863: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)20:36:41 ID:nmC
no title

ダウンロード (3)


関連スレ
原住民と学ぶインドネシア独立と大日本帝国の関係 Part2
原住民と学ぶインドネシア独立と大日本帝国の関係 Part3
転載元

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1426336637/


865: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)20:45:12 ID:NGw
予告aaキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

866: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)20:45:14 ID:pRn
予告AAキター

867: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:00:17 ID:nmC


8月18日


( ・`ω・´)「独立宣言の発布によって、”独立準備委員会”は”独立委員会”になったよ」

868: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:00:49 ID:nmC

( ・`ω・´)「早速、閣僚人事を発表しますね」

( ・`ω・´)「初代大統領はぼく、スカルノ」

(^)'・▲・`(^)「初代副大統領は私、ハッタです」

(o‘ω‘ n)「初代外務大臣にはぼく、スバルジョ」


(*・公・*)「初代共和国首相は私、シャフリルです」

(*・公・*)「”独立養成塾”時代には、アジア史と社会主義の講義も担当しました」

(*・公・*)「外相も兼任するので、ちょっと大変ですね…」

869: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:01:47 ID:nmC


( ・`ω・´)「次に、議会で憲法を制定します」

( ・`ω・´)「国家の骨格は、既に論議が尽くされてるからね」

( ・`ω・´)「憲法の前文に5原則”パンチャシラ”を折り込むよ」

870: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:02:48 ID:nmC


8月19日


( ・`ω・´)「今日は中央政府12省、地方行政8州の設置を決定したよ」

( ・`ω・´)「8月29日には閣僚と知事を任命するんだ」


準備は全て、終わっていました。
だからこそ、彼らは素早い対応を見せられたのでした。

終戦から数日間、戦勝国からは何の指示もありません。
この権力の空白期を利用し、インドネシアは着々と”独立”を既成事実にしていきました。

871: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:03:49 ID:nmC


夜中、日本軍の目を盗んで行われたラジオ放送。
独立宣言のニュースは世界中に発信されます。

視聴者は僅かだったかもしれません。
ですが、独立を世界中に発信したこと。
それは彼らにとって、とても大きな意味があったのでした。

872: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:04:50 ID:nmC



(U・×・U)「東インドが独立?」

(U・×・U)「いや、知らんし」


”インドネシアの独立宣言”は、国際社会から無視されました。

そして、インドネシア国家誕生の試練が始まります。

873: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:06:02 ID:nmC


(●▲●)

(●▲●)「久々の出番やで~」

(●▲●)「ワイら”蘭印・植民地軍”は”ニカ”に改名したんやで~」

(●▲●)「改名理由は……まぁ、”植民地軍”だと、色々都合が悪いからな」


(●▲●)「さて」

(●▲●)「原住民どもめ、待っとれよ」


かつての宗主国・オランダが、連合軍の尻馬に乗って”戦勝国”として帰ってきました。

874: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:07:04 ID:nmC


(●▲●)「ワイらの任務はな、東インドを”日本占領前の状態”に戻すことなんや」

(●▲●)「つまり、植民地の復活やな」

(●▲●)「独立?そんなん関係ないわ」

(●▲●)「東インドが独立したのは”日本がお膳立てしたから”やろ?」

(●▲●)「日本がしたことは全部無効!白紙撤回!」

(●▲●)「当然、”独立”なんて”なかった”んやで(ニッコリ」

875: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:08:06 ID:nmC


( ・`ω・´)「そんな!」

( ・`ω・´)「独立は確かに、インドネシア人によって果たされたんだ!」

( ・`ω・´)「日本が用意した”独立予定日”も回避したし!」

( ・`ω・´)「そこに日本の介入はなかった!」

( ・`ω・´)「だから独立が無効だなんて間違ってるよ!」

876: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:09:06 ID:nmC

(●▲●)「せやろか?」

(●▲●)「なんでも日本時代、”独立準備委員会”なるものがあったそうやないか?」

(●▲●)「独立宣言には日本の”皇紀”も使われとるし?」

(●▲●)「大体、独立宣言の起草には、日本人が立ち会っていたそうじゃないか?」

(●▲●)「日本の関与があったことは、明白やろなぁ?」

877: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:10:07 ID:nmC


( ・`ω・´)「………」

( ・`ω・´)「………」

( ・`ω・´)「………いや」

( ・`ω・´)「”日本人はいなかった”」

( ・`ω・´)「これは全て、インドネシア人だけで行われたことだ!」


インドネシア人だけによる、インドネシア独立宣言の起草。
これが“インドネシアの建国神話”です。

878: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:10:58 ID:nmC



(●▲●)「はー、全く、話が通じん奴らやなー」

(●▲●)「イギリスはん、イギリスはん」

(U・×・U)「お、なんや?」

(●▲●)「どうか協力、頼んまっせ」

(U・×・U)「しゃーないな…」

879: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:11:59 ID:nmC


(U・×・U)「おう、日本軍」

彡(゚)(゚)「は、はい、東南アジア方面総司令官、マウントバッテン大将」

(U・×・U)「ワイらと”ラングーン協定”を結ぶんやで」

(U・×・U)「ワイら連合軍の進駐が整うまで」

(U・×・U)「日本軍は、現地での治安維持の責任を持つんや」

(U・×・U)「兵器は保持したまま、到着した連合軍に引き渡すんや」

(U・×・U)「………武器を住民に渡したりしたら絶対にいかんのやで」

彡(゚)(゚)「は、はい、分かりました…」


こうして、現地の治安維持が日本軍に任されました。

880: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:12:53 ID:nmC



( ・`ω・´)「みんな、聞いてくれ!」

( ・`ω・´)「まもなく、あの忌々しいオランダ兵が帰ってくる!」

( ・`ω・´)「ぼくたちは戦わなければいけない!」

( ・`ω・´)「戦って、勝たなければいけないんだ!」

( ・`ω・´)「旧”ペタ”、旧”ヘイホ”の諸君には、是非とも”インドネシア共和国軍”に参加して欲しい!」

( ・`ω・´)「ぼくたちの手でインドネシアを守るんだ!」


1945年8月19日。日本軍が組織した”ペタ”は、解散しました。
インドネシア政府は旧”ペタ”、旧”ヘイホ”らに、新たな軍への参加を呼びかけます。

881: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:13:34 ID:nmC


10月5日。
後に”建軍記念日”となるその日、”インドネシア共和国軍”は結成されます。

”タンゲラン青年道場”から始まり、”ジャワ郷土防衛義勇軍・ペタ”を経て、祖国インドネシアのために鍛え続けてきた彼ら。
それは遂に、本物の国防軍となったのでした。

882: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:14:28 ID:nmC


[ジャワ島・スラバヤ]


(´・ω・`)「急げ、急げ!オランダ兵が来るぞ!」

(´・ω・`)「もっと武器を集めるんだ!」

(´・ω・`)「ぼくらは独立したんだ!もう奴らの好きにはさせない!」

(´・ω・`)「何としてでも、闘ってでも!」

(´・ω・`)「奴らから、この国を守らないと!」

(´・ω・`)「これはぼくたちの”独立戦争”なんだ!」

883: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:15:30 ID:nmC


彡(゚)(゚)

(´・ω・`)「日本兵のおにいちゃん!」

(´・ω・`)「どうかぼくたちに武器をちょうだい!」

(´・ω・`)「ぼくたちはこれから、オランダと闘わなきゃいけないんだ!」

(´・ω・`)「ぼくたちは勝たなきゃいけないんだ!」

(´・ω・`)「負けられないんだ!」

(´・ω・`)「どうか、奴らと闘うための武器を貸してください…」

彡(゚)(゚)「………」


10月に設立された”インドネシア共和国軍”。
彼らには、武器がなく、弾薬がなく、食料がなく、医薬品がありませんでした。
たった一つ、あるのは兵士たちの愛国心だけ。
彼らは、日本軍の武器が喉から手が出るほど欲しかったのでした。

884: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:16:06 ID:nmC


彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「………」

(´・ω・`)「……おにいちゃん?」

885: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:16:43 ID:nmC


彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「………いや」

彡(゚)(゚)「ワイらはお前らに、武器を譲れん」

(´・ω・`)「!」

彡(゚)(゚)「これは上からの命令なんや」

彡(゚)(゚)「命令は絶対遵守なんや」

(´・ω・`)「そ、そんな…」

886: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:17:45 ID:nmC


彡(゚)(゚)「…せやけどな」

(´・ω・`)「?」

彡(゚)(゚)「ワイらはこれから”古くて使えない武器”を”破棄”する」

彡(゚)(゚)「当然”破棄”やからな、武器は”解体”してから”破棄”するで」

彡(゚)(゚)「”破棄”する場所は……せやな、河原とかその辺でええか」

彡(゚)(゚)「こんな”ゴミ”を拾う物好きなんて、きっとおらへんからな」


彡(゚)(゚)「………まぁ万が一、それらが拾われて、」

彡(゚)(゚)「再び武器として組み立てられたとしても」

彡(゚)(゚)「それはワイの知らんことや」

彡(゚)(゚)「拾った奴の好きにするとええ」

彡(゚)(゚)「…ワイの話はここまでや」

彡(゚)(゚)「健闘を祈る」


(´・ω・`)「ありがとう、日本兵のおにいちゃん…」

887: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:18:47 ID:nmC


10月3日


彡(゚)(゚)「…すみません、オランダ海軍・フェーエル大佐」

(●▲●)「なんや?」

彡(゚)(゚)「我々は今、原住民たちとの間で板挟みになっています」

彡(゚)(゚)「原住民たちは皆、我々に武器をよこせと押しかけてきています」

彡(゚)(゚)「しかし、我々は命令により、武器を引き渡すことができません」

彡(゚)(゚)「彼らを裏切るのは心苦しい、しかし武器は渡せない…」

彡(゚)(゚)「我々は、とても困っているのです」

888: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:19:40 ID:nmC

(●▲●)「ほーん、で?」

彡(゚)(゚)「なので、連合軍サイドの方で、我々の武器を引き取ってもらえないでしょうか?」

彡(゚)(゚)「我々の方では、もう限界なのです…」

(●▲●)「ほーん……まぁ、ええやろ」

(●▲●)「武器はワイらの方で引き取ったるわ」

彡(゚)(゚)「ありがとうございます、大佐」

889: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:20:41 ID:nmC


彡(゚)(゚)「…ところで、大佐」

(●▲●)「なんや、まだあるんか?」


彡(゚)(゚)「大佐は以前、こうおっしゃいましたよね?」

彡(゚)(゚)「”オランダはインドネシアを完全に把握している”と」

(●▲●)「あぁ、確かに言ったかもなー?」

(●▲●)「大正義オランダが、こんな小さな島国一つを把握するなんて他愛もないことやで」

彡(゚)(゚)「そうですか……ならば」

(●▲●)「?」


彡(゚)(゚)「インドネシアに武器を引き渡すのも、オランダに武器を引き渡すのも」

彡(゚)(゚)「それは全く、同じことなのではないでしょうか?」

(●▲●)「ファッ!?」

890: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:21:51 ID:nmC

(●▲●)「な、なんやその理屈は!?」

彡(゚)(゚)「おや?どうかしましたか?」

彡(゚)(゚)「…もしかして、あの発言は嘘だった、と?」

彡(゚)(゚)「オランダは実は大したことなどなく、」

彡(゚)(゚)「こんな小さな島国一つを把握することすら困難だ、と?」

(●▲●)「ぐぬぬ…」


(●▲●)「……まぁええわ、原住民如きに武器が少々渡ったところで、どうということもない」

(●▲●)「インドネシアに武器を引き渡すのを許可するで」

(●▲●)「その武器でインドネシア人が治安活動をするとええ」

(●▲●)「これでええんやろ!」

彡(^)(^)「ありがとうございます、大佐」

891: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:22:21 ID:nmC


武器の引き渡しを禁じられていた日本軍。
彼らはこのような手段を用いて、インドネシア側に武器を横流しします。

特にスラバヤでは、大量の武器がインドネシア側に渡りました。
スラバヤには、陸軍・混成旅団と海軍司令部がありました。
陸軍・岩部少将と、海軍・柴田中将は、インドネシア人が武器を奪うのを黙認します。
日本軍は竹槍相手に武器や通貨を置いて逃げたり、治安維持を名目にインドネシア人警官へ武器を渡したりもしました。
そして、それらは日本とインドネシアの摩擦を最小限に留めたのでした。

インドネシア側に渡った武器の数は、6万個と言われています。
それらは中古といえど、何もなかったインドネシア軍には重宝されたのでした。

892: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:23:20 ID:nmC



しかし。

全ての場所で、事が円滑に運んだ訳ではありませんでした。



893: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:23:57 ID:nmC


[スマトラ島・トゥビンティンギ]


(*^◯^*)「武器をよこすんだ!」

(・日・)「………」


地元の青年グループが武器の譲渡を迫っていました。

894: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:24:58 ID:nmC

(・日・)「………」

(・日・)「…我々は、抵抗を禁じられている」

(・日・)「………仕方ない」

(・日・)「君たちに武器を譲渡するよ」

(*^◯^*)「ありがとうなんだ!」



(*^◯^*)「それじゃ、死ぬんだ!」

(ターン)

(日)

丸腰になった日本兵60人は全員、その場で青年グループに惨殺されました。

896: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:25:59 ID:nmC

(*^◯^*)「おい、日本兵!」

(*^◯^*)「もっと武器をよこすんだ!」


青年グループは更に武器を求め、日本軍を襲いました。



(・日・)「は?(威圧)」

(パパパパッ)

(*◯*)


流石に堪忍袋の緒が切れた日本軍は、機関銃で青年グループに反撃。

『トゥビン・ティンギ事件』
インドネシア人2000名と日本人の双方が犠牲になった事件です。

897: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:27:03 ID:nmC


スラバヤでの武器引き渡しを先例として、各地域では武器引き渡し要求が活発になります。
そしてその度に、犠牲者が出ました。


ジャワ島西部バンドン。
多数の住民が、軍や飛行場を襲撃。
日本兵3名と、インドネシア人十数名が死亡しました。

ジャワ島西部ガルー。
住民が工場を襲撃。
工場の警備していた日本兵24名、その全員が無抵抗のまま死亡しました。

ジャワ島西部ブカシ。
海軍・竹下大佐ら86名が、武器提供を拒み、拉致され、殺害されました。

ジャワ島中部ジョグジャカルタ。
武装集団が日本軍駐屯部隊を襲撃。
日本軍は一旦応戦するも、翌日、部隊員300名が日本人民間人100名と共に投降。
日本人らは4ヶ月間投獄され、赤痢と栄養失調で多数が死亡しました。

898: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:28:04 ID:nmC


[ジャワ島中部・スマラン]

10月3日


(●゚◇゚●)「最近、付近の治安が悪いんだ」

(●゚◇゚●)「ぼくたちが治安回復活動をするから、武器を貸してよ」

(・日・)「……いいだろう、少しだが武器を貸してやる」


その夜、飛行場の弾薬が略奪されました。

899: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:28:55 ID:nmC


10月12日


(●゚◇゚●)「治安活動にはもっと武器が必要だ」

(●゚◇゚●)「武器を貸してくれよ」

(・日・)「………お前たちは信用ならん」

(・日・)「武器を貸すことはできない」

900: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:29:26 ID:nmC


10月14日


(●゚◇゚●)「武器を貸してくれよ」

(・日・)「無理だ」

(・日・)「そもそも、武器の引き渡しは命令で禁じられている」

(・日・)「残念だけど、諦めてくれ」

901: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:30:18 ID:nmC


(・日・)「……ここ最近、この辺りの治安は急速に悪化している」

(・日・)「やはり奴らが何かをしていると見るべきか…」



('ω`)「大変です!」

('ω`)「インドネシア人が日本人の軍人、軍属、民間人を無差別に拉致しました!」

('ω`)「彼らはすぐにでも人質を処刑する、とのことです!」

(・日・)「なんだって!?」

902: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:31:17 ID:nmC

10月12日。
スマラン製鉄所にて。日本の軍人や作業員339名が、現地人警察隊によって拘束、監禁されます。
10月13日。
市街での外国人狩りにより、日本人を含む2000名の外国人が刑務所に監禁。

更にマゲランでは、駐屯日本軍が包囲されます。
司令官・中村少将が応戦を禁じたため、司令部全員が拉致され、憲兵隊10名が殺害されました。

10月14日夜。
監禁されていた製鉄所関係者が見張りを撲殺して脱出。
この際、日本人13名が射殺されます。

これらの事件が現地指揮者・城戸少佐の耳に入ったのは、10月14日の夜でした。


(・日・)「今すぐ現場に向かうぞ!」

(・日・)「なんとしてでも、彼らを救出するんだ!」

903: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:32:18 ID:nmC


10月15日未明


[ブル刑務所]


(ターン)

(・日・)「よし、入口の民兵を倒した!」

(・日・)「すぐさま刑務所内に突入するぞ!」

(ギャァア゛ア゛ア゛ア゛ァァアアァアア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ッッッ!!!!!!!)

(・日・)「な、なんだ!?」

904: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:33:09 ID:nmC

(・日・)「こ、これは!!」

彡()() 彡()() 彡()() 彡()() 彡()() 彡()() 彡()()

(・日・)「な、なんてことだ、既に殺されている…」


民間人が殺されたから日本軍が出撃したのか。日本軍が出撃したから民間人が殺されたのか。
それは今でも定かではありません。
しかし、彼らが突入した時には既に、牢獄は血の海。
日本人149名は、虐殺されていたのでした。

905: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:34:06 ID:nmC

このスマランは、オランダ植民地時代から社会主義勢力の強い場所でした。
”赤い都市”と呼ばれたスマラン。
そこは終戦と共に、無法地帯と化していたのでした。

今まで必死に耐えてきた、精鋭・城戸部隊。
しかしそれは最早、限界でした。


(・日・)「………絶対に許さん、皆殺しだ!!!!」


『スマラン事件』。
5日間に渡って続く、インドネシアで”五日間戦争”と呼ばれる事件。
捕らわれていたオランダ系市民900人は救出されたものの、
日本人460名、インドネシア人2000名の犠牲者を出す惨事となりました。


906: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:34:49 ID:nmC


戦後の武器引き渡しによる混乱。
それによる日本人犠牲者は、戦死者562名、自殺60名、病死・事故死456名。合計1078名に及びました。

日本軍は”ラングーン協定”に基づき、現地の治安戦闘任務を任されていました。
しかし、この時点の日本軍は、実質的には捕虜に相当します。
にも関わらず、このような危険な治安任務を任されていたこと。
これは捕虜虐待であり、重大な国際法違反ではないか、とも指摘されています。

907: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:35:51 ID:nmC


数刻前…


彡()() 彡()() 彡()() 彡()() 彡()() 彡()()


彡(゚)(゚)「ア、アカン、血が止まらん…」

彡(゚)(゚)「他の奴らはみんな殺られてもた」

彡(゚)(゚)「残っとるのはワイだけや……」

彡(゚)(゚)「……なんでこんなことになったんやろな…」

彡(゚)(゚)「……一体何が、悪かったんやろな…」

彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「………それでもワイは、インドネシアの独立は正しかったと思うで…」

彡(゚)(゚)「…こんな目に遭ってもたけどな……」

彡(゚)(゚)「……この血はきっと、必要な血やったんや………」

908: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:36:52 ID:nmC

彡(-)(-)「………」

彡(-)(-)「…………アカン、ホンマにアカン………」

彡(-)(-)「………せや、最期に何か残そうか」

彡(-)(-)「……幸い、ここには幾らでも”書くもの”がある」

彡(-)(-)「………書き放題、やで…」


彡(-)(-)「………」

彡(-)(-)「……インドネシア語が書ければ良かったんやけどな」

彡(-)(-)「しゃーないからカタカナや…」

909: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:37:55 ID:nmC

彡(-)(-)「………」

彡(-)(-)「………”バハギア・インドネシア・ムルデカ”………」

彡(-)(-)「………………」

彡(-)(-)「………”インドネシアの”……”独立のために”……”喜んで死す”………」

彡(-)(-)「………………………」

彡(-)(-)「………………………”大”………”君”……………」

彡(-)(-)「…………………………………」


彡()()



”バハギア・インドネシア・ムルデカ”。”Bahagia Indonesia Merdeka”。
それはつまり”インドネシア独立万歳”。

雪印乳業・阿部頌二。
彼が牢獄の壁に”血”で記した、最期の言葉でした。

910: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:38:59 ID:nmC




(´・ω・`)「絶対勝つぞ!」

(●゚◇゚●)「おー!」

(*^◯^*)「オランダなんかにインドネシアを渡して堪るもんか!」



( ・`ω・´)「どうか日本兵の皆さんも、この戦争に協力して欲しい!」

( ・`ω・´)「ぼくたちの独立のため、ぼくたちの悲願成就のため」

( ・`ω・´)「どうか、ぼくたちに力を貸して欲しい!」



彡(゚)(゚)「………」

911: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:40:00 ID:nmC


彡(゚)(゚)

(・日・)「…何してるんだい?早く行くよ」

(・日・)「ぼくたちは日本へ引き揚げるんだ」

(・日・)「もうここでやり残したことなんて、何もないんだよ」

彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「………」

彡(^)(^)「………すまんな」

(・日・)「え!?…ちょ、どこへ行くのさ!?」

912: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:41:01 ID:nmC


彡(^)(^)「よう、お前ら」

(´・ω・`)「あ、日本兵のお兄ちゃん!」

彡(^)(^)「久しぶりやな、”ペタ”が解散して以来か」

(´・ω・`)「そうだね…」

(´・ω・`)「………」

(´・ω・`)「…今までありがとう、日本兵のお兄ちゃん」

彡(^)(^)「なんや、いきなり?」

913: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:42:01 ID:nmC

(´・ω・`)「ぼくたちは”ペタ”の過酷な訓練で、戦うための力を身に付けた」

(´・ω・`)「オランダを倒すための、力を手に入れた!」

(´・ω・`)「軍政時代はとても辛かったけど…」

(´・ω・`)「もうぼくたちは、かつてのぼくたちじゃない」

(´・ω・`)「ちゃんとオランダと戦えることを、証明してみせるんだ!」

彡(^)(^)「そか……」

彡(^)(^)「………」

彡(^)(^)「………」


彡(゚)(゚)「………けどな」

彡(゚)(゚)「お前らには、決定的に足りないもんがある」

(´・ω・`)「え?」

914: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:42:58 ID:nmC


彡(゚)(゚)「確かにワイらは”ペタ”で、お前らを徹底的に鍛え上げた」

彡(゚)(゚)「武器の扱いももう大丈夫やろ、ワイらが残した武器でちゃんと戦えるはずや」

(´・ω・`)「それなら」

彡(゚)(゚)「でもな」

彡(゚)(゚)「………”実戦経験”、それが圧倒的に足りんのや……」

(´・ω・`)「あっ……」

915: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:43:51 ID:nmC


彡(゚)(゚)「オランダ軍は精鋭揃いや」

彡(゚)(゚)「ワイらかて、正面から勝った訳ではない」

彡(゚)(゚)「幾らお前らが鍛え上げられた兵士やったとしても」

彡(゚)(゚)「………お前らはきっと、負ける」

(´・ω・`)「そ、そんな……」

916: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:44:52 ID:nmC

彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「………せや」

(´・ω・`)「……?」

彡(゚)(゚)「お前らはまだまだ頼りない」

彡(゚)(゚)「考えてみたら当たり前や、お前らはまだまだひよっこや」

彡(゚)(゚)「そんなお前らだけを残して、行ける訳がなかったんや」

彡(゚)(゚)「何より、”実戦経験者”が必要やろ?」


彡(^)(^)「………ワイも、お前らと一緒に戦うで」

917: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:45:52 ID:nmC


(´・ω・`)「ほ、ほんとう…?」

彡(^)(^)「ああ、せやで」

彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「ワイ一人が残ったところで、戦局が変わるとは思えん」

彡(゚)(゚)「けどな」

彡(゚)(゚)「ワイは見たいんや」

彡(゚)(゚)「ワイらが鍛え上げたお前たちが、どう戦っていくのかを」

彡(゚)(゚)「この国が、どう変わっていくのかを」

彡(゚)(゚)「……だからワイは、お前らのために、戦うんや」

918: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:46:53 ID:nmC


戦中、日本軍は太平洋戦争を”植民地解放の戦い”と謳いました。
それはあくまで表向きのスローガンであり、軍部の考えとは違うものだったのでしょう。

ですが、そのスローガンは内外に発せられました。
インドネシア人は元より、それは日本人にも発せられました。
そして、それに共感した日本人がいました。
軍人にも、民間人にも。
彼らは”インドネシア独立”を心から信じ、そして戦ったのでした。

919: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:47:56 ID:nmC


彼らの理由は様々でした。

920: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:48:26 ID:nmC


彡(^)(^)「スカルノの演説、凄かったなー」

彡(^)(^)「原住民らの熱気も凄かった」

彡(^)(^)「よっしゃ、ワイも男や!」

彡(^)(^)「最後に一花、咲かせたろか!」


スカルノの演説に奮い立った者。

921: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:49:28 ID:nmC


彡(゚)(゚)「噂で聞いたんやが、ワイの故郷は全滅したらしい…」

彡(゚)(゚)「日本兵は全員、米帝の奴隷になったそうだ」

彡(゚)(゚)「ワイ自身も身体を壊して、長くはない」

彡(゚)(゚)「……もうワイには、帰る故郷も、未来もないんや」

彡(゚)(゚)「せやからな」

彡(゚)(゚)「ワイは”インドネシア独立”のために戦って、」

彡(゚)(゚)「そして、死のうと思うんやで」


その境遇から、覚悟を決めた者。

922: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:50:33 ID:nmC


彡(゚)(゚)「陛下…」

彡(゚)(゚)「玉音放送で、陛下はおっしゃった」

彡(゚)(゚)「”東亜解放に協力してくれた、同盟諸国たちに申し訳なく思う”と」

彡(゚)(゚)「ワイは陛下の御心を果たす」

彡(゚)(゚)「同盟諸国のために、インドネシアのために」

彡(゚)(゚)「”独立戦争”に参加するで!」


玉音放送で発せられた昭和天皇の言葉を受け、意思を継ごうとした者。

923: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:51:34 ID:nmC


彡(゚)(゚)「生まれ故郷の台湾にはもう戻れん…」

彡(゚)(゚)「かと言って日本にも……」

彡(゚)(゚)「戦犯裁判で処刑される?そんなのはご免や」

彡(゚)(゚)「ワイはこの戦場で、最期を遂げるで」


戦犯裁判で処刑されることを恐れた者。

924: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:52:38 ID:nmC


(´・ω・`)「”ペタ”教官のお兄ちゃん!」

(´・ω・`)「ぼくたちと一緒に戦って欲しいんだ!」

彡(゚)(゚)「ワイはお前らを裏切るなんて出来へん…」

彡(^)(^)「ええで!お前らのために戦ったるわ!」

彡(^)(^)「ワイらは共に生き、共に死ぬんやで!」


”ペタ”の教え子に懇願され、受け入れた者。


彼らにどのような理由があったとしても、
彼らは皆、”インドネシア独立”に情熱を持っていたのでした。

925: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:53:39 ID:nmC


[スマトラ島]


彡(゚)(゚)「終戦か…」

彡(゚)(゚)「………」


彡(゚)(゚)「ワイらは日本軍主力の近衛師団、”第25軍”や」

彡(゚)(゚)「”蘭印作戦”からずっと、この地を統治してきた」

彡(゚)(゚)「ジャワ島の兵士はその後、各諸島に散らばったらしいけどな」

彡(゚)(゚)「スマトラ島のワイら”第25軍”は、最後までずっと、この地に残っていたんや」

彡(゚)(゚)「せやからな、他所の兵よりもよっぽど、」

彡(゚)(゚)「この”インドネシア”に愛着があるんや」

926: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:54:40 ID:nmC


彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「ワイらの師団は、全国から選抜された者が集うエリート師団や」

彡(゚)(゚)「そんじょそこらの兵士とは違う、責任感と使命感を持っとる」

彡(゚)(゚)「そんなワイらが何もせず、ただこの地を離れる、とでも?」

彡(゚)(゚)「………」

彡(゚)(゚)「ワイらは戦うで」

彡(゚)(゚)「”インドネシアの独立”のために」


戦いに赴いた日本兵は、ジャワ島とスマトラ島の双方にいました。
その中でも特にジャワ島の日本兵が多かったのは、そのような理由があったからと推測されます。

927: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:55:48 ID:nmC



彡(゚)(゚)「敢えて大命に抗い、独自の行動に出ようと思う」

彡(゚)(゚)「敗れた弱者は天下に用無し…そんなことは言わんでくれ」

彡(゚)(゚)「生きて米英の犬となるより、想いに殉じて火に入る虫となろう」

彡(゚)(゚)「天道は正義にあり!」

彡(゚)(゚)「歴史の行く末に正義がなくて、どうするというのか!」

彡(゚)(゚)「…戦友諸君」

彡(゚)(゚)「敢えて不遜の行動に出ることを、どうか許してくれ」


宮山滋夫。
彼を含め、彼らはそのように”遺書”を残して、軍から去っていきました。

彼らの”遺書”は長らく公開されませんでした。
”遺書”に共鳴して軍を離れる者。その増加が恐れられたからでした。


928: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:56:52 ID:nmC


彼らは、その全てが”脱走兵”です。

例え、彼らにどのような理由があったとしても、それが隣人を助けるためだったとしても。
彼らは軍命に背いて軍を離れたのです。


彼らは軍属1000人とも、総数3000人とも言われています。
しかし、正確な実態は未だに分かっていません。

彼らの行動に、政府は「日本の国体維持、天皇の維持に悪影響を与える」と危惧しました。
そのため、彼らは明確に”脱走兵”であると定義され、軍人恩給も支払われません。
その存在が日本国内に伝えられることはほとんど無く。


故に、彼らが日本の歴史で語られることは無く。

929: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:57:55 ID:nmC



彡(゚)(゚)「………ほな、そろそろ行くか」

彡(゚)(゚)「準備はええか?」

(´・ω・`)「うん、日本兵のおにいちゃん!」


彡(゚)(゚)「ワイらは明らかに劣勢や」

彡(゚)(゚)「せやけど、ワイらには独立に懸ける、熱い情熱がある」

彡(゚)(゚)「これさえあれば、インドネシアが真に独立するその日まで、」

彡(゚)(゚)「ワイらはきっと、戦い続けられる」


彡(^)(^)「ワイらの戦いは、これからやで!」



そうやって、彼らは皆。

歴史から消えていきました。


930: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)21:58:30 ID:nmC

本日の更新はここまでです。続きは鋭意執筆中…。

これで日本人の物語はひとまず終着です。
ここから先は、インドネシアとオランダの戦いの歴史になります。
彡(゚)(゚)の出番は減ってしまいますが、最後まで宜しくお願いします…。

931: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)22:00:30 ID:XUz
おつやでイッチ

933: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)22:02:52 ID:mhZ
イッチさん乙です。このボリューム感…待った甲斐あったで

934: 名無しさん@おーぷん 2015/04/25(土)23:46:13 ID:pRn
最終回の前に聞きたいんやけど、イッチはなんでそんなにインドネシアの現代史に詳しいんや?
勉強したとしたら、そのきっかけは何だったんや?

935: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)06:17:44 ID:N1H
>>934
きっかけは3月始め頃、たまたま海外系まとめサイトをチラ見したことですね。
そのページの趣旨からは若干外れたとある一文に興味を持って、”ジョヨボヨ王の予言”に行き着きました。
内容は忘却してしまいましたが、おそらく独立に関する”ペタ”か”武器”のどちらかだったと思います。

今となっては膨大な情報量を会得しましたが、これを始める前の自分の知識はほぼまっさらです。
取りこぼしてしまった情報も多いでしょうし、まだまだ勉強する余地はあるでしょうね。

936: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)08:09:55 ID:6wH
>>935
一文に興味を持ったところからここまで調べるところが凄いわ
構成も台詞も顔文字の使い方も上手からホンマわかりやすいで
最終回も楽しみにしとるやで

938: 934 2015/04/26(日)17:44:28 ID:dI3
>>935
はえ^~すっごい
3月って、まだ2ヶ月経ってないのにその知識量かいな…(驚愕)
ワイは「脱走兵」として歴史の襞に飲み込まれていった日本兵の様々な姿に感動したで
イッチがおらんかったら一生こんなことは知らんかった、ありがとうやで

最終回までしかと見届けるで~

955: 長文レスでお邪魔します 2015/05/01(金)14:43:24 ID:WaG
インドネシアの独立という結果は皆さんご存じですから、歴史を少し別の角度から眺めてみようと思います。表面上のリップサービスはともかく、
内心ではインドネシア独立を歓迎しなかった国があります。それはオーストラリア。
オーストラリアとインドネシアはお互いに仮想敵国ですが、インドネシア独立以来、オーストラリアにとって、事態はより一層複雑になりました。
周知のように、かつて白豪主義を掲げていたオーストラリア。(白豪主義
Wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BD%E8%B1%AA%E4%B8%BB%E7%BE%A9)いまでも本音では白豪主義を捨てていないと考えられます。
そんな豪州の目の前に、非白人国家が誕生したのでした。それもムスリムが過半数を占める(ムスリムだけで億単位の)国家が。こういう国に出現「されて」しまった豪州
国民の心中や、いかに?? 彼らの本音としては、インドネシアがオランダ統治下のままであれば好都合だったでしょう(笑)。オランダなら、白人キリスト教国ですからね(笑)。

ちなみに、この2国と日本との関わりは、現在も慎重さが求められているようです。周知のように防衛分野では近年、
オーストラリアと日本、インドネシアと日本の両面で協力関係があります。ある意味「二股」ですが、なぜかというと日本ぐらいの軍事力を持つ
国が、潜在的に対立する2国のどちらか一方に肩入れしすぎた場合、当然他方からひどく恨まれ、憎まれてしまうから、というのが
理由の1つですね。また、米国の意向もあるでしょう。日本政府としては当たり前の判断だ、といえるわけです。
(長文おわり)


 オーストラリア 豪州

957: 名無しさん@おーぷん 2015/05/01(金)23:24:25 ID:X9M
>>955
宗教うんぬん抜きにして、隣同士にある国はほとんど仲悪いやろ
うちらだってそうやんか

958: 名無しさん@おーぷん 2015/05/02(土)01:17:42 ID:w5O
イチ乙
ワイらはまったりかっとるから平気やで
ええの書いてや

>>955
そういうレスはイッチが全部書き終わってからにしてクレメンス

961: 名無しさん@おーぷん 2015/05/02(土)22:14:18 ID:39p
いいっすよ
ついに完結と思えばイッチも感慨深いものがあるやろな

967: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)20:56:06 ID:kUi
no title


968: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)20:57:43 ID:KRe
来たか!
まっとったで~

970: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:31:15 ID:kUi




        【 Last Episode 】

      【 インドネシア独立戦争編 】



971: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:32:33 ID:kUi


[スラバヤ・ヤマトホテル]


(●▲●)

(●▲●)「………よし、誰もいないな?」

(●▲●)「国旗を立てるなら今のうち、やで~」

972: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:33:44 ID:kUi


(´・ω・`)「…なんだ、あれ?」

(´・ω・`)「あれは…オランダ国旗!?」

(´・ω・`)「冗談じゃないぞ!」

(´・ω・`)「オランダ国旗はポイ―で」

973: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:34:55 ID:kUi

(´・ω・`)「さて、この旗はどうしよう」

(´・ω・`)「………」

(´・ω・`)「………そうだ!こうしよう!」

(´・ω・`)「オランダの国旗は、上から順に”赤白青”の三色旗だ」

(´・ω・`)「このうち”青い部分”だけを引き裂いて、取り除いて……」

(ゴソゴソ)

(´・ω・`)「………よし、できた!」

(´・ω・`)「赤と白の紅白旗!」

(´・ω・`)「ぼくたちの国旗”メラ・プティ”の完成だよ!」

974: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:36:09 ID:kUi


・豆知識『国旗”メラ・プティ”』

インドネシア国旗”メラ・プティ”。上から順に”紅白”の二色旗です。

”メラ・プティ”の意味は”紅白”。
”紅白旗”自体は13世紀頃から存在し、代々の王家が使用しました。
彼の”マタラム王国”では、祝祭日には数多くの市で掲揚されたそうです。

1923年。オランダ留学生が連合印として”メラ・プティ”を使用。
その後、インドネシアに帰国した彼らは集結し、スカルノらと共に”インドネシア国民党”を結成。
”メラ・プティ”は”インドネシア国民党”の党旗として使用されました。

やがて、紅白旗は”独立の象徴”としての地位を獲得。
インドネシア独立後。”メラ・プティ”は正式に国旗として採用されたのでした。

”独立宣言の日”。
当時のスカルノ夫人が一晩で縫い上げた”メラ・プティ”。
それはまるで神器の如く、今でもジャカルタで厳重に保管されているとのことです。

975: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:37:20 ID:kUi


(☆●●●●)「正直、オランダとイギリスへの植民地復帰は感心しないな」

(☆●●●●)「我々アメリカは、日本、ドイツ、イタリアから、民主主義を守るために戦ったのだ」

(☆●●●●)「植民地を取り返すために戦ったのではない」

(☆●●●●)「大体、植民地が復活してしまえば、それは大義に反してしまう」

976: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:38:32 ID:kUi


(●▲●)「そんなん言うてもな」

(●▲●)「このまま日本軍に自治を任せるのもな?」


(U・×・U)「ではこうしましょう」

(U・×・U)「東インドをこのまま放置はできません」

(U・×・U)「ひとまず、東インドとは無関係の我々イギリス軍が、彼の地へ向かい、」

(U・×・U)「連合軍代表として、日本軍から占領統治を引き継ぐ、ということで」

(☆●●●●)「…そうだな、それではひとまずそれで」

978: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:39:45 ID:kUi


(●▲●)「………」

(●▲●)「………まぁ正直、ワイらも戦争でボロボロや」

(●▲●)「軍を派遣する余裕なんてないからな」

(●▲●)「イギリスはんがやってくれるんなら、それはそれでありがたいんやけど…」


(●▲●)「………」

(●▲●)「………ま、全てをイギリスなんかに任せてはおけんよな」

(●▲●)「ファン・オイエン少将、分かっとるな?」

(・軍・)「御意」

979: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:41:29 ID:kUi


1945年10月23日

[ジャカルタ]


(・蘭・)「私が”オランダ領東インド政府”、ファン・モーク副総督だ」

(・英・)「私はイギリスの調停役です」

(・英・)「これからは我々イギリスが、インドネシアとオランダの仲介をしますよ」

( ・`ω・´)「…分かりました」

980: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:43:03 ID:kUi


1945年10月26日

[スラバヤ]


(・英・)「原住民のみなさん」

(・英・)「戦争は終わったんです、速やかに武装解除に応じて下さい」



(●゚◇゚●)「オランダ兵メ……コレハ”宣戦布告”ダナ…?」

(●゚◇゚●)「タタカエ……タタカッテ、ドクリツヲカチトルンダ……」


(・英・)「ファッ!?」


スラバヤの住民は”イギリス軍とオランダ軍は同一”とみなしました。
”武装解除の要求”を、”宣戦布告”と受け取ったスラバヤの住民。
彼らは3日間に渡り、イギリス軍を攻撃し続けたのでした。


981: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:44:17 ID:kUi


( ・`ω・´)「おいおい、今は平和的な交渉中だぞ」

( ・`ω・´)「今暴れられると、色々と困るんだけどなぁ」


( ・`ω・´)「すみません、こちらの者が色々と迷惑をかけています」

( ・`ω・´)「我々も今、交渉の場が荒らされるのは困ります」

( ・`ω・´)「私が”停戦協定”に調印しますので、どうか穏便に済ませてもらえませんか?」

(・英・)「了解しました、我々はその提案を受け入れます」



(●▲●)「ほ~ん、”停戦協定”ね…?」

982: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:45:28 ID:kUi


1945年10月30日


(・英・)「”停戦協定”は無事、調印されました」

( ・`ω・´)「ありがとうございます」

(・英・)「それでは、私はこれで失礼させて頂きます」

983: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:46:39 ID:kUi



(・英・)「………」

(・英・)「……ふぅ、全く」

(・英・)「まさか我々が、オランダの尻拭いをさせられるなんてなぁ」

(・英・)「本当に大変なところに来てしまったよ」

(・英・)「でも、これで暫くは安心だ」

(・英・)「よかったよかった……


(ドンッ)


( 英 )「」



停戦協定の調印から、僅か5時間後。
旅団長マラビー准将は、白昼、乗用車を爆破され、死亡しました。

984: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:47:46 ID:kUi


(U・×・U)「マラビー准将が、暗殺された…!?」

(U・×・U)「絶対に許さんぞ、原住民どもめ!!」


(U・×・U)「我々はインドネシアに武器と犯人の引き渡しを要求する!」

(U・×・U)「要求に従わなければ、報復としてシンガポールから軍を派遣する!」

985: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:48:56 ID:kUi


暗殺事件の真犯人は不明。
”イギリス軍を巻き込むためのオランダによる謀略”という説もあります。

インドネシアへの進駐軍の中には、蘭印軍、陸軍司令官ファン・オイエン少将の”蘭印陸軍七個中隊”が含まれていました。
この部隊は破壊工作を主目的とし、インドネシア人の殺害・誘拐・放火など、数多くの事件を起こしています。

オランダの破壊工作。
それによって、インドネシアと連合国側の交渉環境は、著しく悪化したのでした。

986: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:50:12 ID:kUi


(●゚◇゚●)「暗殺?そんなのは知らないね」

(●゚◇゚●)「それに武器をよこせだって?」

(●゚◇゚●)「そんな要求は断固拒否する!」

(●゚◇゚●)「やっぱりお前らは敵だったんだ!」

(U・×・U)「なんだと!?」

(●゚◇゚●)「死か、独立か!」

(●゚◇゚●)「我々スラバヤ市民は、絶対に屈しないぞ!」


スラバヤには、独立宣言を発したジャカルタへの強い対抗意識もありました。
インドネシア政府の制御も及ばず、スラバヤ市民は戦いに身を投じていきました。

987: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:51:23 ID:kUi


1945年11月10日。
インドネシアとイギリスの両軍は、市街地で全面衝突。
イギリス側は将軍2名が死亡、死傷者1000名。
インドネシア側は艦砲射撃と空襲を受け、一般市民を含む5000人~20000人の犠牲者が出ました。

”100日戦争”、又の名を”スラバヤ血の海戦争”。
独立宣言から100日目に発生した戦争。

988: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:52:34 ID:kUi



「インドネシア独立は、全インドネシア人の願望である」
それを世界に知らしめた、”インドネシア独立戦争”の始まりです。


989: 名無しさん@おーぷん 2015/05/04(月)21:53:38 ID:kUi
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1430743980/
【歴史】原住民と学ぶインドネシア独立と大日本帝国の関係【完結編】

キリが良いので、新スレに移行します…。