクラスメイトほんと草

392: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:56:49.68 ID:p/6ZrMLEd
お前らが絶賛するマサツグ様のいじめ描写貼れよ
スレ追うと毎回人物紹介だけでいじめ描写には触れられてないから気になってしゃあないねん

407: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:58:12.32 ID:W+Ic0cFrr
>>392
「んぎいいいいいいいいいいいいいいいいい」とミヤモトがまたしても金切り声を上げた。

一方で、俺のその剣技を見ていた少女たちから感嘆の声が上がる。

「ご主人様、すごい・・・。太刀筋が全然見えません」

「聖剣をいきなり使いこなすなんて・・・。もしかしてマサツグ様は勇者様でもあったんですか!」

「勇者どころじゃないよー、神様にだってなれるんだからー」

「ち、ちくしょう! 返せ! 返せよ! 俺の聖剣を返せ!!」
そう言ってミヤモトが泣きじゃくりながら俺に迫ってくる。

「いや、もちろん返すさ。ふう、まるで俺が弱い者イジメをしたみたいに思わるじゃないか。そうだ、ちゃんと説明しておこうじゃない。皆さん! 俺はいじめをしてるわけじゃありませんよ!!」

俺はそう言って周りにイジメではないと大声で説明をする。

「や、やめろよ! 俺はイジメなんて受けてる訳じゃねえ!い、いいから返せよ!」

「だからそう言ってるんだ。いじめなんて最低の行為を俺はしてる訳じゃないから。周りの人たちにも言っておかないと。皆さん! 断じて俺はミヤモト君をイジメて泣かせた訳ではありませんからね!」

「うわあ! やめろよおお!!」と俺を制止しようとしてくるミヤモト。

435: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:00:02.35 ID:hxJhnbhG0

「ち、ちくしょう! 読むな! 読むなよ! 俺の作品を読むな!!」
そう言ってマサツグが泣きじゃくりながら俺に迫ってくる。

「いや、もちろん全部読むさ。ふう、まるで俺が弱い者イジメをしたみたいに思わるじゃないか。そうだ、ちゃんと説明しておこうじゃない。皆さん! 俺はいじめをしてたわけじゃありまんよ!!」

俺はそう言って周りにイジメではないと大声で説明をする。

「や、やめろよ! 俺はイジメなんて受けてた訳じゃねえ!い、いいからやめろよ!」

「だからそう言ってるんだ。いじめなんて最低の行為を俺はしてた訳じゃないから。読者の人たちにも言っておかないと。皆さん! 断じて俺はマサツグ君をイジメて泣かせた訳ではありませんからね!」

「うわあ! やめろよおお!!」

441: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:00:23.95 ID:Cl1ZSeDcd
>>407
マサツグ様どんなイジメをされたんやろ…

455: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:01:24.96 ID:wBCQXKzWd
>>407
どんだけイジメって言葉だけに過剰反応してんねん

507: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:05:57.65 ID:d1cVDeq60
>>407
これ一番闇がみえる

543: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:09:56.09 ID:TcYGoyFQM
>>507
宮本にゲームかなんか取られたんやろな

437: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:00:12.19 ID:4DJyEFA60
お前らが絶賛するマサツグ様のいじめ描写貼れよ 
スレ追うと毎回人物紹介だけでいじめ描写には触れられてないから気になってしゃあないねん
>>
>>392
だが、俺はそんな風に哀れな姿で喚わめく輩やからたちを丸で相手にせず無視すると、泥と土、そして煤すすにまみれて真っ黒となり倒れ伏した、あたかも打ち捨てられたゴミの如き状態のイシジマに近づいたのである。

そして、持ってきていた薬草を、大量に彼の口の中に無理やり突っ込んだのだった。

「うぐんんんんん!?!?」

イシジマが虫の息だったところに薬草を口に入れられ、呼吸が困難になったために、反射的に吐き出そうとするが、俺はそれを許さずに、奴が口を開けないよう顔面を無理やり地面へ押し付けたのである。

「ぐふう!?!?!? んぐううううううううううううう!!!!!」

息が苦しいのか、イシジマは地面へと押さえつける俺の手を必死に外そうと這いつくばったままもがき苦しむ。

だが、俺に敵かなう者がいる訳もない。

イシジマは虫のように手足を激しく動かすだけで、俺を微動だにとも動かすことは出来ないのであった。

464: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:02:21.04 ID:p/6ZrMLEd
>>437
これ初めて見るけど本当酷くて草

雑草食わされたんかマサツグ様

504: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:05:50.87 ID:kFvemXyi0
>>437
「丸で相手にせず無視すると」の部分はニュアンス被る言葉が続いてるし
あえて被らせて強調する効果もないのでシンプルにしたほうがええわ

あと「微動だにとも動かすことは出来ない」てなんやねん

403: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:58:09.55 ID:6WJvk5lh0
「はぁ、分かった分かった。聞いてやるから大声出すのをやめてくれ。本当に恥ずかしいんだよ。で? 許さねえって、お前みたいなゴミが何をどうするってんだ?」

俺は哀れになってついミヤモトに問いかけてしまう。

すると奴はぎりぎりと歯ぎしりを立てながらも何とか気分を落ち着けて話そうとする。

「へ、へへへ、マサツグ、てめえ、後悔するぜえ! お前の能力は何だったかな。そう、確か「守る」だろ? かーはっはっはっは。低レベルの戦士でも持ってるカススキルじゃねえか。まったく同情するぜ!」

はあ、と俺は何も知らない奴の哀れさにため息を吐つく。

少女たちも顔を見合わせて「何言ってるんですかこの人は?」と一様に呆れた表情を浮かべている。

そりゃそうだ。なんて言ったって、俺のスキル「守る(改)」は1億年に一人いるかいないかの超絶レアスキルなんだからなあ・・・。

知らないにしてもマヌケすぎるぞ、ミヤモト・・・。

っていうか、そんなことより、ともかく前置きが長い!また話が脱線してやがる。いい加減学んでくれ。どんだけ馬鹿なんだよ。

「はあ、なあ、ゴミ。いいから早く話を進めろカス。蛆虫の戯言に付き合ってる暇はないんだよ。一回だけしゃべるチャンスをやるから、脱線せずに頑張って説明って奴をしてみろ。まあ、猿以下の知能じゃあ難しいかもしれんが・・・」 


マサツグ様すごいクズ

431: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:59:47.22 ID:EClkd+iGd
>>403
そりゃそうだ。なんて言ったって、俺のスキル「守る(改)」は1億年に一人いるかいないかの超絶レアスキルなんだからなあ・・・。


メチャクチャ頭悪そうな描写
見ててめまいがする

411: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:58:23.27 ID:A44WxhC90
マサツグ様はミヤモトのセリフとかイジメの描写はリアリティあるのに
肝心の女の子との会話シーンはアニメにありそうな違和感アリアリのやりとり
あんまり女の子と接したこと無いんやろうなってのが伺える

438: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:00:14.12 ID:6WJvk5lh0
>>411
「さ、帰ろう。っていうか聖剣とかより、お前たちが買った服のほうが大事だ。せっかく可愛い服を買ったんだから、帰ったら見せてくれよ?」

俺がそう言うと、少女たちは後ろのミヤモトのことなど一瞬で忘却したらしく、俺に嬉々とした様子で話しかけてきた。

「え、えへへ、ご主人様に気に入ってもらえるといいな・・・」

「わ、わたしもマサツグ様に気に入ってもらえるように頑張りました」

「シーもねー、可愛いかったらギューッてしてから褒めて欲しいなー」

「えー!? シーさんだけずるいですよー。わたしもご主人様にぎゅーして欲しいです」

「わたしもー」

こんな調子で俺たちは家路に着いたのである。

モテモテやぞ

421: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:59:24.16 ID:7O2Ppyuq0
投稿者: 結城義成
2016年 08月26日 12時41分 ---- ----

良い点

初期設定の着眼点。

悪い点

1.タイトル詐欺
やってるのは孤児院ではなく、自分の信者である女の子を囲うための施設。
孤児を集めようともしてない。
孤児院の運営しろよ。

2.主人公が、頭オカシイただのクズ
イジメよくないとか言っておきながら主人公がやってることは「力を背景にした恐喝・暴行」「国民を奴隷にして魔族に売り渡した」「国軍を大した理由もなく攻撃した」などと非常識にも程がある。
優等生組を「他人を見下している奴ら」と言っているが、盛大なブーメランである。
「俺なんか大したことないよ」とか「ただの一般人なのに」と言ったすぐあとに「俺は規格外だからな」とか「人類の上位者たる存在」とか平気で言ってる主人公が一番他人を見下している。
そりゃこんな性格してたらイジメられもするわ。

3.守る…?
主人公の能力は「守る」ではなくただのチート。
守るどころか攻撃してる方が多い。
何故か自分の信者も数日で世界最強クラスのステータスになる。

428: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 16:59:44.61 ID:lei+4XCXp
>>421
サンキューユウキ

452: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:01:19.50 ID:Sl8JAdrw0
>>421
>そりゃこんな性格してたらイジメられもするわ。

石直球で草

460: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:02:01.98 ID:rYKRaaN/0
>>421
ぐうの音も出ない正論

469: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:02:48.95 ID:Zv6ic7xId
>>421
火の玉ストレートすこ

468: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:02:46.64 ID:6WJvk5lh0
ミヤモトだ。あのトリタといったクズ連中の親玉である。平たく言えばいじめの主犯格のような奴で、かなり性格の悪い奴で不良だ。逆らえば暴力を振るい、いじめのターゲットにされる。そして、かなりしつこくいたぶって楽しむ趣味がある。

もちろん、イジメ相手には金品を要求する時もあれば、人前で裸にして芸をさせて屈辱を与えて楽しむことなどもある。ともかく相手が傷つくことをさせるのが趣味なのである。俺がターゲットになった時も、それはそれは地獄だった。

タチが悪いのはそういったイジメを、自分で手を汚さず、トリタといった下っ端の取り巻きにやらせている点だろう。



「ご、ご主人様ぁ・・・気持ち悪い人が近寄ってきます・・・」

「え?」
ミヤモトが何を言われたのかわからず、笑顔の表情のままで固まる。それはかなり間抜けな光景だった。

「マサツグ様、何なんですか? このゴミは? ゴミが私たちに話しかけてくるなんて、今日はおかしな日ですねえ」

「なあっ!?」
エリンの辛辣な言葉に、ミヤモトが口をパクパクとした。

シーも口を開いた。
「蛆虫みたいだからーあんまり私たちの視界に入らないようにして欲しいのー。視界に入るだけで不快なのー。マサツグさんさえ見えていればそれでシーは十分なのー」

484: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:04:05.45 ID:H7Zxn900H
>>468
この女共マサツグ君を虐めてる奴等よりやばくない?

498: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:05:11.51 ID:DyKhPYGHa
>>468
ゴミが話しかけるな
視界に入るな

はリアルで言われたんやろなあ

477: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:03:24.01 ID:oOeu0GZDa
ガイジどもこのスレで何を生産してんの?うんこ?

482: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:03:59.14 ID:9Zor8klGp
>>477
そもそもこの板で何かを生産したことなんかないで

506: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:05:57.56 ID:kNykgecI0
>>477
ミヤモト呼ぶぞマサツグ様

480: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:03:39.58 ID:Zv6ic7xId
カラミティ・ドラゴンが棲息するというレブル山脈の麓ふもとへとやって来た。

岩肌の見える荒々しい山肌を見せる高山である。

必要な食料や道具、それに馬車なども、なぜかギルドが用意してくれた。

基本、こういったクエストでは冒険者が自前で準備をするものらしいのだが、シルビィから言わせると、「マサツグ様の場合は特別」らしい。

俺としては「特別扱いはやめてくれ」、と言ったのだが、シルビィからは「特別な方を特別扱いして何か問題ありますか?」と逆に質問されて反論できなかったのである。

なるほど、一理ある。

493: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:04:51.57 ID:9Zor8klGp
>>480
岩肌の見える荒々しい山肌の見える高い山を馬車で登る無能

557: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:11:49.31 ID:yr9g3ArL0
>>493
特別やから余裕やぞ

502: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:05:36.81 ID:EtGQYPrHa
>>480
強い

486: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:04:12.96 ID:6WJvk5lh0
マサツグ様29話
「結局は暴力か。お前たちのような輩やからはすぐにそれだ。話し合いで解決することが出来ない。実のところ頭が悪いんだろうな。やはり机にかじりついているような奴は人格に問題が出る」



マサツグ様66話

俺はうんざりしつつ、玉座へと近づいて行く。

俺を止めようと、数人の兵士がとびかかってきたが、邪魔なので気絶させておいた。

「な、なんじゃ!! 何をするつもりじゃ!!!???」

王が青ざめた顔でそう叫ぶが、俺はかまわずに目の前に立つ。

そうして、そのまま手を伸ばしたのである。

「ひ、ひぃぃぃぃいいいい!!?」

王の無様な声が響くが、俺はそのまま王の首根っこをヒョイ、と掴んだのであった。

「ぐえ」

と言う声が耳に届くが、気にせずに持ち上げる。

そうして、あっさり、ポイッ、と床に投げ捨てたのだった。

ベチャッというカエルがつぶれる様な音とともに、

「ぐひ!?」

という不快なうめき声を上がるが、俺は気にせずに前へと進む。

511: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:06:22.90 ID:grfDa0NBa
>>486
メフィラス星人かなにか?

496: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:05:01.51 ID:gAY4PIIa0
「寄付を待ってるだけじゃだめだな。何か作って売りだそう」

俺はペラリと、木版に書いたリストを見せる。絵本、パズル、チェス、将棋、めんこ、こま、凧、うちわ、といったものが列挙されている。
「こ、こんなに沢山!?」
「すごい!このアイデアだけでひと財産になりますよ!?」

紙がないので切った草に重石を乗せるだけで紙を作りだすマサツグ様

「は~、それにしても茎から紙を作るなんて・・・本当に画期的なことですよ!!ほとんど生産の革命です!!みんなマサツグ様の真似をすれば良いのに・・・」

トリタ登場しかしすでにボロボロ

「ふふふ、笑わせに来たのか?ははははは!駄目だ、こらえれきないぞ!なんだか化け物っぽくなったなあ、お前、くくく」
「うわぁ・・・何だお前、歯も数本しか残ってないじゃないか。何言ってるか全然分からんぞ? 本当に化け物なんじゃないのか?」

どこからともなく家具(椅子)が飛んで来て、トリタの股間を直撃した。玉がつぶれたプチッという音が2つ聞こえたような気がするが聞かなかったことにしよう。

「くずだとは思ってたが、最後は人間ですらなくなったな。ゴミはゴミ箱だが、さて、どうしたもんかな、コレ・・・」

その後トリタの連れの女も蜂に刺される

締めの言葉
評価頂きありがとうございます。執筆意欲が湧きます!

578: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:13:55.49 ID:yr9g3ArL0
>>496
まーたいじめっこが異世界でぼこられてしまったのか

645: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:19:10.34 ID:yooC0CiI0
>>496
一番下
「その後トリタの連れの女も蜂に刺される」でサラッとまとめてあるけど

トリタのピンチに駆けつけたらまずマサツグ様と連れの女二人に容姿を完膚なきまでなじられ
突如現れたハチの大群に2度と元の顔に戻らないレベルで全身刺しまくられ
泣きながら瀕死のトリタ背負って街に帰るとこまでボコボコやられるからな

トリタの嫁も

655: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:20:06.66 ID:yrLX7FEF0
>>645
トリタの嫁ええやつやなぁ

660: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:20:29.57 ID:7O2Ppyuq0
>>645
マサツグ様のクラスメイトへの恨みが深すぎる

672: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:22:17.21 ID:XH/nRWtu0
>>645
そんなんなりながら連れて帰るとかええ子やん

673: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:22:24.24 ID:WflCrPNu0
>>645
リアルトリタ君は結婚してるってことかな?

やっぱりマサツグ様(30↑)説が

696: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:24:32.10 ID:AoEnmWjQ0
>>673
クッソ幼稚な文のなろう作家がプロフィールで子供の話してたりするからな

678: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:22:54.95 ID:wMQSeA/W0
>>645
ええ娘やん

690: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:23:44.24 ID:8b+CiJlFa
>>645
グロすぎるやろ

717: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:26:40.91 ID:oYLl2X7i0
>>645
完全に悪人で草

519: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:07:54.70 ID:54rDuhxLd
 「大型肉食恐竜型ハンターさん……もうダメだ。肥料を探したけど全部使い切って無くなってる。肥料が無い以上農作物が収穫できない」
 小型獣型ハンターが私たちの元へと駆け寄ってそう告げる。その言葉に大型肉食恐竜型ハンターは溜め息を吐いた。
 「はぁ・・・低レベル過ぎる」
 「何が低レベルだ! 殴らずにどうやって勝つ気だ!」
 「いえ、ここには椅子やテーブルが見掛けないようなので疑問に思いまして」
 「イス? テーブル? そんな言葉、聞いたことがありませんが……」
 理論家の小型獣型ハンターでさえ、気付いて無い様だ。
 「とりあえずこの植物で試してみるか」
 大型肉食恐竜型ハンターは適当な草を選んで茎を切った。
 ビュッ、ビュッ、ビュッ、ビュッ、ビュッ―――。
 すると草は溶けてオレンジのようにどろりとオレンジボールになった。
 「なんだ……コレ?」
 「知っているかい? 今、オレンジボールが一個、金貨200億枚の値段なんだ。これ小学生レベルの知識だよ」
 「…は?」
 ふむ、やはり知らんか。もっともそれは仕方のない話なのかもしれない。
 「あのー、少し聞くけど、いい?」
 大型肉食恐竜型ハンターはなるべく失礼のない話し方で言った。
 「何かな?」とマサツグ。
 「えっとだね……土に金貨を撒くのはどうだろうか」
 「金貨……ですか? アレが肥料になると……!」
 「大型肉食恐竜型ハンターの案は悪くない。だが、一つ肝心な事を忘れている」
 「金貨を撒けばミヤモト(蛆虫)が集まり作物が荒らされてしまう」
 自分の意見の欠点を指摘され頷く大型肉食恐竜型ハンター。だが、その可能性も考慮していたのか、打開策を明示する。
 「それなら疾風戦術を取ろうと思う。みんな甲冑を脱ぎ捨ててくれ」
 「勝算は?」
 「僕の読みどおりに戦局が動いてくれれば、九割ほどで」
 
 「彼我の戦力差、出ました! 人間軍、およそ300。魔物軍、およそ5000! 5秒後に接触。敵戦力分析と指示をくれ!」

528: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:08:38.98 ID:QmQa/jtCM
>>519
オールスターすこ

566: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:12:15.71 ID:mPvMSytM0
>>519
これは怪作ですわ

597: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:15:04.35 ID:0d1WD2/KK
>>519
なろうよくばりセットやめろ

573: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:13:08.93 ID:Zv6ic7xId
「えっ、ナオミ様がこの中で一番、料理がお上手なんですか!?」

そう言って俺の方を目を丸くして見つめたのである。

「上手なんてものじゃありませんよ、シルビィさん。本当にほっぺたが落ちるくらい美味しいんですから!」

「わたしもお姫様だったから色々なお料理は食べてきただけど、そのどの料理よりもマサツグ様の作られた料理は美味しいです」

「シーも何万年と生きてるけど、マサツグさんのお料理が一番美味しいよ~」
やれやれ大げさだなあ。

元々両親が共働きで一人でいることが多かったので、自然と料理が出来るようになってしまったのだ。別に覚えようとして覚えたわけではなく、片手間にやっていたら、一流の味が出せるようになっていたのである。

まぁ、大したことはないが才能があったということだろう。

579: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:13:57.54 ID:bjLyPDU10
これからいじめられっ子はマサツグ様って呼ばれるんか

580: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:13:58.15 ID:OKOGeoAy0
なんJ民とかいうマサツグ様の大ファン

584: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:14:01.94 ID:Zv6ic7xId
謙虚だなぁ憧れちゃうな~


「別にそんなに大騒ぎするほどのものじゃないよ」

と俺は首を横に振るのだが、

「うーん、ご主人様だけが自覚してないんですよね」

「そうですよ。孤児院にいるはずなのに、なぜか毎日、まるで宮廷のお料理を食べてる気分になるレベルなんですから」

「マサツグさんの唯一の欠点は~、自分を過小評価しすぎるところよね~」

などと反論されてしまう。

やれやれ、俺は普通に料理を作っているだけなんだがな。

それがなぜか無意識に、自然と一流の味になってしまうようだ。

俺のような素人が、才能のせいで本物のコック顔負けの料理を作ってしまって申し訳ない気持ちになる。

だが、まあおかげで、こうして孤児院の不遇な少女たちに美味しい料理を振舞うことが出来るのだから、この才能も捨てたものじゃないな。

そう解釈して俺は料理を進めるのであった。

586: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:14:15.06 ID:cGEHyR80p
ガイジ特有の無駄に詳細な人物描写

596: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:14:57.53 ID:6WJvk5lh0
偶然手に入れた力を自分の力だと勘違いし、その力自体に翻弄されているのである。

幼稚な人格にはありがちなことだ。 


凄まじいブーメラン

633: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:18:00.48 ID:UFIp54Nm0
>>596
マサツグ様はあれが本来の力なのでセーフ

638: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:18:28.56 ID:XH/nRWtu0
>>596
醜いアヒルの子的な

639: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:18:38.36 ID:4DJyEFA60
>>596
俺の本当の実力やぞ

627: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:17:16.10 ID:GCcxY3C3d

634: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:18:08.43 ID:pKfVAcFf0
>>627
カイトやぞ

685: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:23:25.77 ID:6WJvk5lh0
マサツグ様から異世界奪ってやるンゴ

701: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:25:15.21 ID:WflCrPNu0
>>685
ミヤモト君「よう、マサツグ。俺の事を妄想でぼっこぼこにしたんだって? おうやってみろよ(威圧)」
タツナミ様「あんまやりすぎるなよミヤモト。これからタコ部屋で働いてもらうんだから朝昼晩の一人三勤務交代でな」

723: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:27:19.02 ID:gAY4PIIa0
鬼島津「300vs3000までならいけます」
no title


死者数 島津 250  勝ち
      伊東 800  負け

774: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:31:16.14 ID:XkDkg5WPa
>>723
300のうち損害250って壊滅しとるやん

784: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:32:14.48 ID:RS78yHwt0
>>774
島津脳だと勝利なのでセーフ

742: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:28:26.11 ID:4fpS3QZt0
夜桜先生もわりといけるぞ

「センパイ……再三言いますけど愛してますよ。センパイとこれからも側に居たいです」
「す、ストレートに来るよね」
「まどろっこしい事は嫌いです。恋は駆け引きじゃなく肉弾戦ですから」
「あー、えーっと……」
「むぅ、まだ答えてくれないんですかー」
「いや、その吊り橋が……」
「吊り橋とか割り箸とかどうでも良いです。私はセンパイの心が聞きたいんです、理論とか倫理とかよりセンパイの気持ち……聞かせて下さい」

758: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:30:12.84 ID:9Zor8klGp
>>742
アプローチとしてはありやろ
神とか崇高な理念とか言われるよりよっぽど

775: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:31:18.05 ID:C51UrFaAa
>>742
おぞましくはない

783: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:31:58.55 ID:eVTMbTuL0
>>742
マサツグ後だと凄い読みやすい

788: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:32:52.01 ID:RS78yHwt0
>>742
マサツグ様のあとだと癒されるわ
ほほえまC

792: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:32:56.14 ID:uBdxfe9V0
>>742
これって全部会話文ですすんでいくん?

794: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:33:09.35 ID:+tPObrN0d
>>742
西尾維新好きだろうな
マサツグ様に比べたらどうということはない

798: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:33:25.85 ID:6WJvk5lh0
>>742
一方マサツグ様は



「ご、ご主人様は私たちを嫌いになっちゃったんですか!? ど、どうか、捨てないでください。何でもしますから!」

「な、何か態度が悪かったようなら改めます! マサツグ様の好みに合う女の子になります。だから、どうかどこにも行かないでください!」

うーん、まだ色々とトラウマが残っているらしい。俺は優しく諭さとすことにする。

「俺がお前たちを捨てる訳ないだろう。世界で一番大切な存在だよ。だけど、さすがに年頃の女の子と一緒にお風呂に入るってのはなぁ・・・。問題があるのは分かるだろう?」

「全然まったく問題ありません! わたし・・・ご主人様にだったら何をされても構いません!」

「わ、私もです! マサツグ様に全てを捧げるって心に決めてるんです! い、今からだって別に・・・」

「あー、ちなみにシーも大丈夫だよー」

うーん、問題ありまくりだと思うのだが、やれやれ、ここまで彼女たちが言うなら仕方ないか・・・。俺は内心でため息を吐きながら、彼女たちに手を引かれて風呂場へと向かうのであった。

あ、ちなみに入浴は特に問題なく済みました。

やたらと俺に身体を洗ってもらおうとするのが若干引っかかったが、まあまだまだ子供だということだろう。

811: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:26.60 ID:eVTMbTuL0
>>798
キモスギィ!
タイプしながら勃起しとるんやろな

829: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:35:48.92 ID:XkDkg5WPa
>>798
きもE

857: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:38:11.00 ID:enJXF5Su0
>>798
>あ、ちなみに入浴は特に問題なく済みました。

ラルキっぽい

743: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:28:27.91 ID:6WJvk5lh0
マサツグ様は絵も下手


そう言うと、彼女たちは、「もう!」と頬を膨らますのであった。俺はそれを放っておいて、さらさらとその紙に絵を描き出し、また文字を書いてゆく。いわゆる絵本を作っているのである。

俺はとりあえず1ページ作ってみて、「どうかな?」と彼女たちに見せてみた。ちなみに文字や言語はこの世界に召還された時に自然に使えるようになっている。

「こ、これは!?」

「絵!? これ、ご主人様が描いたんですよね!?」

「ふわー、なんだかスゴイね~、うまく特徴を捉えて描いてあるっていうか~」

「いや、大したもんじゃない。下手くそだろう?」

俺に絵心があるとは思えないしな。

「とんでもないですよ! 今まで見たことのある絵とは全然違いますけど・・・でも、とても身近に感じるスゴイ絵です!」

「本当にそうです。デフォルメされているのに、なにが描いてあるのかとてもよくわかりますし、なんだか親しみが持てる不思議な絵です。これがスゴイものだということはエルフであるわたしでも分かりますよ!!」

「紙を作り出しただけでもスゴイのに、マサツグさんって、こういう芸術の方面も才能があるんだねー」

「そんな大したもんじゃないさ。それよりもこれは単に1ページだけだが、本当は何ページかに渡る読み物になるんだ。例えばもう1ページ足してみて・・・ほら、1ページ目で扉を開いた人が、2ページ目で扉から溢れてきた荷物に押しつぶされてるだろう?

こうやってストーリーを見せるんだ。あと足りない部分は説明文を入れる。どうだ、おもしろいだろう?」

俺の説明に少女たちが驚いた表情を浮かべる。

「す、凄すぎます・・・

755: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:29:40.61 ID:88nT+2f00
>>743
>1ページ目で扉を開いた人が、2ページ目で扉から溢れてきた荷物に押しつぶされてるだろう?
何の絵本や

762: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:30:29.86 ID:raCTkrrX0
>>743
ここは本当に下手にして
下手でも暖かみがあって好きですくらい言わせる程度にしておけばまだいいのに

770: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:31:05.52 ID:WflCrPNu0
>>762
なろうではそういうのは許されへんのやで
完全無欠の無謬であることが要求される

796: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:33:18.33 ID:bjLyPDU10
>>770
なろうってほんまにそうなん?
リゼロとか死にまくるし主人公嫌われとるしこのすばはまあ有能やが完全無欠ちゃうやん

809: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:14.83 ID:WflCrPNu0
>>796
なんか前スレでもテンプレはられてたが
一切の苦戦や負けはご法度やで

826: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:35:44.61 ID:AoEnmWjQ0
>>796
その辺の表現にもコツがあるらしいで勝利を確定させてから回想の形にしたり、駆け足1話で納めて同時投稿の次話をハーレムにして忘れさせたり
ソースは昔なろうスレで見たコピペ

880: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:34.82 ID:6YctSjh+d
>>826
なろう作者も大変なんやなぁ
ハーレムで中和ってなんやの

754: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:29:37.79 ID:6WJvk5lh0
マサツグ様いいとししたおっさんなのに、12歳のガキ囲う妄想してほんと怖い

785: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:32:36.08 ID:AoEnmWjQ0
島津義弘「王様、ここは釣り野伏で相手を殲滅してしまいましょう」
王様   「なに?なんだそれは?」
島津義弘「(やれやれ、釣り野伏も知らないとは・・・)これをやれば100倍の敵も撃退できます」
      「王様は100の兵隊で相手に突っ込んで包囲されてください。そして必死に戦ってください」
王様   「それでは勝ち目がない!あいては5000だぞ?!」
島津義弘「王様の部隊が全滅寸前になったところで東西南北各50人で突撃して相手の大将を討ち取ります」
王様   「そんなことが出来るのか?!!」
島津義弘「大丈夫です」
王様   「よし!やってみよう!!」

786: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:32:41.48 ID:vjlZDNZq0
主人公に対する好意もいろいろあるからな
信者だけやなくて依存とか敬愛とか信頼とか

ワンパターンしかできんのは単純に知識少なすぎ

799: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:33:26.94 ID:GtBn/5wR0
>>786
はいマサツグ様を見下してる上から目線の屑
これは処刑やろなぁ

810: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:19.87 ID:vjlZDNZq0
>>799
一番ひどい時のソ連より弾圧強くて草

830: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:35:51.99 ID:WflCrPNu0
>>810
ソ連? 民主カンプチアより酷い弾圧やぞ

↓マサツグ様の虐殺ターゲット一例


イシジマ・・・。ああ、あの秀才グループか。自分たちの頭が良いことを鼻にかけていた嫌な奴らだ。
イシジマとサカイが男、ヨシハラ、フカノが女だ。普段は優しい振りを表面上はしていて、他の生徒に勉強を教えたりもするので、
教師の受けもよい。また、いわゆる不良グループからも見逃されているという独自のヒエラルキーを築いている。だが、俺は知っている。
彼らは裏では自分たちより頭の悪い奴らをさんざん馬鹿にし、悪い噂を流すような陰湿な奴らなのである。

842: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:36:48.72 ID:vjlZDNZq0
>>830
信者以外全員処刑とか尊師やんけ

851: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:37:29.21 ID:ol6QPmoo0
>>830
ヒエッ…
マサツグ様完全にパラノイアやんけ!

870: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:04.61 ID:AoEnmWjQ0
>>830
全盛期カンボジアですら一応は証拠らしきものは用意しとったのにな

871: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:08.14 ID:6WJvk5lh0
>>830
俺はお前が俺を見たの見たぞ的なアレ

802: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:33:54.55 ID:2tDEOiz60
「 ルイズ……、お前、可愛かったんだな……。が、頑張ればできるじゃねえか 」
「 なにそれ。かわいくなんかないもん 」
「 か、可愛いって。まるでレモンちゃんだ 」
「 レ、レモンちゃんじゃないわ。というかレモンちゃんてなによ 」
「 肌がすべすべで、レレレ、レモンちゃんだ 」
 夢中になって、ルイズの首筋に唇を這わせながら、才人は呟く。脳内はすでに花畑なので、自分が何を言っているのか、才人自身が理解していなかった。
「 ばかぁ……。こんなことするサイトなんてキライなんだから……。ちょ、や、やめ…… 」
「 わ。ここはもっとレモンちゃんじゃないか。こ、ここなんかどうしようもないほどにレモンちゃんだ 」
「 はう。……わ、わたし、よくわかんないんだけど、ほんとにレモンちゃんなの? 」
「 そうだよ。とりあえず、レモンちゃん恥ずかしいって言ってごらん 」
沸いてる、というレベルを光年の単位で超えている才人の茹だったセリフだが、ルイズも根は相当アレなので、なんだかそれがロマンチックな響きに聞こえた。というか一旦こうなったら、結局ルイズはなんでもいいのだった。その辺の趣味は、才人よりある意味ひどい。
「 レ、レモンちゃん恥ずかしい…… 」
で、言った。頬を真っ赤に染め、とろんとした目で、口を半開きにしてルイズがそんなアレを言いやがったので、才人は激しく興奮した。
「 可愛い! レモンちゃん可愛い! 本気可愛いよ! さ! じゃあぬいじゃおうっか!
服とか邪魔じゃない? きみの魅力を隠してしまう、いけない布じゃない? 」といまどき三流カメラマンでも言わないようなセリフを吐き出しながら才人がルイズのシャツのボタンに指をかけたとき…… 
天才や

814: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:33.92 ID:WflCrPNu0
>>802
なんだよこのキモい文章は
こんなキモいの書くヤツは死ねばええのに

879: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:29.42 ID:eVTMbTuL0
>>814
もう逝った定期

977: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:47:28.96 ID:BTMWljJYK
>>802
天才やったな

806: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:03.11 ID:gAY4PIIa0
夜桜先生からは負の感情を感じないよね

 「ケーレスさん……もうダメだ。肥料を探したけど全部使い切って無くなってる。肥料が無い以上農作物が収穫できない」
 一人の老人が私たちの元へと駆け寄ってそう告げる。その言葉にケーレスは溜め息を吐いた。
 「やっぱり全滅かぁ……こうなったら肥料の代わりになるものを探すべきだね」
 「ふむ、肥料の代わり……か」
 肥料の代わりは意外と多かったりする。例えば動物の骨、それも粉々に砕いて土に撒けば肥料にはなるが。
 だが、その考えを私は敢えて口にしない。なぜならケーレスが他の案を思い付いたようだったからだ。
 「えっとだね……土に砂糖を撒くのはどうだろうか」
 「砂糖……ですか? アレが肥料になると……!」
 驚いたように目を丸くする老人。それにケーレスはこくりと頷く。
 砂糖に含まれているブドウ糖は人間や動物の栄養源になるのは当然の事で、植物ともまた例外ではない。
 土に引かれている水に砂糖を流し込む事で作物にブドウ糖が行き渡りその栄養ですくすく育つのだ。
 「ケーレスの案は悪くない。だが、一つ肝心な事を忘れている」
 「肝心な事……?」
 私の意見に首を傾げるケーレス。そんな彼女の美しい髪を撫でながら。
 「砂糖を撒けば虫が集まり作物が荒らされてしまう」
 「ああ……そういうことか。言われてみればそうだね」
 自分の意見の欠点を指摘され頷くケーレス。だが、その可能性も考慮していたのか、打開策を明示する。
 「それなら食虫植物を植えれば良いんだよ。作物と食虫植物。それを交互に植える事で虫が来ても植物がそれを防いでくれる」
 「ふむ……悪くない着眼点だな、ならばそれを実践してみよう」
 今回はケーレスの奇抜な発想に委ねる事にする。私の発想でも肥料問題は解決するが普通すぎるのだ。
 彼女の死神的発想。その発想は人智を超越した考えは見ていて飽きない。
 私とケーレスは農民たちに食虫植物を植えるのと砂糖を撒くことを指示をする。
 「な、なるほど……食虫植物にそんな使い道があったとは……同じ人間の発想とは思えない」

815: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:34:49.94 ID:88nT+2f00
>>806
ケーレスくんほんますこ

823: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:35:35.32 ID:Mecm5PR00
>>806
同じ人間の発想とは思えないは皮肉かな?

836: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:36:19.96 ID:yooC0CiI0
>>806
意味もなくケーレスくんの髪をなでながら珍案語る宗室くんぐうキモかわE

837: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:36:20.06 ID:RS78yHwt0
>>806
夜桜先生は頭がお花畑すぎてうまくいかないパターンやから…

853: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:37:39.25 ID:wZpSniqfM
>>806
マサツグ様だとこの老人を肥料にしそう

868: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:38:50.70 ID:vjlZDNZq0
>>853
その発想がヤバい

872: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:10.20 ID:9Zor8klGp
>>806
これがマサツグ様との違いや

ケーレス
①つっこまれる可能性を考慮しつつ、まず案として出す
②宗室につっこませる
③考慮してたので、対策を提示する

宗室
①ケーレスが何か思いついたことを察する
②案はあるが敢えて出さない
③欠点を抉らず、発想を褒める

897: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:14.40 ID:ol6QPmoo0
>>872
マサツグ様やったらツッコミ入れた奴は取り巻き女共に扱きおろされた後に粛清でジエンドやったろなぁ

904: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:46.75 ID:CB/mTseVd
>>872
褒めて伸ばすタイプ

917: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:42:42.29 ID:AoEnmWjQ0
>>872
有能

832: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:36:03.08 ID:cVyDbMFIH
読んでみたいから作者と作品名教えてくだちい!

915: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:42:39.38 ID:AhJc44D1a
>>832
異世界 孤児 

841: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:36:42.09 ID:6WJvk5lh0
第1話から欲望まるだしのおっさん


「ご主人様です! お願いだからご主人様になってください!」
突然の少女の申し出に戸惑う。
「いや、そんなこと言われても・・・」
「お願いします! ご主人様になってください。私を飼ってください。・・・いえ、やっぱり私なんか嫌いですよね・・・」
「そんなことないよ。分かった。でも、いやになったら言ってくれ」
「絶対になりません!」
彼女はそう言ってから、少しあらたまった口調で話し始めた
「あの、ご主人様。私を助けてもらってありがとうございました」

「うん」
「でも、いつ捨てられるか不安なんです」
「そんなことしないよ?」
「だから、私がご主人様のものだという証が欲しいです」
「えっ? それって・・・」

リュシアはそう言うと、止めるまもなく着ていた服を脱いだ。

「お願いです。私に証を下さい」
「いや、それはできないな」
と俺はすぐに断る。さすがにこんな少女の、ある意味弱みにつけこむようなことはできない。
「また、大人になったらね」
そう優しく言ってお茶を濁す。だが、

「本当ですね!? 大人になればお嫁さんにしてくれるんですね! 絶対に約束ですよ!?」
あれ?
「きっと大人になったら他に好きな人が出来るよ」
だが、少女は聞いて居ないのか、ただただ「お嫁さん、お嫁さん、ご主人様のお嫁さん」と言ってニコニコとしている。
あれ? おかしいなあ。

903: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:45.59 ID:6YctSjh+d
>>841
初っぱなからこれはきついわ

965: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:46:45.18 ID:s7SjObnb0
>>929
星新一だったら女はアンドロイドか宇宙人、しかも主人公はそれに気づいとるで

986: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:48:13.80 ID:hFCRejbQa
>>965
最後気づいとるんちゃうんか?これ

848: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:37:23.64 ID:gAY4PIIa0
マサツグ様「あいつは成績が良かった、粛清」
マサツグ様「あいつは女にもてた、粛清」
マサツグ様「あいつは俺と同じ下層民だと思ったのにリア充に溶け込んでる、粛清」
マサツグ様「あいつは先生に受けがいい、粛清」
マサツグ様「あいつは不良にも一目置かれてる、粛清」
マサツグ様「あいつは野球部のレギュラーだ、粛清」
マサツグ様「あいつはバスケ部のキャプテンだ、粛清」
マサツグ様「あいつは生徒会役員をやっている、粛清」
マサツグ様「あいつはメガネだ、粛清」

856: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:38:05.27 ID:raCTkrrX0
>>848
ポル・ポトかな?

859: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:38:11.36 ID:6WJvk5lh0
>>848
リアル世界ではどんな人間やったんやろなぁ
もうモンスターやん、マサツグ様

874: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:15.59 ID:WflCrPNu0
>>859
単なる陰キャやろ
クラスメートから相手にすらされてないタイプの

もしかすると不登校→中卒ヒキのコンボかもしれんで

864: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:38:27.92 ID:ol6QPmoo0
>>848
これにはゴルスタも絶句

913: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:42:30.45 ID:XH/nRWtu0
>>864
ゴルスタとかすっかり鎮火したなあ

921: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:42:55.09 ID:vjlZDNZq0
>>913
流石に死んだら追い討ちもできんからな

877: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:21.58 ID:nCWf9lEn0
ぶっちゃけマサツグ様に惹かれてきたなんJ民おるやろw

882: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:39:36.40 ID:cqqRGDUZp
>>877
バカにしてたけど面白いわ

885: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:40:21.53 ID:8Zp+iGNoa
>>882
面白いのか…

918: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:42:43.37 ID:WflCrPNu0
>>877
リアルマサツグ様に会いたいで
どんな醜悪な生物かガチで興味ある

894: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:07.27 ID:0iCECRXRd
今さらなんやがマサツグ様のやつのタイトル教えてクレメンス

906: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:58.65 ID:zkwjfdau0
>>894
異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件

923: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:43:02.35 ID:0iCECRXRd
>>906
サンガツ原文読んでくるわ

981: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:47:46.93 ID:zkwjfdau0
>>923
ワイも読んでるたけど途中で耐えられなくなったで、マサツグがなにしても取り巻きの女共が褒めちぎるんや

987: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:48:16.62 ID:WflCrPNu0
>>981
レイプしても「なんて大胆な発想」とか言いそうやな…

895: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:10.42 ID:on0e0OFJ0
なろうの痛いやつ見てるとルルーシュにガチで憧れちゃった奴多そう

898: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:41:22.19 ID:1vx+5hW+0
なろうテンプレとかあれマジなのかよ
そんなんじゃ似たような作品ばかりになっちゃうだろ

940: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:44:25.30 ID:Z3JaFyAp0
>>898
多分「現実と違う環境で無双したい」という願望が根底にあって
その想像力を補うためになろうがあるんやと思うわ
これもある種のポルノや

919: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:42:46.71 ID:6WJvk5lh0
そもそも、鏡を作れるくらい大したことないのだが。
しかし俺がそう言うと、少女たちは揃そろって首を横に振るのであった。

「ご主人様のレベルが高すぎるのは理解しますが、そろそろご自分の凄さをご認識頂きたいのですが・・・」
「そうですよ。でないと私たち、自信がなくなっちゃいます」
「そうよ~。たまには世の中を見上げるのも良いものよ~」
「うむうむ。そうじゃそうじゃ。そしてわしに構うのじゃ!」

やれやれ、大げさだな。そんなに注目されるようなことじゃないってのに。
さ、そんなことよりもだ、念のためにエリンとラーラに、もう少し確認しておこう。

「お前たち、銀鏡反応ぎんきょうはんのうって聞いたことあるか?」
だが、二人は、
「ぎ、ぎんきょう?」
「なんなのじゃそれは?何だか強そうじゃな?」

と答えるのであった。
ふむ、やはり知らないようだ。
無理もあるまい。

銀鏡反応ぎんきょうはんのうとは銀メッキ技術のことだ。
溶かした銀にアンモニアを加えて、あとはブドウ糖などを混ぜれば、銀メッキされるというものである。
別に記憶力の良い方ではないが、俺は自然と理科の内容を覚えていたのである。

ここまで言えば分かるだろう。
そもそも鏡とは何か?
鏡とはガラスに銀メッキを施して光を反射させたものである。
要するに、ガラス裏面で銀鏡反応を起こせば、「鏡」になるというわけだ。
まあ知らない高校生はいるまい。

933: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:43:55.43 ID:88nT+2f00
>>919
ブドウ糖など

954: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:45:36.48 ID:rYKRaaN/0
>>919
銀鏡反応の実験を理科でやるのか

957: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:45:45.09 ID:SLrDnDXTd
>>919
知識披露で毎回思うんやけど、他のクラスメイトも知ってるだろうに
文明レベルが発展しないんや

964: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:46:38.45 ID:88nT+2f00
>>957
テストだけできるけど実践するスキルないからやろ
マサツグ様はテストアホでも能力者やから

922: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:42:59.59 ID:QPuuJATua
30オーバーでこれをしこしこ書いた挙句未完で放り投げたのか

935: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:44:02.77 ID:6WJvk5lh0
>>922
宮本とクラスメイト全員出して目の前でボコったからね、スッキリしたんやろね

966: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/10/19(水) 17:46:51.43 ID:6WJvk5lh0
鏡作りの目処が付いた俺たちは翌日、早速、商店の並ぶ目抜き通りへとやって来たのだった。

「ご主人様とお出かけうっれしーなー♪」

「あー、マサツグ様、あれ見てください。猫ですよ~、可愛いですね~」

「ね~マサツグさんマサツグさん、手握ってもいい~?」

「やけにジロジロ見られておるのう。やはり、マサツグ殿がカッコ良いからじゃろうなぁ」

少女たちが、なぜかキャッキャとはしゃいでいる。

まぁ楽しそうでなによりだ。とはいえ、俺が今回こんな所まで足を運んだ理由は、別に少女たちと散策を楽しむためではないので、ややスルー気味に対応する。

悪く思わないでほしい。 



マサツグ様はイケメンらしい


関連スレ
【なろう作家が過去に行ったら…】彡(^)(^)「よっしゃ現代知識持って古代にきたで!大活躍したろ!」
【俺らが「なろう」を見ない理由】 異世界転生した彡(゚)(゚) 「ここが異世界か…」
SSの痛すぎるあとがきランキング